ホロから始まるZ/Xブログ

「折角出たし、このホロでデッキを組んでみるぜ」 って思うそんな人のゼクスのブログです。

カード考察【赤】

15弾「暁十天カリード・カダブ」

お久しぶりです。何だかんだで一月も後半になり、15弾の発売日が近づいていますね。今弾はLRやVBではない効果持ちのIGが各色に追加されるのでいろんなデッキに影響でそうですよね。今回はその中の赤のIGである《暁十天カリード・カダブ》に付いて触れていきます。ゼロオプティマ持ちのIGって意外だと思ったのは私だけでしょうか...?赤のドラゴンは正統派な感じでやっぱかっこいいです♪

《暁十天カリード・カダブ》
3/赤/ギガンティック/4500-IG
[常]ゼロオプティマ3(あなたのリソースにイグニッションアイコンを持つカードが3枚以上ある場合、
以下の能力が有効になる。)
"[自]このカードが攻撃した時、スクエアにあるすべての相手のゼクスに2000ダメージを与える。"
B15-004-01_m
やった!暁十天増えた!けどIG持ちなので高くなりそう...というのが初見の印象。《イースターエッグ》使ってる身としては新暁十天は踏み倒し用の大型希望だったのですが、IG持ちで全体ダメージ撒けるのは非常に強いでしょう。プレイヤーにも通り、全体ダメージなので絶界にも通ります。ゼロオプティマの制限はありますが便利そうですね。条件を満たせないとただ4500のゼクスに成り下がってしまうので、序盤のパワーラインは他のカード確保しておきたいですね。新しいセットカードの登場もあり、IGバニラの採用増えてる印象あります。

【長所】
・絶界やプレイヤーにもダメージを通せる
・単騎で6500まで与えられる
【短所】
・ゼロオプティマの制限がある
・IG持ち故に埋めたいので複数は並べにくい

【相性の良いカード】 
《武具研究所長ルスティン》
赤のカードのダメージを増やしてくれるカードの一枚。ダメージ系のカードとは戦闘破壊もダメージを底上げしてくれるので相性はもともと良いのですが、《カダブ》は特に全体バーン。計2000以上のダメージ増加を見込めます。3000のラインは効果持ちVBが焼けるようになるので体感としても違うはず。コスト的《サウファ》とは悩ましい、こちら条件がアルターフォース赤ってだけなので緩いのがいいですね。
C14-008-00_m

《獣人ウェアサーバル》

14弾のセットカードの一枚です。序盤にどうせ使えないだろうと埋めた《カダブ》を引っ張り出してくることができます。リブートで登場するので《カダブ》が殴ることができれば、全体バーンの恩恵で《サーバル》も11500まで倒せるのは心強い。ターン終了時に戻ってしまうのもゼロオプティマが主軸のデッキであれば悪くはないはず。今弾も沢山強そうな低コストが収録される予定なので単体でもオススメの一枚。可愛い。
 B14-092-00_m

●出雲さん&ほのめちゃんイベント
1/赤/イベント
[☆]あなたのプレイヤーが「蝶ヶ崎ほのめ」の場合、ノーマルスクエアにある相手のイグニッションアイコンを持つスリープのゼクスを1枚選び、ゲームから除外する。
[☆]あなたのプレイヤーが「都城出雲」の場合、あなたのトラッシュにあるカードを2枚まで選び、ゲームから除外する。2枚除外したならば、あなたの手札にあるカードを2枚選び、トラッシュに置き、カードを3枚引く。
B15-018-00_m
《ほのめ》ちゃんの方はイグニッションアイコンを除外できるイベント。除外なのでチャージも与えず手札も増やさないのは非常に高性能。後攻1ターン目に決まればかなりアドになりますね。新規サイクロンなどイグニッション付きゼクスも増える予定なので今後も期待できるイベントだと思います。

《出雲》さんの方は手札枚数を減らさずに除外枚数とトラッシュを増やすことができる効果。ぱっとみ手札交換カードに見えますが《トリシューラ》と同じテキストなので捨て札がなければドローだけ恩恵受けれるはず。なのでドローソースとも取れますね。除外コストの方も専用カードである《ガーンデーヴァ》《アロー・コンセントレート》のサポートにもなります。お仕事が多そうなカードって印象です。  

イースターエッグは何の卵?

そういえば、ギガンティックの面白そうなサポートカードが公開されていましたね!踏み倒しというのは惹きつけられるものがあります。データーベースに無かったのでポスター切り抜き画像です!
※データベースの画像にしました

《不可思議な翡翠イースターエッグ》
5/赤/ギガンティック/7500
[自]あなたのターンのターン終了時、このカードを破壊してよい。
破壊したならば、あなたの手札にある[ギガンティック]を1枚選び、
スリープでゼクスのない◎のスクエアに登場させてよい。
B14-011-00_m
ターン終了時に手札から大型ゼクスをプレイできるというなかなか卵らしい効果。自身を攻撃に参加させても成長できるのとプレイヤースクエアにプレイできるのがいいですね。踏み倒しにありがちなリソース制限もないところも地味に評価できます。デメリットはギガンティックらしい手札消費が激しいことです。ギガンティックには鳥型や恐竜型が多いので卵というのはとてもしっくり。

【展開先候補】
《暁十天マトゥール・ジェルフ》
踏み倒せる最大サイズのカード。効果目当てではなく踏み倒しをメインであれば使いやすそうです。幸い他の暁十天は採用しやすいものが多いのでついでに効果の発動も視野に入れるというのも十分可能でしょう。《マトゥール》の条件はプレイした時なので《イースターエッグ》では効果は発動できないので効果的相性は微妙ですが、11000のパワーは魅力的。
P13-001-00_m

《燎原の紅玉ルビーコンドル》
私が地味に気にっている一枚です。踏み倒しとして選択すると手札消費が激しいですが二面を埋めることが出来ます。一応ついてる条件も手札から出しているので問題なしです。このカードのいいところは《ソリトゥス》を出すことで再び《イースターエッグ》に繋げられるところですね。踏み倒しというよりもサポート運用の方が多そうですが、面白い動きができそうなのでオススメ。
B12-017-00_m


暁十天はまだまだ出てくれそうですし、これからにも期待できるカードですね!にしてもエメラルドの雛鳥可愛いなぁ

14弾「創星六華閃ガーンデーヴァ」

データベースに追加されたので、SR考察の方していきましょう。トップバッターはもちろん新規プレイヤーのパートナーの《ガーンデーヴァ》から。《トリシューラ》が方目瞑ってたので分かりませんでしたが、創星六華閃はみんなオッドアイぽいですかね・・?

《創星六華閃ガーンデーヴァ》
6/赤/マイスター/9000
[起]<トラッシュにあるカードを2枚ゲームから除外する。>あなたのプレイヤーが「都城出雲」の場合、ノーマルスクエアにある相手のゼクスを好きな枚数選び、ゲームから除外されているカード2枚につき、3000ダメージを割り振って与える。この能力は1ターンに1回しかプレイできない。
B14-012-01_m
何回も小分けして除外できるカードは珍しいですね。除外しすぎるとダメージが増える代わりにリフレッシュの時に首を苦しめる事になるのでご利用は計画的にといった感じです。とはいえ5回使用しても10枚なのでそこまで気にしなくてもいいですかね。他の除外カードを採用して即高火力を出せるようにするのか、コイツ自身を維持する方向で使っていくのか悩ましいです。プレイが少し難しそうですが割り振り高火力はかなり対応幅が広いので、いろんな状況で頼れる子だと思います。書きながら割り振りダメージと気がついたのは内緒。

【長所】
・コストが競合しにくく、打ちやすい
・汎用性が高い割り振りダメージ
・自身のコストで火力を挙げられる
【短所】
・プレイヤー指定がある
・多用するとデッキリフレッシュ時が怖い
 
【相性の良いカード】 
《武具研究所所長ルスティン》
割り振り後にダメージを追加できるので1000以上のダメージの増加をすることができます。フォースの指定も合ってないようなものなので使い勝手はいいでしょう。《魂を結ぶ天使リアン》《八大龍王 阿那婆達多》などパワーが8500のゼクスは遭遇率が高いのでそのあたりも処理できると美味しいです。新フレームなのは次のスターターに採録されるみたいですね。
 C14-008-00_m

《読書好きのキンレンカ》
スリープで登場させても十二分に活躍させることができるのがいいですね、手札もリソースも要求しないので呼び出し先としては安定しそう。《ガーンデーヴァ》も割り振り火力により戦闘破壊の補助ができますし、《キンレンカ》の運用もしやすくなりそうです。ノーマルスクエアにしか置けないのは注意です。
F20-008-00_m
 

番外
いやーー・・・・プロモですがやっとこさ《マエロル》再録しましたね。昔に比べるとハンドのリカバリ手段が増えてきたので結構使いやすい。何よりディアボロスぽいカードなので好きな事もあり、自分のレシピ見返すと何だかんだで入っていたことが多いので嬉しいです。どんなイケメンになったのかなと見てみると何この可愛い子!って感じですが・・・嘆きのイメージには合ってますね。未だにたまにマロエルと言ってしまう。とりあえず欲しい・・・・・。

p14_021
 

蒼海の大決闘「清夏の紅裙 卑弥呼」

どんどん考察していきますよ。三番目は新規《卑弥呼》、前に紹介した二枚がかなりインパクトがあるのでやや物足りない感じかもですが、水着はとっても似合ってます。ストーリー的には赤色の和み要因ですが、《卑弥呼》といえばブレイバーの代名詞ですよね。

《清夏の紅裙 卑弥呼》
7/赤/ブレイバー/10500
[自]アルターフォース(このカードが登場した時、あなたのトラッシュにあるカードを1枚フォースとしてこのカードの下に表向きで置いてよい。)
[自]このカードが攻撃した時、このカードのフォースがカード名に「卑弥呼」を含むカードならば、相手のトラッシュにあるゼクスを1枚選び、ゲームから除外してよい。除外したならば、ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選び、除外したゼクスのパワーに等しい値のダメージを与える。
E05-006-01_m
 第一印象はとても使いやすそうなアルターフォースって感じです。ちょうど良いサイズと使いきりでない効果なのが評価できますね。何より前回のバジルと比べると《日出づる国の女王 卑弥呼》はIGアイコン持ちなので採用しやすいのがいいですね。撃ち漏らした時の処理にも便利だと思うので、できる限り採用したいカードですね。現在は実質無色ゼクスの《ダームスタチウム》が人気なので、結構な火力が出せるのではと予想してます。《ドラゴニックフレア》と違って1:1交換できなくても、枚数的には損しないので除外目当てであればこちらのほうが使いやすいですかね。

【長所】
・使いきりでないアルターフォース
・高火力のダメージを出すことが出来る
・除外によるトラッシュ利用の阻害が可能
【短所】
・ダメージ量が相手に左右されやすい 
・攻撃時の効果なので相手に行動を許してしまう


【相性のいいカード】
《キラートゥース》
 折角フォースを持ってるということでこのカード。《卑弥呼》を選択することで攻撃回数が増えつつ、《ドラゴニックフレア》を打てると思えばかなり制圧力がありそうです。《ジェーミナ》《オリハルコンティラノ》など赤のアルターフォースは強力なものが多いので採用はしやすいはず。お手軽なコストでリブートできるのはやっぱり魅力的ですよね。
B09-018-00_m

《清流の繰り手ウンディーネ》
移動系のカードを採用することで、殴り先が居ない場所に生き残ってもプレッシャーをかけれるがいいですね。《ウンディーネ》は自身の隣しか移動できないですが、《日出づる国の女王 卑弥呼》のためにがっちりブレイバーに寄せる場合は混色にしにくいと思うので、同じ赤色のこのカードが役立ちそうです。
 E05-004-00_m

テキスト変更で別カードになっちゃいましたが《神算鬼謀の指し手 黒田官兵衛》も強力なカードであることは変わりないので、ブレイバーデッキをしっかり組んでみるのも面白そうですね。いよいよ、明日発売ですが店頭で買えるか心配です。買えなかったら、ゆっくり再販を待つとしましょう。

13弾「物語の紡ぎ手シャハラザード」

少し更新遅くなりましたが、SRの続きを考察していきます。今回は赤色の貴重なサーチカードの《シャハラザード》です。千夜一夜物語の人だったかな?かなりセクシーなイラストですっ

《物語の紡ぎ手シャハラザード》
4/赤/ブレイバー/6000
[自]このカードが登場した時、あなたのトラッシュにあるカードを6枚選び、ゲームから除外してよい。6枚除外したならば、あなたのデッキの上から5枚公開し、その中にあるコスト5以上のゼクスを1枚選び、手札に加えてよい。その後、公開した残りのカードを元に戻し、シャッフルする。
B13-009-01_m
6枚の除外が序盤では満たしにくく少し使いにくいかなという印象を受けます。サーチカードなのでリソリンだとか揃えて強いカードを採用したいですね。13弾には何かと直接カード名を指定しているイベントが多く収録されているので《ジャンヌダルク》や《ズリエル》なんかをサポートするには便利だと思います。除外のカードを効果的に使えるのは《アタシの話、聞けですの!》くらいなので、利用できるカードが増えれば評価は上がりそうですね。今のところはトラッシュ利用しなければ使えるサーチカードという立ち位置だと思います。

【長所】
・回収しやすい4コスト
・リソースコストがないので、他のカードと組み合わせしやすい
・プレイヤー指定がない(フィーユと比べると)
【短所】
・序盤に使えない除外コスト
・サーチが少し不確定
・低コストはサーチ不可

【相性の良いカード】
《無垢な金剛レッドダイヤキーウィ》
手札を減らさずにトラッシュを増やすことができるカード。《シャハラザード》を採用するということは何かしら手札に手に入れたいカードがあると思うので、一緒に掘り進む手段として役立てるかなと思います。低コストなので序盤にばら撒ければ、最速とはいかなくともかなり早いうちから効果を発動できると思います。
B12-001-00_m

 《勇者巨神ダームスタチウム》
手札の加えて即使えるカードということで活躍中のこのお方。《シャハラザード》自体も軽いのでサーチできれば、追加で低コストを出すことで登場させることができます。余ったコストで相手を動かすことで《ホームラン狙いのフーカ》を狙ってみるのもいいかもですね。
B12-038-01_m

 相手のトラッシュをデッキに戻すのがコストの《アウート》なんてものも登場してるので、この手のカードが増えれば自分のトラッシュを除外をすることで妨害になる場合も今後考えられそうです。とりあえず安定性にやや何があるペンギン&イェーガーデッキのサポートとして採用してみようかなと思います。
《オリジナルXIII Type.VIII “Lw19Ve”》も新戦力として期待できそうですし 、13弾で結構強化されるかな?なんて思ってます。
最新コメント
メッセージ

ブログ管理者に非公開でメッセージを送れる機能です。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ