ホロから始まるZ/Xブログ

「折角出たし、このホロでデッキを組んでみるぜ」 って思うそんな人のゼクスのブログです。

カード考察【白】

14弾「石覇霊王バジリスク」+α

最近人狼にはまってるせいで更新ペースが落ちてしまっていますね。すいません。気がついたら強力なカードがたくさん判明しています。とりあえず残りのSRである《バジリスク》さんを考察しましょう。かなーりイラストがイケメンですね。

《石覇霊王バジリスク》
4/白/セイクリッドビースト/6000
[常]ゼロオプティマ3(あなたのリソースにイグニッションアイコンを持つカードが3枚以上ある場合、
以下の能力が有効になる。)
[起]<無0>相手のトラッシュにあるコスト5以上のゼクスを1枚選び、デッキの1番下に置く。置いたならば、このカードがあるスクエアの隣のスクエアにあるゼクスを1枚選び、ターン終了時まで、パワーを-3000する。この能力は1ターンに1回しかプレイできない。
B14-046-00_m
 《バジリスク》といえば有名なモンスターの一体ですが、竜人タイプは珍しいですね。隣の制限はあるものの扱いやすい低コストゼクスでプレイヤースクエアにも通る低下を打てるのは非常にいいですね。相手ターンにも使えるようなので攻守ともに使いやすそうです。問題はコストが完全に相手依存になってしまう点でしょうか、しかし《ソリトゥス》などの蘇生系などのトラッシュ利用系のメタカードとしても運用できるのでデメリットではないですね。寧ろこちらが真の強みとも言えます。配置に悩みそうですが単純に戦闘力も高いので優秀な低コストであるのは間違いないですね!カッコイイ。

【長所】
・プレイヤースクエアにも通るパワー低下
・墓地利用を阻害できる
攻守ともに戦闘力が高い
【短所】
・隣にしか効果がない
・ゼロオプティマの制限
・コストが相手依存になってしまう。

【相性の良いカード】
《十二使徒 獅子宮ウェルキエル》
4コストの展開手段としてピックアップ。《バジリスク》は攻めるためのサポートとしても守る手段としても使えます。複数展開してもこちら側に要求されるタイプのコストではないので効果発動がお手軽なのもいいですね。《キンレンカ》など6コストを展開する手段が増えたのと、4コスト自体強力なものが増えたので見直してもいいかなと思います。イラストもいいですし、個人的に活躍させたい一枚。
B04-054-01_m
 
《コツコツするセルヴィア》
パワー低下の恩恵を受けやすい一枚としてピックアップ。戦闘破壊、効果破壊対象と広げるとどちらもサポートしてくれますね。効果込みで一般的なパワーラインの10500に届くので一掃できるような動きができれば美味しい。どちらもアクセスしやすいカードなので揃えやすいことでしょう。トラッシュは増やしてほしいのでバウンスよりも破壊の方がやや相性いいかなといった感じです。
 B13-070-01_m

●ポイントキャンペーンで気になったカード
ゆっくり書いていたら14弾のZ/Xレアの効果が判明していましたね!折角なので触れてみます。正直どれも気になるのですが同じ白色ということで《アルバマーヨ》をチョイス。

《暗黒騎士アルバマーヨ》
6/白/ガーディアン/9000
[常]あなたのチャージ上限はなくなる。
[起]<無0>あなたのチャージにカードが6枚以上ある場合、「暗黒騎士アルバーマヨ」以外のあなたのチャージにあるコスト7以下のゼクスを3枚まで選び、リブートでゼクスのいない◎のスクエアに登場させる。この能力は1ターンに一回しかプレイできない。
  ◎□◎
  ◎◎◎
  ◎◎◎
     ▲ 
p14_003
とりあえず暗黒要素はなく寧ろ、平和そうに超リラックスしてますねー。Z/Xレアの方はきっと禍々しいのでしょう。白色もチャージを利用する効果は結構多いので上限はなくなるというのは素直にありがたいですね。チャージに7コストのエンジェルを貯める必要がある主人の《堕天使ガムビエル》を少し意識した感じかな?。このカードを出してからチャージを貯めるよりも《シレオ》などで予めチャージの最大数を上げておいたほうが良さそうですかね。チャージの枚数と質を要求されますが面白そうなZ/Xですね!暗黒騎士はシリーズ化しそう? 

デッキ破壊ができる!?サンダルフォン考察

早速ゼロオプティマのZ/Xレアでましたね。今回はガムビエルのようなちょっぴり悪い顔をしているサンダルフォンの考察です。ゼクス初のデッキ破壊カードということで効果的に注目株のカードですね。我が、我らが四大天使だ!!

《終末天使サンダルフォン》
★ゼロオプティマ7(あなたのリソースにイグニッションアイコンを持つカードが7枚以上ある場合、以下の能力が有効になる。)
"[自]このカード以外のあなたの[エンジェル]が登場した時、相手のデッキの上から3枚のカードをゲームから除外してよい。"
p13_003

ゼロオプティマ7と割とキツめの条件に見えます。さらに自身の登場時には効果は発動できない上に、プレイしやすい低コストのイグニッションは条件の為に埋めているはずなので、登場時に反応する効果とは少し噛み合ってない印象。対象がデッキなので不発になりにくい点と数回決めればデッキリロードを起こさせてダメージを与えられる上に、除外によりリロード後も有利に戦える点が評価できます。サイズが2コスト3000と腐りにくい数値なのがいいですね。
 
【長所】
・不発も少なくリカバリが非常しにくいデッキ削りができる
・複数回の発動が狙える
・低コストで並べやすく、バランスの良いステータス
【短所】
・自身登場時に発動できない
・低コストを一緒に出したいが、ゼロオプティマが条件
・数回決めないと決定力は薄い
 
【相性の良いカード】 
《世界の記録者レジストル》
アイコン持ちを引っ張ってきて条件をサポートしたり、《サンダルフォン》を回収することができます。自身もエンジェルなので回収先と合わせて複数回効果を決めやすくなるのはいいかなとチョイス。ゼロオプティマ7だと使った分も埋めないと辛いかなと思うのでチャージ回収、トラッシュ回収は欲しい所かなと思います。他の回収先として13弾の《バーネット》がリソースの調整&ブーストができるので良さそうですね。
 B08-046-00_m

《十二使徒 白羊宮マルキダエル》
エンジェルを呼べるエンジェルということでこのカードもいいですね。《サンダルフォン》自体軽いので一緒に出したとてもリソースには余裕が有るはず、複数枚ヒットすればかなりの枚数削ることができます。デッキを掘り進む能力が高いのも生かして、あとはチャージやトラッシュから回収するだけという状況に持っていけると効果的ですね。アイコンをエンジェルで固めるならば採用したいカードです。
P11-017-00_m

《魂を結ぶ天使 リアン》
手札にあってもアイコンを得るらしいのでリソースでもアイコン持ちになるはず、リソースは別だったらごめんなさい。単純に20枚しか積むことができないイグニッションのカードを増やすことができるのがいいですね。リソースを伸ばさないと効果は発動できないので《ヘルソーン》も満たせるなら非常に良さそうです。《リアン》はエンジェルなので上で紹介した《マルキダエル》など使えば除外のトリガーになれるのが強みです。
B05-054-01_m
 
アイコン持ちをエンジェル単にすると、選択肢が狭まってしまうので、種族サポートを入れなければどうせ埋めてしまうと割り切って混ぜてしまうのもアリだと思います。いっそ《サンダルフォン》4枚積みでエンジェルは気にしない方向でも軽さ故に活躍できるかもです。なので意外と構築幅広そうですね。一線で活躍するZ/Xレアになれるか期待してます。

13弾「鴟梟を阻む意思ケィツゥー」

公式のデータベースの方にでていたので、《パイネグランデ》の記事で触れてたのですが、改めて新ケィツゥーについて今回は考察します。名前の方はしきょうを~と読むみたいです、最近の名前の漢字難しい。ガーディアンですがリングがあったりエンジェルぽいデザインですね。

《鴟梟を阻む意思ケィツゥー》
3/白/ガーディアン/4500
[自]このカードが登場した時、スクエアに相手のゼクスが3体以上あるならば、ノーマルスクエアにある
相手のスリープのゼクスを1枚選び、ターン終了時まで、パワーを-5000してよい。
 B13-042-01_m
SRのイグニッションアイコン持ちは《卑弥呼》以来です。ライフリカバリーやヴォイドブリンガーではない普通のアイコン持ちってだけでも貴重です。スリープのゼクスが対象外なのは結構痛いですが、IGで‐5000も低下を打てるのは強いですね。パワーも4500と一般的な効果持ちの数値なので腐っても他の効果持ちのIGを倒す最低限の動きはしてくれそうです。白を使っていくならぜひ欲しいカードだと思います。
 
【長所】
・パワー低下の数値が大きい
・種族サポートがそこそこあるガーディアン
・パワー査定が緩い
【短所】
・スリープで且つ、相手が3枚以上の条件がやや厳しい

【相性の良いカード】
移動系の能力のカード
条件は相手の行動に依存してしまうので、こちらから移動系の能力で相手のゼクスを置物にしてあげるとより発動させやすくなるのではないかと思います。なので組み合わせ的にはやや青色と相性が良さそうですね。置物にしたゼクスは戦闘参加できずにリブート状態になってしまう事が多いので、バニラなど残しても問題のないカードを選びたい。

《XIフラッグス ルートヴィヒ》など
c12_003

《命の回収者シュラハト》
相性が良いというよりも株が上がったカードです。優秀な3コスト以下というとライフリカバリーやヴォイドブリンガーなどが多いので、枠的にシュラハトを採用すると選択肢が狭まってしまうのが残念でしたが、《ケィツゥー》は関係ないのが良いですね。回収してなかなかに強いカードだと思います。
B06-061-00_m

書いている間に残りSRのデータベースに追加されていました!強いというかアイコン持ちということで枚数は欲しいカードなので一番高そうかなと思ってるカードです。このカードを含め
13弾は展開を牽制するカードが多いですね。環境的にどうなるのか非常に気になるところです。白のSRホロには新しく羽みたいな飾りが付いてるんですね。

単行本ガムビエルの使い道考察

毎度面白い効果をもっているガムビエルの新しいカードが公開されていましたね。今回は単行本付録の《渺茫たる宝瓶ガムビエル》をピックアップ!びょうぼうたると読むようです。調べてやっと読めました。

《渺茫たる宝瓶ガムビエル》
4/白/エンジェル/6000
[自]このカードが登場した時、トラッシュにあるコスト7以上のゼクスを3枚まで選び、好きな順番で持ち主のデッキの上に戻してよい。(自分と相手のトラッシュにあるゼクスを好きな組み合わせで選べる)

 p13_012

いろいろ悪用できそうですが、注目するところは二点。一つ目は7コスト以上のカードを仕込める点、何かと手段が限られている高コストを回収にできるのでターンをまたいでも結構使い勝手がいい気がします。二つ目は相手も対象に取れる点、こちらは相手に左右されますが《アムニス》《ダンサー》《アマディウス》など墓地利用の妨害にも使えますね。相手の手札を管理できるのは割と強いと思います。引かせる場合はできるだけ二枚同じカードを戻して選択肢を減らしたいですね。

【長所】
・高コストも回収できる
・相手も対象に取れる
・組み合わせと枚数が自由
【短所】
・不発になりやすそう
・回収手段として使うと1ターンのラグがでる
 
【相性の良いカード】 
《灰蝕の堕天使ガムビエル》 
前のターンに《灰蝕の堕天使ガムビエル》と7コスト以上のエンジェル2枚を仕込めば《贖罪の闇姫ルクスリア》《元凶の紳士シック》等を使うことでコストを揃えつつ、握れる動きができます。仕込み先としては《光槌のマルトー》はエヴォルシードなこともあり今回のガムビエルと特に相性が良いですね。かなーり決めやすくなったんじゃないかなと思います。
P12-003-00_m
 
《甲虫王女ヘルソーン》
 《リアン》は仕込めませんが7コストなのでこちらは仕込めます。緑白でもこのカードを採用することで墓地も弄りれるのがいいですね。トップに仕込んだカードをリソースに送るとかいった使い方ができるのもいいと思います。緑入りだと採用したくなるリソリンに7コストが少ないのが難点でしょうか。再利用できるというだけでもぜひ組み合わせたい。
 B08-094-01_m

《九大英雄シェイクスピア》
仕込む系ということでエヴォルシードから一枚。お互いトラッシュを減らしてしまうのでその点は相性悪いですが、個人的には序盤に不発してしまったのを回収できるは使いやすいいんじゃないかなと思います。《ヘルソーン》と比べるとパワーが高いのとデッキ削りなどで踏み倒し手段が多いのが利点ですね。イグニッションフェイズに捲るとなると三枚積み込まないといけないのでその差は大きく思います。
B04-016-01_m

《超無窮螺旋ヘリカルフォート》
相手のデッキトップをコントロール出来ることに注目してこのカード。効果をフルに使えば《ガムビエル》とあわせて相手のドローを五枚まで確定させることができます。このカード自身も対象で且つ、もう一方の《螺旋竜ヘリカルフォート》を使えばドローできるので再利用の手段としても相性がよさそうです。
B11-037-01_m

ぱっと思いついたところでこんな感じでしょうか。まだまだコンボととか使い道が考えられるカードですね!弱点としては自分に使う場合も相手に使う場合も《マシャカ》などのデッキをシャッフルする効果を使われると無駄になってしまうところでしょうか。しかしこのガムビエルの悪い顔の安心感、流石ゼクスの貴重なゲス成分担当です。

パイネグランデを再評価!

今回は13弾に相性の良さそうなカードが収録されるということで、個人的な注目株の《パイネグランデ》のご紹介。

《イヴィルベイン パイネグランデ》
5/白/ガーディアン/6500
[自]このカードかあなたの[ガーディアン]が登場した時、白2を支払ってよい。白2を支払ったならば、
あなたのチャージにあるコスト4以下の[ガーディアン]を1枚選び、リブートでゼクスのない◎のスクエアに登場させる。
  □□□
  □◎□
  ◎◎◎
    ▲
B06-048-00_m

《評価ポイント1 相性のいいカードが増え採用しやすくなった!》
相性のいいカードというのが《鴟梟を阻む意志ケィツゥー》。登場できるスクエアが限られているので除去が打てるこのカードは待ち望んでいたような効果です。破壊されてもバウンスされても再利用できるので相性はかなりいいはず。ガーディアンの強力なアイコン持ちである《パスサール》《ニルカンタ》と合わせて採用することで自然に《パイネグランデ》の登場先を用意できます。どっちも強力なヴォイドブリンガーですね。
B10-041-00_m

《評価ポイント2 連鎖できる展開が強力!》
《卑弥呼》《ノンノ》などの種族カードと違い単品で活躍できないというのは痛いところなのですが、展開できる条件をを自分で用意でき、コストとチャージが許す限り連続で召喚できるというのは類がなく強力だと考えています。何より面白い動きができるのがいいです。召喚できるスペースは少ないですがプレイヤー殴れる位置に一応出せるので攻撃的にも使えます。現在の展開先の候補としては《ノシャック》やバニラあたりが使いやすいです。
img032

《評価ポイント3 アクセス手段が豊富》
何かとアクセスしやすい5コストなので採用枚数を抑えても、《アセディア》や《アルクス》で釣ってきたり、《ビショップ》で回収などできるのがいいですね。12弾で出た《イモータルキング》やチャージはたくさん使ってしまいますが《ターキッシュ》なんかも面白そう。手札が状況が悪い時のアクセス先として活躍できるのではないかと思います。


展開系のカードなのでやっぱり《ザッハーク》が怖いです。このカードに限らずゼクスでゼクスを除去するという状況だと積みかねないのでエヴォルシードやリソリン、イベント系の除去も考えたいですね。このカードに関しては《ノシャック》で絶界にしたり、相性がいい《ホーレイカー》《クーゲル》が除去付きなので対策は組み込みやすいと思います。これからの活躍に期待ということでリクエストもあったので描いてみました。

パイネグランデ
最新コメント
メッセージ

ブログ管理者に非公開でメッセージを送れる機能です。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ