ホロから始まるZ/Xブログ

「折角出たし、このホロでデッキを組んでみるぜ」 って思うそんな人のゼクスのブログです。

カード考察【白】

18弾RP「審判の織天使ウリエル」

前回のサタンと対になってるウリエルを触れていきます。Z/XR枠のエクストラカードということでこちらも派手な能力を持っています。

《審判の織天使ウリエル》
10/白/ウェイカー エンジェル/11000
覚醒条件:あなたのトラッシュにある「フィエリテ」を含むカードを4枚デッキに戻し、シャッフルする。
[常]【有効】スクエア【効果】デッキとライフとリソースにあるすべてのあなたのカードはイグニッションアイコンを得る。
[自]【有効】スクエア【誘発】このカードがデュナミスから登場する。【効果】あなたのプレイヤーが「天王寺飛鳥」の場合、ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選び、デッキの1番下に置き、3回イグニッションする。
p18_003
凛々しく覚醒したウリエルさん。 核となる効果の「デッキ、ライフ、リソースへのイグニッションの付与」が面白いことできそうな感半端ないです。登場時効果と合わせると上から無差別に3回踏み倒しすることができ、ランダム性は高いですが、展開力は自身含めてかなりのものでしょう。除去効果が付いてるので一つは展開先確保できるのもいいですね。下では紹介しないですが、《サンダルフォン》の高ゼロオプィマも満たせますね。(ちょっとずつ強化されてる気がします)

降臨条件はフィエリテ4枚デッキに戻すこと。トラッシュのカードなのでサタンと比べると妨害を受けにくく、出すこと自体はそこまで苦ではないのかなといった印象。デッキを組むにあたってはフィエリテと他のカードの比率が課題でしょうか。
 
【長所】
・イグニッション付与からの展開力
・好きなゼクスやイベントを踏み倒せる。
・比較的阻害されにくい条件。
【短所】
・プレイヤー指定がある
・フィエリテが必要なのでデッキ構築が縛られる
・リソースとトラッシュをある程度増やす必要がある

【相性のいいカード】
(追加でイグニッションできるカード)

《十二使徒 白羊宮マルキダエル》、《聖獣オーラレモラ》
 P11-017-00_mC16-008_m
《ウリエル》が出た状態で《マルキダエル》をプレイできれば、白のリソースの分だけ何でも踏み倒せるフィーバーモードに。単体でも捲れなかったカードはトラッシュに行く効果なので、《フィエリテ》を貯める準備としても活躍してくれるはず。この子軸に組むと自然に《ウリエル》向きのデッキになるんじゃないかな。《オーラレモラ》は複数回は発動できないですが、コストの低さと二枚の中から選べるので比べるとやや安定力はあると思います。どちらも個人的に単体で好きなカード。

(黒緑ESの定番カード)
《『悪疾』の助祭ディーコン》、《麗色昆虫レディローズ》

 B17-068_mE06-020_m
トラッシュに《フィエリテ》を貯めないといけないので墓地肥やしの《ディーコン》。積むと《アッハーズ》にエクストラスペースを取らないといけないが最大のネックですが、ESを使うのならやっぱり欲しいかなと思うカード。狙うESはリソースを伸ばすための《レディローズ》です。《レディローズ》は効果も強力ですが11000と大きいサイズなので《ウリエル》の効果で踏み倒して登場させても悪くない。エンジェルサポートが充実してきたら次点でパワーの高い《マルトー》も候補になるかも。ES軸だと《マルキダエル》と相性が良くなるのが個人的にいいかなと思っております。

個人的には白黒タッチ緑をイメージしてるのですが、緑寄りにして《幸福の儀式剣 折鶴蘭》あたりでピンポイントで《フィエリテ》を増やしていくというのも良さそう。こちらも結構組みがいがありそうなZ/Xレアですね。

覚醒マルキダエル&ゼクスト新情報

私は遠いのでゼクストリームには行けなかったのですが、公式ページで新情報が紹介されておりました。フリカ公開されたマルキダエルと合わせて、触れて行こうかなと思います。最近新情報早い。

《醒竜天使 白羊のマルキダエル》
5/白/ウェイカー エンジェル/7500
降臨条件:あなたのトラッシュにあるコスト5以上のカードを2枚デッキに戻し、シャッフルする。
[起]【有効】スクエア【コスト】白1【効果】ノーマルスクエアにある相手のコスト6以下のゼクスを1枚選び、デッキの一番下の置く。あなたのチャージにあるコスト3以下のゼクスを1枚選び、リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させてよい。この能力はあなたのターンにしかプレイできない。
0001
 単体でRPで先行したマルキダエルのウェイカー版。デッキボトム送りの除去とチャージからの展開ができ、元になったマルキダエルと同じく起動効果に回数制限がないのがポイントですね。悪いことしそうだなぁと思っていたら、既にリソースを起こせる《樹上の円月 檜扇》と味方を破壊できる《クリードガネット》《腕刀のブハエピ》と組み合わせたループ攻撃が開発されてるみたいです(怖い)。素直に使うのなら、自身含めエンジェルを確保しやすくなるので《サンダルフォン》あたりも良さそうですよね(デッキ破壊も怖い)。

【ゼクスト新情報】
0327_07
Z/XR枠の絵が公開されてました(効果はもう公開されてるのかな?)。他の絵は《サタン》とか《ウリエル》とか聞いたことあるゼクスでしたが、この子の名前は初めてだったのでチョイス。《ピュアティ》とでかでかと書いてありますが、見た目思いっきり《ルクスリア》なんですよね。17弾のルクスリアが相馬と駆け落ちするようなフレイバーだったので、緑側に寝返った(?)姿なのかな。ケモ耳と尻尾生えてますが髪色と合ってないので、そこはかとなくコスプレっぽい。背景ストーリーにも注目したいカードですね。

0327_08
本当に長かった....やっと初代竜の巫女が参戦してくれるようです。「無色の竜の巫女」と公式ページだと呼ばれているので、相方は無色のカードになるのかな。個人的には五色すべてに関する効果と予想。(フォースが○○色なら○○の効果を使える×5色分とか、そんな感じで)

「ドラゴン」が沢山収録されるそうなので、種族サポートも出してくるはず。擬人化《ホーリースカイ》とかが使いやすくなるかも。公開されてるイラスト見ると特に《クシュル》や《ユイ》あたりは、パートナーのドラゴンで武装して戦ってくれそうにも見えますね。巫女さん達がウェイカー化してるのかな。構築済みもドラゴン中心になることが予想されるので通常より新規カード多くなりそう。
巫女
↑竜の巫女と言えば、公式ページのこのイラストが可愛くてすごく好きです。巫女さん強化が一番未知数で気になるなぁ

福音フォスフラムを使ってみました。

新弾のフォスフラムを使ったデッキが何となく形になったのでご紹介したいと思います。レア度は気にせずに組んだつもりですが、気がついたらメインがR以下で構成されていて、思ったより安く仕上がったデッキとなってます。(SRより高いRなんていうのは多いですけど)

《福音の顕現者フォスフラム》

B17-049_m

【デッキレシピ】
◆プレイヤー
上柚木さくら
◆メインデッキ
《『悪疾』の助祭ディーコン》4枚



(IG)《神網の聖獣オーラスパイダー》4枚 
(IG)《聖獣オーラタウエレト》2枚(バニラ)
◆エクストラ
《厳粛なる『裁決』アヌ》3枚

【デッキ解説】
福音フォスフラムの課題は私的に主軸で使うとするとディンギルLv3が重い。なのでいち早く満たすため、このデッキにはエクストラを表にするカードとして《ディーコン》と《オーラグラーネ》の2種類、さらにイベントも投入。条件を整えた状態で《オーラサーペント》や《審判オーラアヌビス》で登場させ、さらなる展開とアドバンテージを狙っていこうといったデッキになってます。プレイヤーにも通る低下が多く、単騎でパワー出せる子は少ないですがプレイヤー割る能力はそこそこありますね。

新カードだと《オーラスパイダー》がとにかく使いやすいですね。Lv1で全体2000低下とか《オーラヘケト》が涙目です。とは言っても、《オーラアンテロープ》は色的に、《オーラセメゲル》を使うほどイベントは入ってないので採用してます。絵的に折角さくらが描かれてるものがあるし...という部分もあったりします。さくら専用イベントの《Adonai Melekh》はドロー補強として活躍してます。一応ニンカシで回収可能なのがいい。

 ●ES寄りの構築について
 B17-068_mB04-052_m
トラッシュ加速ができる《ディーコン》で蜂ES風味の動きをしたいなと考えてたのですが、《アッハーズ》指定ですがLvも稼げるし、メインパーツと相性の良い《オーラゲンブ》が居たのでこのデッキに組み込んでみました。《フォスフラム》を出す用というよりも踏み倒しの範囲が広いので《オーラアヌビス》や《オーラサーペント》など軸になるカードの展開がしたいです。ゲンブさんは出来る子。

また、ES系と相性がよい《マエロル》&《アビッソ》がセイグリットビーストのパーツとも噛み合いがいいんですよね。特に《アビッソ》は白入りなのでパワー低下が打てますから除去性能も中々で、《サーペント》状況下では自軍破壊からの連パン等、使い方は広いです。

【デッキ課題メモ】
《レディローズ》は序盤にうっかりめくれると強いので採用してますが、赤系のESにして《アヌ》を普通に出せるようにしてもいいかなと迷ってる枠です。また一応コンボデッキなので安定性を出すために《マスクドマミー》入れてるのですが、折角トラッシュ肥やしができるので《ワンダリングディスペア》あたりも面白いんじゃないかと検討してます。エクストラもメインもパンパンなので、枚数は悩みどころ。

素直にセイグリットビーストに寄せて白単や
ドロー補助がついているのでマルドゥグ関係のカードと組ませるのも違う動きができて面白そう。本当は新規《アルタイル》と組ませる予定だったのですが、どう考えても詰め込みすぎだろうと没に。《ディーコン》使うコンセプトは気にってるので改良していきたいですね

14弾「石覇霊王バジリスク」+α

最近人狼にはまってるせいで更新ペースが落ちてしまっていますね。すいません。気がついたら強力なカードがたくさん判明しています。とりあえず残りのSRである《バジリスク》さんを考察しましょう。かなーりイラストがイケメンですね。

《石覇霊王バジリスク》
4/白/セイクリッドビースト/6000
[常]ゼロオプティマ3(あなたのリソースにイグニッションアイコンを持つカードが3枚以上ある場合、
以下の能力が有効になる。)
[起]<無0>相手のトラッシュにあるコスト5以上のゼクスを1枚選び、デッキの1番下に置く。置いたならば、このカードがあるスクエアの隣のスクエアにあるゼクスを1枚選び、ターン終了時まで、パワーを-3000する。この能力は1ターンに1回しかプレイできない。
B14-046-00_m
 《バジリスク》といえば有名なモンスターの一体ですが、竜人タイプは珍しいですね。隣の制限はあるものの扱いやすい低コストゼクスでプレイヤースクエアにも通る低下を打てるのは非常にいいですね。相手ターンにも使えるようなので攻守ともに使いやすそうです。問題はコストが完全に相手依存になってしまう点でしょうか、しかし《ソリトゥス》などの蘇生系などのトラッシュ利用系のメタカードとしても運用できるのでデメリットではないですね。寧ろこちらが真の強みとも言えます。配置に悩みそうですが単純に戦闘力も高いので優秀な低コストであるのは間違いないですね!カッコイイ。

【長所】
・プレイヤースクエアにも通るパワー低下
・墓地利用を阻害できる
攻守ともに戦闘力が高い
【短所】
・隣にしか効果がない
・ゼロオプティマの制限
・コストが相手依存になってしまう。

【相性の良いカード】
《十二使徒 獅子宮ウェルキエル》
4コストの展開手段としてピックアップ。《バジリスク》は攻めるためのサポートとしても守る手段としても使えます。複数展開してもこちら側に要求されるタイプのコストではないので効果発動がお手軽なのもいいですね。《キンレンカ》など6コストを展開する手段が増えたのと、4コスト自体強力なものが増えたので見直してもいいかなと思います。イラストもいいですし、個人的に活躍させたい一枚。
B04-054-01_m
 
《コツコツするセルヴィア》
パワー低下の恩恵を受けやすい一枚としてピックアップ。戦闘破壊、効果破壊対象と広げるとどちらもサポートしてくれますね。効果込みで一般的なパワーラインの10500に届くので一掃できるような動きができれば美味しい。どちらもアクセスしやすいカードなので揃えやすいことでしょう。トラッシュは増やしてほしいのでバウンスよりも破壊の方がやや相性いいかなといった感じです。
 B13-070-01_m

●ポイントキャンペーンで気になったカード
ゆっくり書いていたら14弾のZ/Xレアの効果が判明していましたね!折角なので触れてみます。正直どれも気になるのですが同じ白色ということで《アルバマーヨ》をチョイス。

《暗黒騎士アルバマーヨ》
6/白/ガーディアン/9000
[常]あなたのチャージ上限はなくなる。
[起]<無0>あなたのチャージにカードが6枚以上ある場合、「暗黒騎士アルバーマヨ」以外のあなたのチャージにあるコスト7以下のゼクスを3枚まで選び、リブートでゼクスのいない◎のスクエアに登場させる。この能力は1ターンに一回しかプレイできない。
  ◎□◎
  ◎◎◎
  ◎◎◎
     ▲ 
p14_003
とりあえず暗黒要素はなく寧ろ、平和そうに超リラックスしてますねー。Z/Xレアの方はきっと禍々しいのでしょう。白色もチャージを利用する効果は結構多いので上限はなくなるというのは素直にありがたいですね。チャージに7コストのエンジェルを貯める必要がある主人の《堕天使ガムビエル》を少し意識した感じかな?。このカードを出してからチャージを貯めるよりも《シレオ》などで予めチャージの最大数を上げておいたほうが良さそうですかね。チャージの枚数と質を要求されますが面白そうなZ/Xですね!暗黒騎士はシリーズ化しそう? 

デッキ破壊ができる!?サンダルフォン考察

早速ゼロオプティマのZ/Xレアでましたね。今回はガムビエルのようなちょっぴり悪い顔をしているサンダルフォンの考察です。ゼクス初のデッキ破壊カードということで効果的に注目株のカードですね。我が、我らが四大天使だ!!

《終末天使サンダルフォン》
★ゼロオプティマ7(あなたのリソースにイグニッションアイコンを持つカードが7枚以上ある場合、以下の能力が有効になる。)
"[自]このカード以外のあなたの[エンジェル]が登場した時、相手のデッキの上から3枚のカードをゲームから除外してよい。"
p13_003

ゼロオプティマ7と割とキツめの条件に見えます。さらに自身の登場時には効果は発動できない上に、プレイしやすい低コストのイグニッションは条件の為に埋めているはずなので、登場時に反応する効果とは少し噛み合ってない印象。対象がデッキなので不発になりにくい点と数回決めればデッキリロードを起こさせてダメージを与えられる上に、除外によりリロード後も有利に戦える点が評価できます。サイズが2コスト3000と腐りにくい数値なのがいいですね。
 
【長所】
・不発も少なくリカバリが非常しにくいデッキ削りができる
・複数回の発動が狙える
・低コストで並べやすく、バランスの良いステータス
【短所】
・自身登場時に発動できない
・低コストを一緒に出したいが、ゼロオプティマが条件
・数回決めないと決定力は薄い
 
【相性の良いカード】 
《世界の記録者レジストル》
アイコン持ちを引っ張ってきて条件をサポートしたり、《サンダルフォン》を回収することができます。自身もエンジェルなので回収先と合わせて複数回効果を決めやすくなるのはいいかなとチョイス。ゼロオプティマ7だと使った分も埋めないと辛いかなと思うのでチャージ回収、トラッシュ回収は欲しい所かなと思います。他の回収先として13弾の《バーネット》がリソースの調整&ブーストができるので良さそうですね。
 B08-046-00_m

《十二使徒 白羊宮マルキダエル》
エンジェルを呼べるエンジェルということでこのカードもいいですね。《サンダルフォン》自体軽いので一緒に出したとてもリソースには余裕が有るはず、複数枚ヒットすればかなりの枚数削ることができます。デッキを掘り進む能力が高いのも生かして、あとはチャージやトラッシュから回収するだけという状況に持っていけると効果的ですね。アイコンをエンジェルで固めるならば採用したいカードです。
P11-017-00_m

《魂を結ぶ天使 リアン》
手札にあってもアイコンを得るらしいのでリソースでもアイコン持ちになるはず、リソースは別だったらごめんなさい。単純に20枚しか積むことができないイグニッションのカードを増やすことができるのがいいですね。リソースを伸ばさないと効果は発動できないので《ヘルソーン》も満たせるなら非常に良さそうです。《リアン》はエンジェルなので上で紹介した《マルキダエル》など使えば除外のトリガーになれるのが強みです。
B05-054-01_m
 
アイコン持ちをエンジェル単にすると、選択肢が狭まってしまうので、種族サポートを入れなければどうせ埋めてしまうと割り切って混ぜてしまうのもアリだと思います。いっそ《サンダルフォン》4枚積みでエンジェルは気にしない方向でも軽さ故に活躍できるかもです。なので意外と構築幅広そうですね。一線で活躍するZ/Xレアになれるか期待してます。
最新コメント
メッセージ

ブログ管理者に非公開でメッセージを送れる機能です。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ