ホロから始まるZ/Xブログ

「折角出たし、このホロでデッキを組んでみるぜ」 って思うそんな人のゼクスのブログです。

カード考察【緑】

「漆黒の堕界」新エレシュキガル!

最近情報出るの早くないかな。と思いつつ、クレプスの構築済みの中身が公開されていたので新カードを触れていきます。ルルで薄々思ってたのですが、ディンギルの方々は同じ名前でも複数でるみたいですね。クレプスさんはたぷたぷちゃんと仲が良いのでしょうか。表紙の組み合わせが以前の構築済みと同じですね!

《屍塵迫孤の『冥滅』エレシュキガル》
7/黒・緑/ディンギル エレシュキガル/9500
降臨条件:黒のゼクス1枚と緑のゼクス1枚
[自]【有効】スクエア【誘発】このカードがデュナミスから登場する。【効果】あなたのチャージにあるカードを2枚選び、トラッシュにおいて良い。2枚置いたならば、ノーマルスクエアにある相手のパワー8000以下のゼクスを2枚まで選び、破壊し、あなたのデッキの一番上のカードをリソースにスリープで置き、あなたのリソースにあるカードを一枚選び、手札に戻す。
c17_002
新しいエレシュキガルさん。中型二体破壊をしつつ、デッキ掘り進みつつ手札増強ができます!しかもドローと違ってリソース経由なので質が高い。コンボパーツを揃えたり、息切れを防止にとても便利そう。もう片方のエレシュキガルと比べるとコストは多いですが、手札が増えるので重いとは感じなさそう。このカードで破壊できない大型ゼクスはメインに確定除去を積んだり、もう片方のエレシュキガルと積むことでカバーできますね。構築のカードでよかったなと思う性能。

《剣謀術枢の指揮者クレプス》
3/黒/ディアボロス/4500-IG
エレシュキガルLv1(あなたのデュナミスに表向きの「エレシュキガル」が1枚以上ある場合、以下の能力が有効になる)
[自]【有効】スクエア【誘発】このカードがプレイされて登場する。【効果】あなたのプレイヤーが「天王寺大和」の場合、あなたのチャージにあるカードを2枚選び、トラッシュに置いてよい。2枚置いたならば、あなたのトラッシュにあるコスト5以下のゼクスを1枚選び、リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させる。
c17_003
IG持ちなのに5コスト蘇生ができるクレプスさん。エレシュキガル指定があるのが驚きました。折角なので凶悪なハンデスができる《キャンディ》とか入れたいですね。緑黒以外でも捲るカードを使えば使えますが、エクストラ枠消費するのがネックですね。プレイされてと書かれているので、コストをちゃんと払ったりや捲れないと効果が使えないのは注意です。やっぱりクレプスさんと言えばりアニメイトですよ!!IG持ちとして入れられることでその特色を濃く感じられるのは良いかなと思ってます。

《浄界の碧槍 阿那婆達多》
5/緑/ホウライ/7500
ディンギルLv2(あなたのデュナミスに表向きの「ディンギル」が2枚以上ある場合、以下の能力が有効になる)
[起]【有効】スクエア【コスト】スリープ【効果】ノーマルスクエアにある相手ゼクスを1枚選び、リソースにスリープで置く。あなたのデッキの上から2枚のカードをリソースにスリープで置く。
c17_004
ディンギルが付いて、起動効果になった 阿那婆達多ですね。相手ゼクスのリソース送り&リソースブーストできるのは変わらず。一気に二枚ブーストできるので相手にリソースを与えてもこちらがリードできるのが良いですね。5コストなので上の《指揮者クレプス》と組み合わせれば何回もリソースブーストしていけそうです。ただLv2だと安定して序盤には使いにくいでしょうか?どちらかというと中盤にさらにリソースブーストするカードって感じに見えます。

《漆黒の堕界》
5/黒/イベント
【効果】あなたのトラッシュにあるカード名に「クレプス」を含むカードが4枚以上ある場合、あなたのトラッシュにある「クレプス」を含むゼクスを1枚選び、リーブトでゼクスのない◎のスクエアに登場させ、デッキの1番上のカードをチャージに置く。このカードはあなたのターンにしかプレイできない。
c17_011
まず思ったのが 阿那婆達多はっきりとイラストに写ってるけど関係ないじゃんと!がっつりクレプス専用イベントです。クレプスであればコスト問わずなので、8コストのクレプスを使うならサイズが一番大きいのでこれがベストですね!迷走して使い道考えたのに酷い。チャージも1枚増やしてくれるのは良いですが、高コストのイベントなので腐りやすそうなのがネックです。ルクスリアで無理やりトラッシュからチャージに拾って、リソース経由で再使用とか狙っても面白そうです。

【個人的オススメカード】
《冥府の渡し守カロン》
 B07-075_m
IGクレプスの安定した回収手段としてですね!踏み倒しでは効果を得られないので選んでみました。構築済みの中であればエレシュキガルなどでリソースから回収すれば再び使いまわせますし、リソースもしっかり増やせるカードが揃っています。リソリンと比べるとコストがあるのですが2枚程度あれば回るのが最大のメリットです。使う場合は折角なので4コストに何か強力なゼクスを入れたいですね。 候補としては《押し潰すトゥームストン》等のディンギル表にするゼクスでしょうか。

14弾「四皇蟲 狂惑女皇ヘルソーン」

プラセクトの看板モンスターである《ヘルソーン》のリメイクカードの考察です。四皇蟲ということであと三体はでそうですよね。ヘルソーンって今更だけど何の蟲モチーフなんだろう?クリーチャー的な四皇蟲も期待したい。

《四皇蟲 狂惑女皇ヘルソーン》
7/緑/プラセクト/10500
[常]ゼロオプティマ4(あなたのリソースにイグニッションアイコンを持つカードが4枚以上ある場合、
以下の能力が有効になる。
"[自]あなたのゼクスがバトルで相手のゼクスを破壊した時、
あなたのデッキの1番上のカードをリソースにスリープで置いてよい。
B14-095-01_m
立場的には《優鉢羅》とかなり似てるカード。自分以外も効果を付与できるので一枚で複数枚リソース稼ぐのにはかなり向いてる効果だと思います。戦闘破壊な点はコンボには組み込みにくい印象。ただ純粋にリソースを伸ばすためのカードとして使うとゼロオプティマの制限にやや使いにくさ感じるので、さらにリソースを伸ばすカードいう位置かな?《水着Type.X》みたいに重くて強いゼロオプティマが増えると評価あがりそう。地味に素のパワー最大のプラセクトですね。

【長所】
・一枚で複数のリソブができる
・味方ゼクス全員に付与できる
・ゼロオプティマの条件が少し緩い(基本コストー2)
【短所】
・リソブなのにゼロオプティマの制限がある
・単騎だと場面が取れない

【相性の良いカード】
《二振りの大刀 紅黄花》
デッキを選ばない《ソーンクレスト》《月下香》の方が使いやすいとは思うけど折角の新カードなので選んでみました。大量にリソースを増やすことができるのでそれを活かせるカードはやっぱり相性はいいですね。リソースが溜まって高パワー、高パワーなので処理にしくい、処理できないとリソースが更に貯まる、の循環を作れれば強い。緑らしいパワー圧殺ができます。緑よりだと9枚で12000になれるのは魅力ですね。
 B14-097-00_m

《可憐なアイドル バーベナ》
相性がいいというよりも、組み合わせると面白そうなカード。《ヘルソーン》状況下だと戦闘破壊すれば低パワーに+6000できるというコンボができます。《雛菊》の様なリソース調整カードはゼロオプティマとも好相性なので方向性としては悪くないかな。エヴォルシードのギミックも少し入れないと動かないのが難点でしょうか?ゼロオプティマってどれくらい増えるんだろう。
B11-089-00_m

●クシュル専用イベントカード登場!
《その輝きは700光年の彼方》
5/緑
あなたのプレイヤーが「緑の竜の巫女クシュル」の場合、あなたのリソースにカードが9枚以上あるならば、スクエアにあるあなたのゼクスを1枚選び、スリープする。スリープしたならば、あなたのリソースにあるコスト7以下のゼクスを1枚選び、リブートでゼクスのない◎のスクエアに登場させる。その後、カードを2枚引き、あなたの手札にあるカードを1枚選びデッキに戻し、シャッフルする。このカードはあなたのターンにしかプレイできない。
  ◎□◎
  ◎◎◎
  ◎◎◎
   ▲
B14-100-00_m
いろいろ制限がついてコスト範囲が広がった《ライフストーム》ですね。イベントなのにドロー補強が付いているのはとてもはいいですね。ただ、代わりにゼクスを一体寝せる必要があるので考えなしには使いにくいかな?序盤腐る可能性はあるものの専用イベントだけあって強力なカードだと思います。《禊萩》でリソースから打つのも面白そう。14弾は専用イベントカード多いですね!

14弾 「五頭領 他心剣豪ウェアクーガー」

表紙の写ってたのがすごく気になったので次は《クーガー》から行きます。五頭領ということは、全員揃ったようです。圧倒的猫科率!!フレーバーはヤクザ的な姉御さんぽいのを想像させますね。※追記 クーガー自身の登場時に発動だと思ってました・・・指摘してくださった方感謝です。

《五頭領 他心剣豪ウェアクーガー》
6/緑/ライカンスロープ/8000
[自]相手のゼクスがスクエアに登場した時、緑1を支払ってよい。緑1を支払ったならば、下の効果から1つ選び、解決してよい。
"あなたのデッキの上から3枚公開し、その中にあるゼクスを1枚選び、手札に加える。その後、公開した残りのカードを元に戻し、シャッフルする。"
"あなたのデッキの1番上のカードをリソースにスリープで置く。"
"ターン終了時まで、このカードのパワーを+3000する。"
B14-091-01_m
《トリシューラ》の用に三つの効果から選べる様です。選べるドロー、リソースブースト、パンプアップと腐りにくい能力が揃っています。反面個々の効果はやや弱いですがそれはしょうがないですね。アタッカー兼サポートは採用しやすいと思います。特に緑色はリソリンやリソース調整などデッキスペースが足りないなんて事態になりがちなのでありがたい。長く付き合っていけそうなカードかなといった総評です。

【長所】

・三つの効果から選べる
・アタッカー兼サポートとして使える
・スリープでも呼び出せばアドバンテージが取れる
【短所】
・バラバラの効果はやや弱め
・追加コストがあるので踏み倒し先にはしにくい
・能動的には使いにくい(追記)
 
【相性の良いカード】 

《五頭領 天眼忍者ウェアジャガー》
最近抱き枕になった大人気のジャガーさん。繰り返し使う事を考えるとさらに追加コストが必要であっても別々アドバンテージを取れるのは非常にいいと思います。《ジャガー》自身11000を超えられないのは最近響くところですし、パワーを補う意味でも《クーガー》はなかなかいいですね!なんとなく並べたいというのが本音です。
※相手ゼクスをプレイした時なので寧ろ相性悪いですね

《黄金色の幸せマレイン》
プレイ⇒登場の手順なので起こしたマレインをコストに使うことは可能なはず。可能であれば1コスト追加で払うことが前提なこのカードにはピッタリです。《クーガー》で二枚目の《マレイン》を探しに行ってもよし、リソースブーストとして使ってもよしです。使いまわせるようなカードを入れれるとより強力になりそうですね。
c14_013

《五頭領 宿命武侠ウェアタイガー》
リソースを伸ばしたいデッキであれば採用したいのがこのお方。嵌ればエンドに持ち込めるぐらい強力な効果なのですがコンボ考えると見送りがちになるんですよね。《クーガー》を採用することで枠的な余裕が持てる他、パンプアップ以外の他の効果を発動した場合の打点を補うこともできます。《クーガー》自身も隙あらばリソブできますし、案外いい相性なんじゃないかなと思ってます。
B12-097-01_pc

《繚乱の芳魂フィーユ》
クーガーがコスト6と出せる範囲としては一回り小さいサイズですが、5コストで出すことにより追加コストを確保しやすくなるので相性は良いでしょう。効果が複数あるのも相手の出方を伺いつつ、選択できるのがいいですね。サーチは《碧の狩人》で出来ますが、《首領の大喝》なんかの種族サポート採用する場合はリソブはランカンスロープやや苦手なのでいいんじゃないでしょうか?
c14_002


《クーガー》さんとは関係ないのですが、《ジャガー》が抱き枕になるとは驚きましたね。ありかなしでいけば大いにありなのですが、もともと色欲と銘打ってた《ルクスリア》よりも背徳感ありますね・・・。

蒼海の大決闘「真夏の芽吹きバジル」

今回は新SRの《バジル》の考察をしていきます。蒼海の大決闘の中では一番テクニカルなカードにみえます。リーファーで水浴びといえば《レモンバーム》ですが、バジルちゃんはちゃんと水着を着てますね!自称といえど流石姫って感じです。

《真夏の芽吹きバジル》
7/緑/リーファー/9500
[自]アルターフォース(このカードが登場した時、あなたのトラッシュにあるカードを1枚フォースとして
このカードの下に表向きで置いてよい。)
[起]<緑2 このカードのフォースを1枚トラッシュに置く。>置いたフォースがカード名に「バジル」を含むカードの場合、あなたのチャージにあるゼクスを好きな枚数選び、リソースにスリープで置く。置いたならば、あなたのリソースにあるコスト6以下のゼクスを1枚選び、スリープでゼクスのないノーマルスクエアに登場させてよい。
E05-030-01_m
展開やフォース元になるのはもちろん、リソースの消費が激しい《妖精姫バジル》を意識したデザインですね。一緒に収録されているリソースリンク達とも非常に相性がよさそうですね。コストとしてリソースにインした後展開先として出すことが出来るので再び効果を使いまわしやすくなります。特にこの《真夏バジル》は起動効果の上、相手ターンも使えるのでリソリンを防御手段として使うなど・・普段とは違った運用ができそうです。コスト込だとちょっと重いですが、その分強力なコンボを決めれるカードだと思います。

【長所】
・一枚でリソースのカードを使いまわせる 
・最大4枚のリソースブーストができる。
・相手ターンにも使える起動効果 
【短所】
・アルターフォースなので基本は使いきり 
・バジルをある程度採用する必要がある
・《難陀》や他の展開系に比べてパワーが低い
 
【相性の良いカード】
《妖精姫バジル》
前述のとおり相性は非常にいいですね。展開先の6コストのリーファーは少ないですが汎用性の高い《マスティハ》やリーファーサポートの《セイボリー》あたりがオススメです。リーファーの特徴の直接リソースに行く効果とはやや相性が悪いので、リーファーに寄せる場合はチャージが一枚は残るように気をつけてプレイしたいですね。見比べると《真夏バジル》の方は少し大人っぽい・・?
B06-096-00_m


《舞踏骸骨スケルタルダンサー》《思希者アマディウス》
組み合わせるリソリンとして面白そうなのがこのセット。《アマディウス》でフォースのサポートをしつつ、重めのバジルのサポートを《スケルタルダンサー》で出来るのが良いですね。《スケルタルダンサー》のステータスが6コストとしては悪くないので展開先として選びやすいのもGODD。展開を連鎖したり、序盤からリソースの大量加速を狙ったり派手な動きができそうです。新規絵の《スケルタルダンサー》さんはにっこり顔ですごく楽しそう。
 E05-024-00_mE05-008-00_m


《刀の武人 龍膽》
 リソースを大量に増やしつつ、展開できるということでこのカードをチョイス。12000のパワーはスリープで出てもかなりプレッシャーがあるはず。他の緑のプレイヤーと比べると《龍膽》のデッキは展開は得意ではないので、展開できるのもいい感じ。バジルの効果はゼロオプティマのサポートとして使えるので《光炎の破軍 龍膽》を入れてみても良いと思います。
B01-094-01_m


最近、いろいろ出張できそうなリーファー増えてきているのでここらで種族デッキを組んでみるのも面白そうです。
狗神煌さんっていうとZ/Xだと世羅ちゃんの印象が強いのでこんなセクシーだったっけと驚いた一枚。

13弾「絢爛華麗な彩姫バーネット」

SRのラスト《バーネット》の考察です!バジルちゃんの回でお姫様やらは自称っていうのが判明しちゃいましたが、他のリーファーもフレーバー見る限り軽い感じでなれちゃうんですね。

《絢爛華麗な彩姫バーネット》
4/緑/リーファー/6000
[自]このカードが登場した時、緑2を支払ってよい。緑2を支払ったならば、あなたのデッキの上から7枚見て、その中にあるカードを1枚選び、リソースにスリープで置く。その後、残りのカードを元に戻し、シャッフルする。

B13-087-01_m
 7枚から1枚選べるというのはかなり信頼できますね。リソリンセットを採用しているのならば、まずどちらか片方は持ってこれそうです。低コストのリーファーということで《パドル》《ロベッジ》など専用のサポートに対応しているのも評価できますし、2コストでリソース1枚なので単純にリソースブーストとして使っても悪くはなさそうです。地味にゼクスではなくカードなのでイベントもサーチできますね。緑入りであれば幅広く活躍できそうなカードです。

【長所】
・7枚もの中から選択できる
・回収や展開なのがしやすいコスト&種族
・リソリンを探しに行けるリソースブースト
【短所】
・初動のリソースブーストには使いにくい
・追加リソースがいるので組み合わせがややしにくい

【相性のいいカード】 
《実直な野太刀 花蘇芳》《決闘機械デュエル》
再録も決まってることもあり、リソースリンク代表としてこのカードをピックアップ。確定バウンス&リソースブーストは非常に使いやすい。リソリンがヒットすれば《バーネット》をリソースブースト+αの動きができるようになるのでさらに活躍させることができます。複数セット積むのも面白そうですね。
 e05_029e05_009

《錬金の魔人アルキュミア》
トラッシュから何かしらを破壊することで、《バーネット》を蘇生させることができます。リーファーは何かと破壊された時がトリガーになってることが多いので破壊効果もうまく使えるとさらに美味しい。展開力に優れている種族なので結構噛み合ってるんじゃないかなと思う一枚です。
B13-077-00_m

その他では多色系のデッキを回すのにも非常に役立ちそうな感じです。多色のである意味も《ブラウンシケーダ》が登場して出てきましたし、4色、5色デッキの活躍にも期待したいです。緑のSRホロの新枠予想通りって感じですがいいですね。
最新コメント
メッセージ

ブログ管理者に非公開でメッセージを送れる機能です。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ