ホロから始まるZ/Xブログ

「折角出たし、このホロでデッキを組んでみるぜ」 って思うそんな人のゼクスのブログです。

デッキ紹介

近弾カード入りペンギンイェーガー

色々と使いたいカードを詰め込んだペンギンイェーガーのデッキです!プレイヤーはアイコン持ちズィーガーが使いたかったので綾瀬になってます。青を入れるとファオルペルツが使えるのは良いです。

《牙の猟師イェーガー》
C15-013_m

【デッキレシピ】
◆プレイヤー
上柚木綾瀬
◆メインデッキ
《怠惰の使者ファオルペルツ》3枚
《憤激の黒雷ズィーガー》4枚
《牙の猟師イェーガー》4枚

《突き刺す尖晶石スピネルペンギン》4枚 

(IG)《荒れ狂う石竜子ヴォーゲン》4枚
(IG)《蒸発機械エヴァポレイション》2枚
(IG)《終わりを齎す者ズィーガー》4枚

◆エクストラ
《蔓延する『悪疾』アッハーズ》4枚
《億劫なる『沈泥』ラハム》4枚
《眩しき『天道』ネルガル》2枚 

 【デッキ解説】
基本はリソリンを揃えてからの動きになるのは変わらずですね!《ペンギン》は《アッハーズ》で回収、《イェーガー》は《エルトゾンゲン》で回収できるようになったのでぐっと揃えやすくなりました。このデッキで重要なのがスタートの《アレスト》で、《
ファオルペルツ》や除去に《ドリリング》、展開に《エイクスニール》など3コスト以下の強力なゼクス達のお陰で柔軟に動けます。《シュメーザ》でリサイクルできるので何回も使えるのが良いです。除外が怖いなら二枚目を入れるのもありかも。

《ファルツペオル》は効果範囲も広がり、デッキ操作で《ドルペード》と《エルトゾンゲン》のヒット率を上げたりとどの効果も強化されてとてもいい感じです。振り返るとメインデッキに女の子というか人型のゼクスがいない構築となっております。

●青をキラーマシーンに統一してみました
B16-031_mB16-022_m
《ドリリング》や《スクイーズ》などキラーマシーンの中にイェーガーと相性が良いものが多かったので、ついでに《ブレーダー》も入れて全体デッキバウンスできると面白いだろうとキラーマシーンの種族要素も入れてみました。《ブレーダー》さんはややロマン枠ですがアッハーズで回収できるので手札には呼び込みやすいです。

青の中では《ドリリング》が頭一つ抜けて使い勝手がいいですね。コスト軽減なくても自軍対象から詰に使えたり便利、2コストですが《アレスト》から呼び出すことが多いです。《ドルペード》の条件が緩いのでこんな感じにいろいろと弄れるのがありがたいです。
デッキ課題メモ
三色にしたことでリソースに要求されるカードが多くて、
調整の難易度があがるのがネックですね。一番INOUTに悩んでるカードは序盤バニラになりやすい《ブレーダー》で、手札ですが全体バウンスできる《スノーシューター》の存在がやっぱり気になります。ただコストがチャージなのでIG持ちズィーガーなど残したい場面が多く素直にはうーんという感じ。

次の弾で赤青や青黒のエクストラが出たらもうちょっと変わりそうですね!CM見る感じティアマットさんが赤青ぽく、公開カードから眷属がキラーマシンぽいので組み合わせてみたいなと思ってます。赤には《
エイクスニール》がいるので青の4コスト枠確保できれば3色でも降臨は安定しそうまで妄想。見た目も好みなので注目してます。

シェスパティエを使ってみました

ホロって気にったら使うしかない!ということで早速組んでみましたよー。今回は展開できる「XIフラッグス」ということに注目してこちらで固めた構築にしてみました。 やっぱりマーメイドは好きです。

《XIフラッグス シェスパティエ》

B16-034-01_m

【デッキレシピ】
◆プレイヤー
戦斗怜亜
◆メインデッキ
(ST)《虹快音リニャール》


(LR)《哀愁バラード リリー》4枚
(IG)《純音澄律ソリトゥス》4枚

(IG)《スカウトするオリエンタル》4枚 
◆エクストラ
《溢れ出る『源海』ナム》3枚
《吹き抜ける『高潔』スド》3枚
《澄み渡る『王威』マルドゥク》4枚

【デッキ解説】
このデッキで狙うのは《シェスパティエ》からの展開で条件を整えての《XIフラッグス ヴェルテ》の発動です。その為「XIフラッグス」が大量投入されてます。気持ち的には《シュターミラルゼ》も採用して勢揃いさせたかったですが、《シェスパティエ》と相性が悪いので見送りました。移動能力で敵軍スクエアに固めつつ、まとめてデッキバウンスというのが理想の動きで、青特有のチャージを与えない戦術をできればいいなといった方針です。

新カードの《リニャール》が使いたかったので発動条件を満たすため、《フロート》ではなく《マリオネーナ》を採用してみました。《哀愁バラード リリー》は種族がマーメイドでいてくれてよかったと思うくらい使い勝手の良いカードでした。ドローは非常にありがたい。

●白入りの構築について
 B10-056-01_mE06-010_m
エクストラの選択肢も増えるからという理由もあるのですが、白入りになった一番の要因がこの《ウロボロス》さん。なんと言っても《XIフラッグス ヴェルテ》を回収できるのがいいですね。《シェスパティエ》の踏み倒し先としても良い登場時効果をお持ちなので採用。

さらに展開力が心元無かったので《聖獣オーラレモラ》と《聖獣オーラフォモール》を追加してみました。特に《オーラフォモール》は《ウロボロス》で仕込めるESなので、展開から《クローディア》や《ヴェルテ》発動条件揃えるのを手助けしてくれます。

【デッキ課題メモ】
デッキ課題として現在はコンボデッキなので回収要員として《オリエンタル》を採用していますが、《ケィツゥー》等の強力なIGも入れたいなとIG枠は悩み中。非VB&非LRの効果持ちマーメイドが欲しい。《マルドゥク》や《スド》である程度は誤魔化せるのですが、打点が低いのはやっぱりネックです。

 《シェスパティエ》の踏み倒しはいろいろ構築が捗りますよね。ローレンウム関係を使わずとも単体で結構なパワーカードなので、怜亜くんはよく見かけるプレイヤーになりそう。

ニャインライブス メイクーンを使ってみた

新規メインクーンと今回のフリーカード使ってデッキを作ってみました。前回のモーエ&クリードデッキがベースになってます。プレイヤーはもちろんニーナ・シトリーです。現在使用できるエクストラは《スド》さんのみなのでエクストラレシピは割愛。

 メインクーン
IG枠に大量の猫(計18枚)を投入することで《ニャインライブス メイクーン》を軸に展開力をアップさせたデッキになりました。強力な《カリード》などのIGが抜けた代わりに、降臨や《クリードガネット》、《ダームスタチウム》のコストが確保しやすいのがウリです。フリカにも入ってる《ソマリ》さんは降臨と《メインクーン》のお陰でホントに強くなりましたね。ちょっと感動しました。《ムランジェ》も《メインクーン》と相性がよく単純に呼べるだけでなく、《ムランジェ》を《クリード》で破壊⇒チャージから《メインクーン》をプレイ⇒呼んだ小型猫で追加の殴り、の動きはなかなか強かった。普通のIG枠の方が入れたい効果持ち多かったのでライフリカバリーは《アビニシアン》になってます。もちろん《ラスダーシャン》もこのデッキの主力なのは変わらずで。既にいる小型をディンギルに変換することで《モーエ》の効果が再び使えるのが良かったです。

◆採用した新カードについて
 《ニャインライブス メイクーン》
5/白/ケット・シー/5500
[常]【有効】チャージ【効果】このカードのコストは2減る。ただし、0以下にならない。
[自]【有効】スクエア【誘発】このカードが登場する。【効果】あなたのプレイヤーが「ニーナ・シトリー」の場合、あなたのデッキの上から5枚見て、その中にあるコスト3以下の[ケット・シー]を1枚選び、リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させてよい。
F22-013-00_m
プレイヤー指定と種族指定があるので汎用性は下がりますが、デッキから直接持ってこれるので登場させた小型猫が純粋なアドバンテージになるのがいいです。不発になるとかなりしょぼいので猫の枚数はしっかりと入れたいところ。5000と一緒に殴れば10500になれるのでバニラのIG持ちは個人的に何枚か欲しい。ちゃんとプレイできれば素出しでも強いですが、チャージ限定のコスト軽減を持っているのでチャージから出せるカードは用意しておきたいですね。特に《ソマリ》はこの子が活躍できる構築ならば自然に使え、《メインクーン》を出せるのでぜひ採用したいカードになってます。白のディンギルのしだいでもっと評価上がりそうなカード。《メインクーン》は不幸なイメージに合ってるイメージが強いのですが元気そうでなにより。

《スカウトするオリエンタル》
3/白/ケット・シー/4500-IG
[自]【有効】スクエア【誘発】このカードが[ディンギル]の降臨条件のために破壊される。【効果】「スカウトするオリエンタル」以外のあなたのチャージにあるゼクスを一枚選び、手札に戻してよい。
 F22-008-00_m
降臨条件に使われるとチャージのカードを回収できるディンギルのサポートカードの一枚。《メインクーン》でデッキから持ってこれるので引けない出せないということも少なく揃えやすいので運用しやすかったです。今回のデッキでは《ラスダーシャン》や《ダームスタチウム》を使いまわす手段として活躍してくれてます。通常のIG枠ながら出来る子。オリエンタルは服的にカール一味への勧誘なのかな。

《吹き抜ける『高潔』スド》
6/白/ディンギル スド/9000
降臨条件:白のゼクス2枚
[自]【有効】スクエア【誘発】このカードがデュナミスから登場する。 【効果】あなたのチャージにあるカードを1枚選び、トラッシュに置いてよい。置いたならば、ターン終了時までノーマルスクエアにあるすべての相手のゼクスのパワーを4000する。 
b16_059
追加コストも重くなく絶界にも入る全体パワー低下は打てるのはもちろん強い。効果だけで破壊できない数値なのがややネックですが逆に《イザール》などの低コストの戦闘サポートとしても使えたりもしました。猫主体のデッキは単騎のパワーに乏しいところあるので9000のゼクスとして運用することも多かったです。白はチャージ利用する効果が多いので、自壊させれるゼクスってだけで便利。特に《ソマリ》がいるのでどうせ戻せるしディンギル出しとくかなんて動きもできたり。今は1種類しか使えませんがディンギル強いわっと感じさせられた1枚。

上のデッキで辛かったカードは最近人気の《ファオルペルツ》の除外ですね。《マンチカン》や《カール》でちょうど破壊できるサイズなのでノーマスクエアにある分は破壊自体は楽なのですが、チャージギミックストップするのが痛かった。特に《メインクーン》はエンジンなので降臨や《クリードガネット》絡めて除外されないようにしたい。思ったよりディンギルも《メインクーン》も好感触でした。

モーエ&クリードで組んでみました。

効果がストライクだった新しい赤青のセットカードをこんな感じに使ってみました。プレイヤーはとりあえずなしです。レシピ公開するのひさびさな気がします。

モーエ&クリード

 【デッキ解説】
モーエとすごく相性の良さそうな《ラスダーシャン》を投入した形のデッキになってます。セットが揃いさえすれば《ラスダーシャン》プレイ時に移動→即破壊の流れを組めるので、相手を制限するだけではなく能動的にアドバンテージを取っていくことができます。もちろんこのデッキの主役です。揃えるパーツが多いので新カードの《Type.VI》を筆頭にドロー効果のある《ルートヴィヒ》《トリシューラ》を入れてみました。特に《トリシューラ》は戦闘相手をモーエの効果で運んできてくれるので、プレイヤースクエアに気軽に置くことができ、高パワーも活かせて好感触。《ヴェルテ》は追加のコンボパーツ、《マリアーヌ》は序盤のヴェルテが腐らないようにって感じです。

【対話のジェローグ採用について】 
クリードと相性いいかなと思って採用。クリード効果でチャージを供給できるとも、展開できるから気軽に破壊できるとも見れます。半端なダメージ量も《ジェローグ》さんのアシストになると考えれば悪くない。モーエのトリガーになったりこのデッキでは色んなお仕事がある子です。黒軸も考えたのですが白を使ってみたかった原因になった一枚。UCなのに可愛い、面白い、強いと揃った良カードですね。

【イヴィルベイン ムランジェ採用について】 
《ムランジェ》は序盤に轢き殺されたくないなといった理由で入ってます。 その理由ならバニラでも良いのですが破壊時に展開できるのでモーエの効果を使えるのがいい感じです。相手に破壊されたときはもちろん、クリードでこちらから破壊できるので相手のターンも積極的に移動を狙うことができます。《ヴェルテ》や《ラスダーシャン》状況下ならかなり破壊しにくいカードに。

いやー、非常にIG枠の選択肢が多くなりましたね。未だにIG枠は悩み中。
《カリード》は新カード&早いデッキではないので採用。それ以外は使い慣れてるものをとりあえず、って感じです。動きが似てる《クローディア》と比べると移動したやつしか破壊できないので移動系特有の「バトル中は移動できない」で相手ターン割と歯痒い。ラスダーシャン》の制限効果は魅力的なのでどう活かせるかが課題ですね。

レルム軸 瞋恚の冥焔イラデッキ

設定的に《アルクス》と一緒に入れたいなとレルム軸でとりあえず組んでみました。プレイヤーは《黒の竜の巫女バラハラ》です。

イラ
 
【デッキ解説】
序盤は《フライハイ》《リートゥス》などの除去カードで凌いでいき、後半は条件を満たした《瞋恚の冥焔イラ》《レルムレイザー》で使い回して制圧していくというデッキです。安定して回収したいので《レルムレイザー》へのアクセス手段が非常に多いのが特徴です。クレプス軸に比べると決まった時の強さは劣る分、チャージを細かく使えるのでチャージ関連のカードを抑えることが出来るのがいいですね。新カードの《アルキュミア》はスタートカードを蘇生して相手ターンに備えたり、《ソリトゥス》経由でこのデッキの殆どのカードに触れるので非常に便利でした。《ペリビ》《サエウム》は序盤にハンデスが決まればワンチャンでメインで自軍破壊で連パンやチャージをコントロールするために入ってます。

【儀式の魔人リートゥス採用について】 
クロスという範囲の制限があるものの2コストの確定除去は使い勝手いいですね。特に中央スクエアが大事な《アルクス》がぐっと運用しやすくなります。このデッキだと《アルキュミア》《レルムレイザー》+《マエロル》などを使うことで再利用できるので何回も活躍してくれます。二枚構えたい時もしばしばあったので追加投入。スタートカードもなかなか激戦区ですが、優秀なスタートカードでした。

【フライハイ採用について】
速攻を意識して採用しました。自軍のゼクスも行けるので緊急時は詰めや《リートゥス》を処理するのにも使えます。ただやっぱりバイクに乗ってるんだから、それっぽいカードを採用したかったっていうのが本当の理由だったり。性能自体は結構いいので黒の1コストイベントの中ではオススメ。

使ってみて改めて思ったのですがちゃんと切り札になってくれるところがいいですよね!種族デッキの切り札としては理想的なカードなんじゃないでしょうか。《水着グラ》でデッキレシピがガラリと変わると思うのでその時にクレプス軸は組んでみるつもりです。
最新コメント
メッセージ

ブログ管理者に非公開でメッセージを送れる機能です。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ