ホロから始まるZ/Xブログ

「折角出たし、このホロでデッキを組んでみるぜ」 って思うそんな人のゼクスのブログです。

デッキ紹介

黒巫女リソースリンクを使ってみました。

今回はバラ買いでバルハラのリソースリンクをセットでホロを引けたので、折角なのでこちらを活かしたデッキを考えてみました。二枚でフレーバーが掛け合いになってるのがいい味出してますよね。

■バラハラのリソースリンクについて
《夜霧に惑わせ其が星獄》
E09-040_m
高コストの「クルーエルドラゴン」は基本踏み倒すので、イベントの効果は主にリソースリンクを揃える為に《夜霧の星獄レルムレイザー》や使いやすい《煉獄竜ファーガトライ》を回収することが多いです。セット時の効果は意識されてるだけあって、チャージとトラッシュの「クルーエルドラゴン」を足せるのでどちらのエクストラの《レルムレイザー》を使うにも便利な効果になってます。

《夜霧の星獄レルムレイザー》
E09-034_m
セットの《夜霧に惑わせ其が星獄》があれば、僅か黒2コスト(※)で低コストのゼクスを好きな《クルーエルドラゴン》に置き換えることができるカード。スリーブで出てくるので追撃には使えませんが《竜獄刃后デスティニーベイン》などを構えることができ、効果とパワーで硬い布陣を築くことができます。コストの状態は問われないので、攻撃がトリガーになってるIGとも組み合わせしやすそう。
コストの払い方読み間違えて1コストになってました。指摘ありがとうございます。

■デッキレシピ
◆プレイヤー
黒の竜の巫女バラハラ
◆メインデッキ
(ST)《絶望の扉ボーンゲート》1枚
《美粧の魔人ルトラム》3枚
《荒廃竜レルムレイザー》2枚
《煉獄竜ファーガトライ》4枚 
《竜獄刃后デスティニーベイン》3枚 
《滅獄竜デスティニーベイン》3枚
《優しき旅立ちバンシー》2枚
《夜霧の星獄レルムレイザー》4枚
《夜霧に惑わせ其が星獄》4枚

《華麗なる巧手 百日紅》4枚

(LR)《言理の混沌アリス》4枚
(VB)《魔霊オーラバフォメット》4枚
(IG)《夏色ジェラシー インウィディア》4枚
(IG)《五煌聖獣ウロボロス》4枚
(IG)《もふもふパージ マルキダエル》4枚
◆エクストラ
《限無栄盛の『創造』ルル》2枚
《滅天竜ラストゼオレム》2枚
《覆滅へ誘う剣獄レルムレイザー》3枚
《闇冥竜醒レルムレイザー》3枚

■各カード解説
五煌聖獣ウロボロスについて
B19-046_m
攻撃がトリガーになってるカードとして実際に組み合わせてみたのがIG版ウロボロス。このデッキでは《煉獄竜ファーガトライ》のデッキトップ一枚トラッシュに送る効果と組み合わせて、仕込んだESの発動を狙います。クルーエルドラゴンなのでリソースリンクが揃っていれば、効果発動したウロボロスと置き換えることができ、円滑にコンボを決めることができます。ESは使用済みのリソースを実質リーブト扱いにできる《華麗なる巧手 百日紅》を採用してみました。《もふもふパージ マルキダエル》の発動を狙える場合はIGを仕込んでも面白いです。

●優しき旅立ちバンシーについて
B21-079-01_m
嘆きの少女時代から数枚のカードを経て成長した顔付きのバンシーのイラストがとても良い。このデッキでは《夜霧に惑わせ其が星獄》や《華麗なる巧手 百日紅》でトラッシュが溜まりやすく、《覆滅へ誘う剣獄レルムレイザー》や《限無栄盛の『創造』ルル》でコスト低下したバンシーの蘇生が行えるので相性のいいカードとして採用してみました。二枚以上破壊することができれば、上記のウロボロスを場にだせ、コンボの布石にもできます。個人的にレルムレイザーデッキにおすすめしたい一枚。

●滅獄竜デスティニーベインについて

P21-020_m
個人的にドラゴンといえばこの《滅獄竜デスティニーベイン》。三弾環境では意識せざるを得ない影響力の強いカードだったので思い入れ深い古参プレイヤーも多いのではないでしょうか。最近のカードと比べると色褪せてると判断されたため、リビルドで「ドラゴンLv3【有効】スクエア【誘発】このカードが攻撃によって相手のゼクスを破壊する。【効果】あなたのトラッシュにあるコスト3以下のゼクスを1枚選び、リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させてよい。」という追加能力を貰えました。元の効果の3コスト以下全破壊は自軍巻き込めるので、自前で蘇生⇒破壊するという動きができるようになったのは注目したいポイント。このデッキでは《ボーンゲート》や《もふもふパージ  マルキダエル》が対象として適してます。

●デッキ課題&メモ
振り返ってみるとコスト3以下蘇生のカードが多く、IG枠を5種類×4枚という構成が勿体無い感じしたので選択肢を増やすために《地真竜テオゴニアス》とか少し足した構成にしてもよさそう。ES枠は動きとしては《華麗なる巧手 百日紅》が好きなのですが、四枚の緑が不安定になるので白の《オーラフォモール》や《エルブルース》、黒の《戸惑いの少女アリス》など採用した方がよいかなと迷い枠。緑に寄せてもよいかも。

ウロボロスと同じシリーズで相性がよい《五煌聖獣イブリース》もかなり採用したいのですが、リソリンを採用してるので枠がスペースがきつい。《五煌聖獣ウロボロス》と絡めた動きは気にってるので、少しずつ調整していきたいですね。なかなか構築が楽しめたリソリンセットでした。

静憤の女帝イラを使ってみました。

《静憤の女帝イラ》を使ったデッキが一応形になったので、紹介しようと思います。イラは《大罪の円卓》イラストやカード能力からディアボロスの長であるみたいな扱い受けてますよね。すっかりライダースーツキャラ属性が板に。

■ディアボロスのキーカード
《静憤の女帝イラ》
B21-074-01_m
デッキを組む原動になったカードですね。条件は《瞋恚の冥焔イラ》と似ててリソースにディアボロスを要求するタイプで、効果は「ディアボロスの攻撃時」に「①ディアボロスにパワー+3000」、「②ノーマルスクエアのゼクスの破壊」、「③チャージコスト1枚でトラッシュからのディアボロスの回収」と汎用効果の詰め合わせになってます。5コストで10500打点に出せるってのが特に便利でした。

《目覚めの魔王子アレルイア》
B20-068_m
条件やコストは軽くはないですが、4コストでリソース使わずに5コスト以上のディアボロスを蘇生できるのは魅力的。他のカードで踏み倒しにくい8コストの「宵闇の神翼クレプス」を選択できるのは嬉しいですね。起動効果なので他のカードと組み合わせるときに順番の融通が利くのも良い感じ。展開の起点になるカードなので、下記のデッキではリソース7枚を早く満たすため緑を採用し、手札コストを意識した構築になってます。

■デッキレシピ
◆プレイヤー
天王寺大和
◆メインデッキ
(ST)《退屈の魔人イネルティア》1枚
《銀の靴の魔女ドロシー》4枚
《目覚めの魔王子アレルイア》3枚
《迷宮の魔人メディタボラ》3枚 
《静憤の女帝イラ》4枚 
《瞋恚の冥焔イラ》4枚
《宵闇の神翼クレプス》2枚
《大罪の円卓》2枚

《孤独な毒剣 鳥兜》3枚
《天火の料理娘 花梨》4枚

(LR)《刃の魔人ラーミナ》4枚
(VB)《奈落の魔人アビッソ》4枚
(IG)《封印の魔人シジールマ》4枚 
(IG)《剣謀術枢の指揮者クレプス》4枚
(IG)《未来視の白姫ホワイトクイーン》4枚
◆エクストラ
《蔓延する『悪疾』アッハーズ》2枚
《耽溺の神海エレシュキガル》2枚
《屍塵迫孤の『冥滅』 エレシュキガル》2枚
《神嫉竜為インウィディア》2枚
《開眼鳥人ウェアクロウ》2枚

■各カード解説
●ディンギルLvのカードについて
C17-003-01_m
《女帝イラ》自体はウェイカーなのですが、要求レベルが低いのでディンギルのデッキに混ぜた形になってます。こちらでは《アレルイア》に繋げられる《シジールマ》と中核担う5コスト帯のゼクスを呼び出せる《指揮者クレプス》が魅力的ですね。地味ながら黒単の《耽溺の神海エレシュキガル》が出たことで蘇生先が黒でも動かしやすくなりました。

《迷宮の魔人メディタボラ》はトラッシュの加速しつつ、《指揮官クレプス》や《アレルイア》を回収できるので蘇生軸のデッキにとってはありがたい。《宵闇の神翼クレプス》は大和なので折角と採用してみました。比較的自由枠。
●緑のカードについて
E09-047_m
緑を採用した一番の理由は《開眼鳥人ウェアクロウ》での5⇒7のリソース加速ですが、黒のウェイカーよりも緑の方が出しやすいという側面もあったりします。7リソース時には《瞋恚の冥焔イラ》的にディアボロス6緑1という比率が理想なので、3ターン目までに一枚リソースにあれば良いと7枚くらいの採用。

《花梨》はディンギルLvアッパーでありつつ、5コストのカードなので埋めてもウェイカーに繋げやすいのが無駄がない。《指揮官クレプス》の蘇生先や詰めにも使えて、エンジンのカードです。一応5⇒7の動きは《ドロシー》⇒《花梨》でも可能になっているので、早くディンギルLvを上げたい時はこっちのルートも良いかも。《鳥兜》は登場時で手札を増やせるので、混色《エレシュキガル》の中継用に採用しました。

●デッキ課題&メモ

チャージは《指揮官クレプス》や《ウェアクロウ》で積極的に使う割に、《ホワイトクイーン》のLv満たしにくいので足りない場面が多く、《マエロル》にしても良いかなと迷い枠。その場合は変わりに《鳥兜》をウェイカーLvアッパーの《芳香浴するレモンバーム》にする予定。

(正直、ホワイトクイーンが他デッキでも採用したいのに、現在だと入手難易度高いので、使わないならどうするか想定だったり、なんでプロモなんでしょうかねぇ......再録を切に)

ウェイカーを混ぜること自体は、とにかく《ウェアクロウ》がコスト7のディンギルを召喚するにも便利なのでLv2くらいは無理はないと思います。封神指定受けてしまった初代《宵の魔人クレプス》はリビルドやエラッタが流石にあると思うのでそれ次第ではまたレシピ変わりそう。

ドラゴン関連のカード使ったタイプも考えてあるので、次回以降紹介しようかなと思ってます。

福音フォスフラムを使ってみました。

新弾のフォスフラムを使ったデッキが何となく形になったのでご紹介したいと思います。レア度は気にせずに組んだつもりですが、気がついたらメインがR以下で構成されていて、思ったより安く仕上がったデッキとなってます。(SRより高いRなんていうのは多いですけど)

《福音の顕現者フォスフラム》

B17-049_m

【デッキレシピ】
◆プレイヤー
上柚木さくら
◆メインデッキ
《『悪疾』の助祭ディーコン》4枚



(IG)《神網の聖獣オーラスパイダー》4枚 
(IG)《聖獣オーラタウエレト》2枚(バニラ)
◆エクストラ
《厳粛なる『裁決』アヌ》3枚

【デッキ解説】
福音フォスフラムの課題は私的に主軸で使うとするとディンギルLv3が重い。なのでいち早く満たすため、このデッキにはエクストラを表にするカードとして《ディーコン》と《オーラグラーネ》の2種類、さらにイベントも投入。条件を整えた状態で《オーラサーペント》や《審判オーラアヌビス》で登場させ、さらなる展開とアドバンテージを狙っていこうといったデッキになってます。プレイヤーにも通る低下が多く、単騎でパワー出せる子は少ないですがプレイヤー割る能力はそこそこありますね。

新カードだと《オーラスパイダー》がとにかく使いやすいですね。Lv1で全体2000低下とか《オーラヘケト》が涙目です。とは言っても、《オーラアンテロープ》は色的に、《オーラセメゲル》を使うほどイベントは入ってないので採用してます。絵的に折角さくらが描かれてるものがあるし...という部分もあったりします。さくら専用イベントの《Adonai Melekh》はドロー補強として活躍してます。一応ニンカシで回収可能なのがいい。

 ●ES寄りの構築について
 B17-068_mB04-052_m
トラッシュ加速ができる《ディーコン》で蜂ES風味の動きをしたいなと考えてたのですが、《アッハーズ》指定ですがLvも稼げるし、メインパーツと相性の良い《オーラゲンブ》が居たのでこのデッキに組み込んでみました。《フォスフラム》を出す用というよりも踏み倒しの範囲が広いので《オーラアヌビス》や《オーラサーペント》など軸になるカードの展開がしたいです。ゲンブさんは出来る子。

また、ES系と相性がよい《マエロル》&《アビッソ》がセイグリットビーストのパーツとも噛み合いがいいんですよね。特に《アビッソ》は白入りなのでパワー低下が打てますから除去性能も中々で、《サーペント》状況下では自軍破壊からの連パン等、使い方は広いです。

【デッキ課題メモ】
《レディローズ》は序盤にうっかりめくれると強いので採用してますが、赤系のESにして《アヌ》を普通に出せるようにしてもいいかなと迷ってる枠です。また一応コンボデッキなので安定性を出すために《マスクドマミー》入れてるのですが、折角トラッシュ肥やしができるので《ワンダリングディスペア》あたりも面白いんじゃないかと検討してます。エクストラもメインもパンパンなので、枚数は悩みどころ。

素直にセイグリットビーストに寄せて白単や
ドロー補助がついているのでマルドゥグ関係のカードと組ませるのも違う動きができて面白そう。本当は新規《アルタイル》と組ませる予定だったのですが、どう考えても詰め込みすぎだろうと没に。《ディーコン》使うコンセプトは気にってるので改良していきたいですね

新クレプスのデッキ案

クレプスを使いたい!というコメントを幾つか頂いたので、《神翼クレプス》と判明分でデッキレシピを考えてみました。要望通りの黒緑で考えていたのですが、使いたいカードがいくつかあったので白黒緑となってます。

《宵闇の神翼クレプス》
b17_077

【デッキレシピ】
◆プレイヤー
天王寺大和
◆メインデッキ
《宵の魔人クレプス》4枚
《七大罪 憤怒の魔人イラ》2枚 
《宵闇の神翼クレプス》3枚


(VB)《神望のオブザーベーション》4枚 
(IG)《対話のジェローグ》4枚
(IG)《嘆きの魔人マエロル》4枚
(IG)《ガーデニングするサントリナ》4枚
◆エクストラ
《限無栄盛の『創造』ルル》3枚
《銀月の『与幻』ナンナル》4枚
《死招く『冥滅』エレシュキガル》3枚  

【デッキ解説】
基本は《宵の魔人クレプス》と《ジャガー》がお互いを呼び出せるので、《ルクスリア》を絡めてリソースに余裕があれば再びチャージを貯めて大量展開を狙おうと言ったデッキとなっております。《山桃》はリソースを起こす要員。《サーバル》は《マロエル》を出すことで一応チャージを貯めれたり、ディンギルを狙えたりすると良いかなと採用してます。IG枠はサントリナ以外はチャージ関係のカードになってます。《イラ》さんの枠は踏み倒し自由枠ですね。白の《アスモデル》とかの方が使いやすいかも。

●白黒緑について
B15-093-01_mB16-090_m
《神翼クレプス》で出す5コストとして《
和修吉》を使いたかったのでこの色にしました。条件が厳しい分、緑の5コストの中では一際強力。除去をしつつ、キーカードである《宵の魔神クレプス》や《ジャガー》を回収したり、リソブもできる万能選手。

《飯桐》は新カードなので使いたかった!というのもあるのですが、和修吉》のコスト用の色調整や《サーバル》展開用のIGを仕込んだりできます。ゼロオプティマは《山桃》だけですが相性は良い。なかなか高性能なリソブだと思うので白緑や黒緑のデッキであれば使いやすいと思います。
 
 デッキ課題メモ
コストが序盤に揃えにくいものが多く初動が控えめなのと、三色なのでプレイングがやや難しいというのがネックです。一番迷ってる部分はIG枠で《
優美な平打簪 花桃》あたりが特に入れたい。《エペル・ギス・カッカブ》の白や黒版何かでれば、安定して表にしつつ《飯桐》でも回収できて良いかなと思っております。

ジャガー&クレプスのギミックの別案としてライカンスロープに寄せて《仲良しショッピング》を入れると面白いかもというのがありました。黒緑寄りになりますが6コスト方の《ジャガー》も強力ですし。1枚スリープしても6枚ブーストできるで更なる展開が見込めます。爆発力はこちらのほうがありそう。ただ8コストのクレプスを採用するのであれば白入りの方が良いかなとこちらを紹介してみました。

黒緑でクレプスを組むのであれば、チャージがテーマだと思ってるので個人的に《七大罪ルクスリア》がオススメですね。登場するだけでしっかりアドバンテージを稼げる点とエクストラの素材にできるようになり使いやすくなってます。踏み倒せるカードも緑にはいくつもあるので組み合わせやすいはず。イラストは《星の翼クレプス》が一番好きなのでこっちも使いたいですね。

近弾カード入りペンギンイェーガー

色々と使いたいカードを詰め込んだペンギンイェーガーのデッキです!プレイヤーはアイコン持ちズィーガーが使いたかったので綾瀬になってます。青を入れるとファオルペルツが使えるのは良いです。

《牙の猟師イェーガー》
C15-013_m

【デッキレシピ】
◆プレイヤー
上柚木綾瀬
◆メインデッキ
《怠惰の使者ファオルペルツ》3枚
《憤激の黒雷ズィーガー》4枚
《牙の猟師イェーガー》4枚

《突き刺す尖晶石スピネルペンギン》4枚 

(IG)《荒れ狂う石竜子ヴォーゲン》4枚
(IG)《蒸発機械エヴァポレイション》2枚
(IG)《終わりを齎す者ズィーガー》4枚

◆エクストラ
《蔓延する『悪疾』アッハーズ》4枚
《億劫なる『沈泥』ラハム》4枚
《眩しき『天道』ネルガル》2枚 

 【デッキ解説】
基本はリソリンを揃えてからの動きになるのは変わらずですね!《ペンギン》は《アッハーズ》で回収、《イェーガー》は《エルトゾンゲン》で回収できるようになったのでぐっと揃えやすくなりました。このデッキで重要なのがスタートの《アレスト》で、《
ファオルペルツ》や除去に《ドリリング》、展開に《エイクスニール》など3コスト以下の強力なゼクス達のお陰で柔軟に動けます。《シュメーザ》でリサイクルできるので何回も使えるのが良いです。除外が怖いなら二枚目を入れるのもありかも。

《ファルツペオル》は効果範囲も広がり、デッキ操作で《ドルペード》と《エルトゾンゲン》のヒット率を上げたりとどの効果も強化されてとてもいい感じです。振り返るとメインデッキに女の子というか人型のゼクスがいない構築となっております。

●青をキラーマシーンに統一してみました
B16-031_mB16-022_m
《ドリリング》や《スクイーズ》などキラーマシーンの中にイェーガーと相性が良いものが多かったので、ついでに《ブレーダー》も入れて全体デッキバウンスできると面白いだろうとキラーマシーンの種族要素も入れてみました。《ブレーダー》さんはややロマン枠ですがアッハーズで回収できるので手札には呼び込みやすいです。

青の中では《ドリリング》が頭一つ抜けて使い勝手がいいですね。コスト軽減なくても自軍対象から詰に使えたり便利、2コストですが《アレスト》から呼び出すことが多いです。《ドルペード》の条件が緩いのでこんな感じにいろいろと弄れるのがありがたいです。
デッキ課題メモ
三色にしたことでリソースに要求されるカードが多くて、
調整の難易度があがるのがネックですね。一番INOUTに悩んでるカードは序盤バニラになりやすい《ブレーダー》で、手札ですが全体バウンスできる《スノーシューター》の存在がやっぱり気になります。ただコストがチャージなのでIG持ちズィーガーなど残したい場面が多く素直にはうーんという感じ。

次の弾で赤青や青黒のエクストラが出たらもうちょっと変わりそうですね!CM見る感じティアマットさんが赤青ぽく、公開カードから眷属がキラーマシンぽいので組み合わせてみたいなと思ってます。赤には《
エイクスニール》がいるので青の4コスト枠確保できれば3色でも降臨は安定しそうまで妄想。見た目も好みなので注目してます。
最新コメント
メッセージ

ブログ管理者に非公開でメッセージを送れる機能です。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ