ホロから始まるZ/Xブログ

「折角出たし、このホロでデッキを組んでみるぜ」 って思うそんな人のゼクスのブログです。

カード考察【黒】

18弾RP「激憤の堕天使サタン」

18弾のポイントRPが公開されてましたね。久々にロマンカードぽいZ/Xレアでテンション少しあがりました。私が好きな種族「ディアボロス」向きのカードという事でサタンさんについてあれこれ。

《激憤の堕天使サタン》
13/黒/ディアボロス/13000
降臨条件:「ディアボロス」1枚と「ディンギル」1枚
[常]【有効】スクエア【効果】デッキとライフとリソースにあるすべての相手のカードは「イグニッションアイコン」を失い、得ることはできない。(※捲ることになってました。指摘ありがとうございます)
[自]【有効】スクエア【誘発】このカードがデュナミスから登場する。【効果】あなたのプレイヤーが「天王寺大和」の場合、ノーマルスクエアにあるすべての相手のゼクスをトラッシュに置き、相手は自分の手札にあるすべてのカードをトラッシュに置く。
 p18_004
エクストラのカードなのに「ディンギル」でも「ウェイカー」でもない珍しい感じ。名前が堕天使なのでエンジェルくらい付きそうかなと思ってました。やっぱり目に付くのは降臨条件に「ディンギル」を要求されてる点ですね。エクストラのカードは1ターンに一度しかプレイできませんから、何かしらのディンギルを守りぬく必要があります。コストも13とかなり高めなのでディンギルのコストが6か7な事を考えると、高コストのディアボロスを用意しないといけないですね。デッキ構築に幅はありつつも中々の難易度と言えるのではないでしょうか。

自動効果は元のサタンさんと似てる豪快な相手に対してのリセットボタン。常在効果の「イグニッションを失わせる」と合わせるとヴォイドブリンガーやIGの展開に期待できなくなりますから、相当相手は立て直しにくくなりますね。この状況下でのパワー13000はまさに悪魔といったところでしょうか。(仮にディンギル付いてたら連打できそうでしたね、だから無いんだと思いますが)

これ単純にプレイヤーで大和さん見えたら、ディンギル残せなくなりましたね。「入ってるか分からないけど警戒しないといけない」という点がすごい強いと思います。

【長所】
・イグニッション封殺により、安定感のある制圧
・13000の圧倒的パワー
・プレイしなくても圧力がある
【短所】
・ディンギルを1ターン守り抜かなければいけない
・プレイヤー指定がある
・ディアボロス側も高コストが要求される
・リソース13からしかプレイできない

【相性のよいディンギル】
《屍塵迫孤の『冥滅』エレシュキガル》
c17_002
大和さんの構築済みに入ってた《エレシュキガル》です。リソースが13枚以上ないとサタンの降臨はできないので、素直に緑入りが良いと思います。このカードはリソースから守るイベント等を引っ張ることができたり、《サタン》降臨時に必要なディアボロスも用意できたりと中々便利。個人的に《沈着な自在鞭 飯桐》は運用する上でおすすめで、《指揮者クレプス》⇒《飯桐》⇒《エレシュキガル》という流れでリソース増やしつつ降臨ができるのが使い勝手がいい。この時に《ディバインプリーズ》や《執行の時間》など白黒のIG持ちのイベントをリソース経由で回収すれば、安定してイベントを構えられたりします。
 
【相性のよいディアボロス】 
《憤怒の使者アルクス》、《宵闇の神翼クレプス》

B12-077-01_mb17_077
どちらも5以下を蘇生できる効果をもった高コストのディアボロス。《リャナンシー》等を蘇生してディンギルに繋げれば、高コストのディアボロス&ディンギルが揃います。相手からするとサタン警戒で《ディンギル》も残したくないけれど、上の二枚のカードも相手からすると残したくはないはず。こんな感じの動きができると中々に強い。個人的には《サタン》というリセットボタンが手に入ったので、やや展開よりの構築にしても問題ないかなと思ってます。

現状黒緑のクレプスデッキでリソース伸ばす意味が薄かったのでサタンの登場はありがたいですね。単純に大和さんが終盤に使える切り札を手に入れたと思って良いと思います。エクストラのロマンカードという事で1~2枚集めれば楽しめそう。ゼクストで公開されてたサタンは荒々しい感じでしたが、こちらは落ち着いた紳士ぽい雰囲気ですね。(ていうかまんま大和さん) 

【裏切りの連鎖】新規プレデターについて

自分用のまとめを兼ねて、新弾のプレデターについて気になってるものを触れていこうかと思います。17弾はディンギルLv関連のカード達でほぼ構成されているせいか、レアリティに関係なしに全体的にカードパワー高い子が多いですね。

《忌門の番狼プフェルトナー》
4/黒/プレデター/6000
[Lv]ディンギルLv2(あなたのデュナミスに表向きの[ディンギル]が2枚以上あると有効。)
[自]【有効】スクエア【誘発】相手のコスト4以下のゼクスがノーマルスクエアに登場する。【効果】そのゼクスを破壊してよい。   
B17-069_m (1)
ディンギルLv2を満たすことで、存在する限り相手のノーマルスクエアの4コスト以下のゼクスをシャットアウトできます。プレデターの中で、というより新弾の中で個人的に一番強烈な子でした。UCの制圧力じゃない。他のTCGでも似たようなカードはあるのですが、Z/Xだと大抵の除去が飛んでこないプレイヤースクエアがあるので序盤にポンと置かれるとかなりキツイ。

ES系の速攻デッキには案外、《カレント》であっさり突破されてしまいますが、採用率高めの《リャナンシー》など登場時に小型を展開するカードを抑えられるのは良いですね。 大型の攻撃を誘いやすいカードでもあるので、イベント等も構えやすい。ていうか4コストなのに5コスト以上要求できるだけでもう。

《『誓約』の魔骨クノッヘン》
2/黒/プレデター/3000
[Lv]ザババLv2(あなたのデュナミスに表向きの[ザババ]が2枚以上あると有効。)
[自]【有効】スクエア【誘発】このカードが登場する。【効果】ノーマルスクエアにあるすべての相手のコスト5以下のゼクスを破壊してよい。      
 B17-062_m
ザババLv2を達成することで、ノーマルスクエアの5コスト以下のゼクスを全て吹き飛ばすことができます。すべてするorしないなので絶界にも通るはず。低コストなので、《リャナンシー》やら《アレスト》など釣り出せるカードが豊富なのがいいですね。名前指定があるので《プフェルトナー》と比べるとエクストラデッキは縛られますが、お手軽全体除去として活躍が見込める子ですね。サイズの割にすっごい厳つい。

《侵食する腐敗コラプト》
3/黒/プレデター/2500
[常]スタートカード
[Lv]ディンギルLv1(あなたのデュナミスに表向きの[ディンギル]が1枚以上あると有効。)[自]【有効】チャージ【誘発】あなたの[プレデター]がバトルで相手のゼクスを破壊する。【効果】ノーマルスクエアにあるコスト5以下のゼクスを1枚選び、破壊してよい。
B17-066_m
 追加コストでも消費性でもなく。本当にただチャージに存在するだけで、メリットのみを与えるカードは珍しいですね。ただ制限付きの上にパワーが低いので無理にスタートに選択せず、《シュメーザ》あたりで後から仕込んで使ってもいいかな。除去以外にも自軍のゼクスを巻き込めるので、殴り終わったゼクスを破壊するなど連パン性能を上げるために使っても良いと思います。《四足ズィーガー》を絡めれば思った以上に攻撃回数稼げそうですね。

紹介した中で《プフェルトナー》はこれからよく見かけそうなカード筆頭なので、デッキを組む時に詰まないか意識したいです。降臨システムが低コスト優遇な感じなので、サイズが大きいゼクスもちゃんと採用してってことなんでしょうか。そろそろディアボロスも種族サポート増やしてほしいなと思うこの頃。

「漆黒の堕界」新エレシュキガル!

最近情報出るの早くないかな。と思いつつ、クレプスの構築済みの中身が公開されていたので新カードを触れていきます。ルルで薄々思ってたのですが、ディンギルの方々は同じ名前でも複数でるみたいですね。クレプスさんはたぷたぷちゃんと仲が良いのでしょうか。表紙の組み合わせが以前の構築済みと同じですね!

《屍塵迫孤の『冥滅』エレシュキガル》
7/黒・緑/ディンギル エレシュキガル/9500
降臨条件:黒のゼクス1枚と緑のゼクス1枚
[自]【有効】スクエア【誘発】このカードがデュナミスから登場する。【効果】あなたのチャージにあるカードを2枚選び、トラッシュにおいて良い。2枚置いたならば、ノーマルスクエアにある相手のパワー8000以下のゼクスを2枚まで選び、破壊し、あなたのデッキの一番上のカードをリソースにスリープで置き、あなたのリソースにあるカードを一枚選び、手札に戻す。
c17_002
新しいエレシュキガルさん。中型二体破壊をしつつ、デッキ掘り進みつつ手札増強ができます!しかもドローと違ってリソース経由なので質が高い。コンボパーツを揃えたり、息切れを防止にとても便利そう。もう片方のエレシュキガルと比べるとコストは多いですが、手札が増えるので重いとは感じなさそう。このカードで破壊できない大型ゼクスはメインに確定除去を積んだり、もう片方のエレシュキガルと積むことでカバーできますね。構築のカードでよかったなと思う性能。

《剣謀術枢の指揮者クレプス》
3/黒/ディアボロス/4500-IG
エレシュキガルLv1(あなたのデュナミスに表向きの「エレシュキガル」が1枚以上ある場合、以下の能力が有効になる)
[自]【有効】スクエア【誘発】このカードがプレイされて登場する。【効果】あなたのプレイヤーが「天王寺大和」の場合、あなたのチャージにあるカードを2枚選び、トラッシュに置いてよい。2枚置いたならば、あなたのトラッシュにあるコスト5以下のゼクスを1枚選び、リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させる。
c17_003
IG持ちなのに5コスト蘇生ができるクレプスさん。エレシュキガル指定があるのが驚きました。折角なので凶悪なハンデスができる《キャンディ》とか入れたいですね。緑黒以外でも捲るカードを使えば使えますが、エクストラ枠消費するのがネックですね。プレイされてと書かれているので、コストをちゃんと払ったりや捲れないと効果が使えないのは注意です。やっぱりクレプスさんと言えばりアニメイトですよ!!IG持ちとして入れられることでその特色を濃く感じられるのは良いかなと思ってます。

《浄界の碧槍 阿那婆達多》
5/緑/ホウライ/7500
ディンギルLv2(あなたのデュナミスに表向きの「ディンギル」が2枚以上ある場合、以下の能力が有効になる)
[起]【有効】スクエア【コスト】スリープ【効果】ノーマルスクエアにある相手ゼクスを1枚選び、リソースにスリープで置く。あなたのデッキの上から2枚のカードをリソースにスリープで置く。
c17_004
ディンギルが付いて、起動効果になった 阿那婆達多ですね。相手ゼクスのリソース送り&リソースブーストできるのは変わらず。一気に二枚ブーストできるので相手にリソースを与えてもこちらがリードできるのが良いですね。5コストなので上の《指揮者クレプス》と組み合わせれば何回もリソースブーストしていけそうです。ただLv2だと安定して序盤には使いにくいでしょうか?どちらかというと中盤にさらにリソースブーストするカードって感じに見えます。

《漆黒の堕界》
5/黒/イベント
【効果】あなたのトラッシュにあるカード名に「クレプス」を含むカードが4枚以上ある場合、あなたのトラッシュにある「クレプス」を含むゼクスを1枚選び、リーブトでゼクスのない◎のスクエアに登場させ、デッキの1番上のカードをチャージに置く。このカードはあなたのターンにしかプレイできない。
c17_011
まず思ったのが 阿那婆達多はっきりとイラストに写ってるけど関係ないじゃんと!がっつりクレプス専用イベントです。クレプスであればコスト問わずなので、8コストのクレプスを使うならサイズが一番大きいのでこれがベストですね!迷走して使い道考えたのに酷い。チャージも1枚増やしてくれるのは良いですが、高コストのイベントなので腐りやすそうなのがネックです。ルクスリアで無理やりトラッシュからチャージに拾って、リソース経由で再使用とか狙っても面白そうです。

【個人的オススメカード】
《冥府の渡し守カロン》
 B07-075_m
IGクレプスの安定した回収手段としてですね!踏み倒しでは効果を得られないので選んでみました。構築済みの中であればエレシュキガルなどでリソースから回収すれば再び使いまわせますし、リソースもしっかり増やせるカードが揃っています。リソリンと比べるとコストがあるのですが2枚程度あれば回るのが最大のメリットです。使う場合は折角なので4コストに何か強力なゼクスを入れたいですね。 候補としては《押し潰すトゥームストン》等のディンギル表にするゼクスでしょうか。

IGアイコン持ちズィーガーについて

さりげなーく、ゼクストリームの景品に新規ズィーガーが入ってましたね。綾瀬もプレデターも好きなのでとりあげてみます。開催地遠いのですぐ使えないのが悔やまれますが、ちなみに「齎す」は「もたらす」と読むみたいです。

《終わりを齎す者ズィーガー》
3/黒/プレデター/4500-IG
[自][有効>スクエア [誘発>あなたのターンのターン終了時 [効果>あなたのプレイヤーが「上柚木綾瀬」の場合、あなたのチャージにあるカードを1枚選び、トラッシュに置いてよい。置いたならば、スクエアにあるコスト6以下のゼクスを1枚選び、破壊する。
[常][有効>スクエア [効果>あなたのトラッシュにカード名に「ズィーガー」を含むカードが2枚以上あるならば、このカードのパワーを+1000する。
P15-022-00_m
プレイヤー指定のあるIGアイコンは珍しいですね。1番目の効果はターン終了時にプレイヤーも対象に取れる破壊効果。チャージを使ってしまいますが、序盤にイグニッション決められたみたいな盤面でこいつ一枚で中型とアイコン持ちを処理できるのは非常にいいですね。6コスト以下の制限がありますが、便利な効果だと思います。2番目はトラッシュにズィーガーがいれば常在効果でパンプアップ。ズィーガーがある程度入っていれば《トライライトアッシュ》みたいな感覚で使えそうですね。相手ターンも5500っていうのは素直に使いやすいと思います。
※訂正:公式データベースの方で確認したら5コスト以下ではなく6コスト以下でした。コメントくれた方ありがとうございます。

【長所】
・高パワー&多面取れる二つの有用な効果
・効果でプレイヤースクエアも破壊できる
【短所】
・プレイヤー指定の制限がある
・破壊がターン終了時 
 
【追加するならどのズィーガー?】 
《憤激の黒雷ズィーガー》 
このカード自体は追加1コストで破壊できると使いやすい効果なのですが、ズィーガーをある程度採用しなくちゃいけないのでメイン圧迫してしまうのがネックでした。IG持ちにズィーガーが積めるようになったのでこのカード数枚だけ入れるとか等の単品で運用がかなりしやすくなるはず。チャージを使わないのでコストが被らないのがオススメポイントです。
B10-076-01_m
 
折角の強い小型なので《四足ズィーガー》とか《ファオルペルツ 》とか入れてウィニー軸にしてみたり、《イェーガー》等のコスト軽減と組ませると強いんじゃないかとか。《バーンツーク》もいいなとか妄想があれこれ膨らむカードですね。綾瀬使いたいけど、うーんって人にはかなり朗報だったのではないでしょうか。プロモなのが気になりますが、今後のイベントでも配布予定と書いてあるので大丈夫でしょう。たぶん今までの感じだと綾瀬構築済み出たらその時にも入れてくれるはず.....

15弾RP「誘引の滑走レイバック」

Z/XR枠のカードがすべて公開されましたね!《マンティスバーグ》や《ヴェルテ》も気になりますが、今回は《レイバック》について触れていきたいと思います。このカードとは直接関係ないんですが《黒剣八魂》ってZ/X用語の解説見る限りトーチャーズとノスフェラトゥの複合ぽいですよね...?《マルディシオン》だけかと思ってたので驚き、真面目にノスフェラトゥデッキに《セールス》を採用する日は近いのか!?

《誘引の滑走レイバック》
20/黒/ノスフェラトゥ/10500
[常]あなたのトラッシュにある[ノスフェラトゥ]1枚につき、あなたの手札にあるこのカードのコストは1減る。ただし、6以下にならない。
[自]このカードがプレイされて登場した時、「誘引の滑走レイバック」以外のあなたのトラッシュにある
コスト6以下の[ノスフェラトゥ]を2枚まで選び、リブートでゼクスのいない◎のスクエアに登場させてよい。
  ◎□◎
  ◎◎◎
  ◎◎◎
        ▲ 
 p15_004
一番最初に目に行くのはやっぱりコスト20という驚異のサイズ!一番目のコスト軽減効果を読めば「ああ..なるほど」って思いますがZ/XRらしいインパクト。とりあえずノスフェラトゥらしいトラッシュを増やしたらいいよってカードです。得られる効果の方は6コスト以下のノスフェラトゥ2体の蘇生!大型をバーンと三体並べれるのはなかなか派手な感じです!プレイされてしか効果は使えないよって書いてあるので素直に回収して手札するのが良さそう。一応《虚無カースドソウル》だとトラッシュからプレイできますがとても20コストは払えません。制限はいろいろついていますが蘇生先の層は厚く、新名称もでてきたので今後も楽しめるカードなのではないでしょうか。

【長所】
・一枚で三枚以上展開できる
・自身のパワーがそれなりにある
【短所】
・条件を満たすために種族と色が偏る
・コストが大きく扱いにくい

 【相性の良いカード】 
《不気味な歯科医デンタルドクター》
破壊される必要はありますが、トラッシュのカードをコスト不問で回収できるのは魅力。こいつを一緒に出すことで破壊すると次も《レイバック》を出してやるぞとプレッシャーをかける動きができます。《カレント》など生贄を確保できるノスフェラトゥは多いので種族濃度は薄まりますが自壊させれるカードを入れておくと腐りにくくなりそうです。こいつか《アサルトコープス》はデッキ上欲しいですよね!しかし、ノスフェラトゥってコミカルなカードと怖いカードの絵の差が極端ですよねー。レイバックさんすごく...普通の女の子...です。
 B14-067-00_m

《実力派クローザー ウィンドミル》
登場時にスリープすることで確定除去できるゼクスですね。トラッシュの制限ついていますが《レイバック》のコスト上、踏み倒したあとに7枚のトラッシュもないっていうのは殆どないはず。このカードのいいところはパワーもそこそこで空いたスペースに置いても離れた場所のゼクスを破壊できることですね。トラッシュさえ確保できれば手打ちしても頼りになる子だと思います。絶界はどうしょうもないですがそちらは高パワーの《クリミナルチェイン》や全体パンプの《ダークネスシャドー》に任せてしまいましょう。ウィンドミルは可愛いのでおすすめです←
 C11-020-00_m

●トラッシュ増やす系カードたち!
レイバックだけでなく蘇生先もトラッシュを要求してくるカードが多いので、トラッシュ肥やしのカードは数枚採用したいです。
 B03-070-00_mB07-070-00_m
ノスフェラトゥデッキの核なるのが《デュラハン》と《スケルタルブシドー》の二枚。安定差を求めると単品のパワーと枚数が多いブシドーの方がいいですが、種族デッキで枚数求めるなら一気に増やせるデュラハンもいいですね。やっぱりこれらのカードはESと相性がいいのは周知の通り。展開するカードがやや多めになると思うので出張するとしたら破壊やバウンスのカードがおすすめです。地味にESイベントは回収&蘇生先仕込めて強いかもですね、私は青を足し《漆黒のローレンシウム》を入れて《レイバック》で囲んでボコすみたいなのを計画しております。最低でも青黒で計10コストはきついかな。
最新コメント
メッセージ

ブログ管理者に非公開でメッセージを送れる機能です。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ