情報開示から反応今更ですが、やっと初代「竜の巫女」に「始まりの竜の巫女エア」と名前が付きましたね!他の巫女と言葉で区別しにくかったので、「エア」と表せるのがありがたいです。無色のポジションが難しいのか、名前の割に毎回強化最後ですよね。

cp05_visual

《天壌の星界ラストゼオレム》
7/無/トゥルードラゴン/10500
[自]【P】「エア」【有効】スクエアとリソース【誘発】このカードが登場するかリソースに置かれる。【効果】あなたのリソースに「天壌に栄えよ其が星界」がある場合、あなたのリソースにある種族に[ドラゴン]を含むゼクス1枚につき、あなたのデッキの上から1枚見る。その中にあるカードを1枚選び、手札に加える。残りのカードを元に戻し、シャッフルする。
《天壌に栄えよ其が星界》
1/黒/イベント
[☆]【効果】スクエアにある色を持たないゼクスを1枚選び、ターン終了時まで、パワーを+2000し、カードを1枚引く。
[自]【P】「エア」【有効】リソース【誘発】このカードがリソースに置かれる。【効果】あなたのリソースにカードが6枚以上ある場合、あなたのリソースにある「天壌の星界ラストゼオレム」をスリープしてよい。スリープしたならば、あなたの手札にある種族に[ドラゴン]を含むゼクスを1枚まで選び、リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させ、スクエアにあるゼクスを1枚選び、ターン終了時まで、コストを1減らし、パワーを-3000する。ただし、コストは0以下にならない。ターン終了時、この能力で登場したゼクスをリソースにスリープで置く。
cp05_001_002
すっかり恒例になった絆カードのエア版。普通のリソリンと違ってラストゼオレムの誘発条件が「登場するorリソースに置かれる」と場に出しても良いのがちょっと変わってます。効果自体は、リソースのドラゴンが多いとドローのサーチの精度を上げられる手札増強。最終的何でも手札に加えられるので何かしらアドになるのは良いのですね。ピン積みが多いデッキでも器用に回せそう。

イベントのパンプアップは対象制限ある割に2コストと重く感じますが、ドロー付きなのでコスパ自体は悪くないでしょうか。メインのリンク時効果はドラゴンの一時的な踏み倒しとPSにも圧が掛けられるコスト&パワー低下。相方だけあって「ラストゼオレム」はサイズも良いですし、登場時とリソースに戻る時と二回手札増強できるので踏み倒す先として適してます。他のドラゴンだと《草華竜アイヴィーウイング》が6リソ時にリンクのコスト払った後、起動コストも賄えるので動きとして強そう。

エアで組むと種族「ドラゴン」デッキになりますが、色の付いたドラゴンは各々担当の巫女がいるので、できるだけ沢山の種類のドラゴンを入れたい。色の縛りが無いので好きなカード入れやすいのが構築面で魅力的ですね。現状はアイヴィー軸に《海真竜リダクトナム》と《火真竜アストヴェリア》のイメージから青と赤を何となく使いたい。時期的に23弾にドラゴン少し入るのかな?ちょっと期待