クレプスの構築済みが発売されたばかりですが、フリーカードが解禁ということでそちらに先行収録されてる3種類の「ウェイカー」について触れていこうと思います。

《神嫉竜為インウィディア》
5/黒/ウェイカー ディアボロス/7500
降臨条件:あなたのチャージにあるコスト5以上のカードを1枚トラッシュに置き、あなたのデッキの1番上のカードをチャージに置く。
[起]【有効】スクエア【コスト】無0【効果】ノーマルスクエアにあるゼクスを1枚選び、破壊する。相手は自分の手札にあるカードを1枚選び、トラッシュに置く。この能力はあなたのターンにしかプレイできず、1ターンに1回しかプレイできない。
 F24-014_m
紹介する初の「ウェイカー」ということで、このカードの効果より降臨条件の方が目に入ってきますね。《マエロル》や《シュメーザ》あたりを入れると安定して覚醒できそうです。展開しつつチャージの入れ替えができるので元になった《七大罪インウィディア》が少し使いやすくなりますかね。効果自体はハンデス&確定除去、これを手札もリソースも消費せずエクストラ枠一つでできるのは恐ろしい。個人的にインウィディアはポイント交換の顔膨らませてるイラストが好きですね。

《開眼鳥人ウェアクロウ》
覚醒条件:あなたのリソースにあるコスト5以上のカードを2枚デッキに戻し、シャッフルし、あなたのデッキの上から2枚のカードをリソースにスリープで置く。
[自]【有効】スクエア【誘発】このカードがデュナミスから登場する。【効果】ノーマルスクエアかチャージにあるゼクスを1枚選び、リソースにスリープで置いてよい。スクエアにあるゼクスを1枚選び、ターン終了時まで、パワーを+4000する。
F24-015_m
覚醒条件はリソースからコスト5以上のカードを2枚デッキに戻すこと。大抵、序盤に高コストのカードは埋めるので最速で満たしやすそうですが、安定して覚醒し続けるなら何かしら触れる手段は欲しい。埋めたエヴォルシードをデッキに戻したり、IGの数を増やすのを狙ってみたり、覚醒条件といいつつもいろいろ利用できそうですね。クロウ自体は、リソースブーストや除去として使える効果。特に5⇒7のリソースブーストがエクストラで確保できるのはとてもいい感じ。パンプアップの効果のお陰で序盤終盤と過労死しそう。

《翠竜の桜翼 娑伽羅》
覚醒条件:あなたのリソースにあるコスト5以上のカードを2枚デッキに戻し、シャッフルし、あなたのデッキの上から2枚のカードをリソースにスリープで置く。
【有効】スクエア【誘発】相手のターンのイグニッションフェイズ開始時。【効果】このカードをスリープしてよい。スリープしたならば、ノーマルスクエアとチャージにあるカードを好きな枚数選び、リソースにスリープで置いてよい。
F24-016_m
サイズが変わっても覚醒条件は変わらないんですね。緑の条件としてこれで統一なのかな。ディンギルのニヌルタ関係の《金雀枝》は一気に5コスト限定ですが二枚増やせますし、《唐楓》もリソース調整できるので相性はよさそうかなと思ったり。効果は相手と自分問わずチャージやフィールドから、自由に好きな数リソース送り。擬似的な全体除去とも使えますね。イグニッションフェイズ開始前なので相手のチャージを削る戦術もありでしょうか。タイミングに癖があるので単純にリソースブーストとして使うならディンギルの《イシュタル》の方が使いやすいかな。ただ、このサイズがポンと出てくるのは強い気がします。

【ウィイカーについて】
見返してみると降臨条件といいつつ、コストというか調整に近い。場から要求されない点がディンギルと比べるとかなり出しやすい。入れるだけでどのデッキも点取り能力が高くなりますね。既存種族でサポートも使えますし、全体的にウェイカーの方が勝手は良さそうですね。

ただ眷属(ディンギルLv持ち、ウェイカーLv持ち)に関しては出しやすいとはいえ1ターンに1回しかプレイできないのは変わらない(はず)ので、効果が強力なウェイカーLv5やらLv7を満たすのはキツい。ディンギルLvの方が高くてもLv3くらいなので腐りにくいかな。

これからはゼクスのパワーだけで守るのが一層厳しくなりそうなので、迎撃用のイベントやゼクスを増やしてもいいのではと思ってます。竜と神の戦い(エクストラ枠争奪戦)は激しくなりそうですね。