今回はひっそりと追加された新プレイヤー《イリューダ》のパートナーの《マルディシオン》紹介です。黒のゼクスの最大パワーで且つ二種族というステータスに目が行くカードですね。黒と金がベースの正統派な暗黒騎士ぽいお姿、私こういうの好きです。トーチャーズとノスフェラトゥは親和性高そうな種族ですが、これからもでるんでしょうかね。

《黒剣八魂 告死剣マルディシオン》

8/黒/トーチャーズ ノスフェラトゥ/11000
[常]ゼロオプティマ4(あなたのリソースにイグニッションアイコンを持つカードが4枚以上ある場合、
以下の能力が有効になる。)
"[起]<チャージにあるカードを2枚トラッシュに置く。>あなたのプレイヤーが「イリューダ・オロンド」の場合、ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選び、破壊し、相手は自分の手札にあるカードを1枚選び、トラッシュに置く。この能力は1ターンに1回しかプレイできない。"
B15-078-01_m
ゼロオプティマとプレイヤー指定がありますが、ハンデス&確定除去のはチャージ二枚分の価値は十分はあると思います。自ターンと相手ターンで二回起動できれば手札も場もずたずたにできるでことでしょう。用意に攻撃して発動権渡すとハンデスされてしまうので使われたら困りそうなカードかも。チャージコストのカードには珍しく1ターン1回の制限があるのは注意。冒頭で触れましたが複数種族なのもいいですね。特にトーチャーズは比較的サポートカードが多いので恩恵を受けられそうです。かっこいいので使おうかなと考えてるカードです.

 【長所】
・高パワー&二種族でステータスがいい
・手札と場の両方に干渉できる
【短所】
・踏み倒ししにくい8コスト 
・ゼロオプティマの制限
・プレイヤー指定がある

【相性の良いカード】 
《営業骸骨スケルタルセールス》
8コスト以上はどうしても回収する手段が限られてしまいますが、トーチャーズなのでこいつを使うことができます。選択肢を広げるために何種類かトーチャーズは採用したいところ、IGだけでもゼロオプティマのサポートができて良いのかも。6000の低パワーがやや怖いので《デススミス商会展示会》もありかも。もうちょっと種族サポ欲しいですが、《マルディシオン》のお陰でノスフェラトゥ単でも彼が使えるようになりましたね。
B05-067-00_m

《飛びかかるクロコダイルシェアー》
赤のカードを採用する必要があるものの、自壊でチャージを稼ぎつつハンデスできるのはマッチしていますね。バウンスや除外などされてしまうとどうしても思うように溜まらないことが多いので自分からチャージを増やす手段は欲しいところ。《アビッソ》でも採用するだけで運用がぐっとしやすくなると思います。15弾は多色推奨ぽいのでこういうカードがちょっと使いやすくなるかもですね。
B11-071-00_m

●リソースからハンデスできる!
 
《ブンブンするシャーロット》
5/黒/トーチャーズ/7500
[起]<黒1 スリープ>あなたのリソースに「金満甲虫ピエニードローン」がある場合、相手の手札にカードが2枚以上あるならば、相手は自分の手札にあるカードを1枚選び、トラッシュに置く。この能力はあなたのターンにしかプレイできず、このカードがリソースにある場合にしかプレイできない。
B15-074-00_m
リソースからハンデスできるのは非常に強力っていうか安定して決められると相手としては非常にきつい。こちらもフリーカードのセットカードと同じくリブートすれば再び使えると思います、特に相方が緑なのでこちらの方が色的に狙いやすいかな。今までのリソースリンクと違ってメインに発動できるのでバウンス⇒ハンデスのような動きがとりやすいのもいいですね。このセットシリーズ強そうですね