今回は新SRの《バジル》の考察をしていきます。蒼海の大決闘の中では一番テクニカルなカードにみえます。リーファーで水浴びといえば《レモンバーム》ですが、バジルちゃんはちゃんと水着を着てますね!自称といえど流石姫って感じです。

《真夏の芽吹きバジル》
7/緑/リーファー/9500
[自]アルターフォース(このカードが登場した時、あなたのトラッシュにあるカードを1枚フォースとして
このカードの下に表向きで置いてよい。)
[起]<緑2 このカードのフォースを1枚トラッシュに置く。>置いたフォースがカード名に「バジル」を含むカードの場合、あなたのチャージにあるゼクスを好きな枚数選び、リソースにスリープで置く。置いたならば、あなたのリソースにあるコスト6以下のゼクスを1枚選び、スリープでゼクスのないノーマルスクエアに登場させてよい。
E05-030-01_m
展開やフォース元になるのはもちろん、リソースの消費が激しい《妖精姫バジル》を意識したデザインですね。一緒に収録されているリソースリンク達とも非常に相性がよさそうですね。コストとしてリソースにインした後展開先として出すことが出来るので再び効果を使いまわしやすくなります。特にこの《真夏バジル》は起動効果の上、相手ターンも使えるのでリソリンを防御手段として使うなど・・普段とは違った運用ができそうです。コスト込だとちょっと重いですが、その分強力なコンボを決めれるカードだと思います。

【長所】
・一枚でリソースのカードを使いまわせる 
・最大4枚のリソースブーストができる。
・相手ターンにも使える起動効果 
【短所】
・アルターフォースなので基本は使いきり 
・バジルをある程度採用する必要がある
・《難陀》や他の展開系に比べてパワーが低い
 
【相性の良いカード】
《妖精姫バジル》
前述のとおり相性は非常にいいですね。展開先の6コストのリーファーは少ないですが汎用性の高い《マスティハ》やリーファーサポートの《セイボリー》あたりがオススメです。リーファーの特徴の直接リソースに行く効果とはやや相性が悪いので、リーファーに寄せる場合はチャージが一枚は残るように気をつけてプレイしたいですね。見比べると《真夏バジル》の方は少し大人っぽい・・?
B06-096-00_m


《舞踏骸骨スケルタルダンサー》《思希者アマディウス》
組み合わせるリソリンとして面白そうなのがこのセット。《アマディウス》でフォースのサポートをしつつ、重めのバジルのサポートを《スケルタルダンサー》で出来るのが良いですね。《スケルタルダンサー》のステータスが6コストとしては悪くないので展開先として選びやすいのもGODD。展開を連鎖したり、序盤からリソースの大量加速を狙ったり派手な動きができそうです。新規絵の《スケルタルダンサー》さんはにっこり顔ですごく楽しそう。
 E05-024-00_mE05-008-00_m


《刀の武人 龍膽》
 リソースを大量に増やしつつ、展開できるということでこのカードをチョイス。12000のパワーはスリープで出てもかなりプレッシャーがあるはず。他の緑のプレイヤーと比べると《龍膽》のデッキは展開は得意ではないので、展開できるのもいい感じ。バジルの効果はゼロオプティマのサポートとして使えるので《光炎の破軍 龍膽》を入れてみても良いと思います。
B01-094-01_m


最近、いろいろ出張できそうなリーファー増えてきているのでここらで種族デッキを組んでみるのも面白そうです。
狗神煌さんっていうとZ/Xだと世羅ちゃんの印象が強いのでこんなセクシーだったっけと驚いた一枚。