アニムスの効果がエラッタされたみたいですね。テキストミスとかではなく調整という形で変更したのは初でしょうか?発売してからかなり経っているのでこのタイミングで行うのは驚きでした。

B03-102-00_m

★修正前
《自》このカードが登場した時、あなたのトラッシュにコスト7以上のゼクスが13枚以上あるならば、あなたのトラッシュにあるコスト7以下のゼクスを3枚まで選び、リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させる。
★修正後
《自》このカードが登場した時、あなたのトラッシュにコスト7以上のゼクスが13枚以上あるならば、「精神の魔人アニムス」以外のあなたのトラッシュにあるコスト7以下のゼクスを3枚まで選び、リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させる。

●エラッタについての所感
展開系のカードの中で自身も選択できるのは異質だったので、内容自体は良調整だと思います。ループ系の処理はジャッジする側の負担や相手側を考えると円滑なプレイをしているとは言い難いですしね。公式の文面にあるように強力な登場時を持った7コストを作りにくかったのも理由の一つのようです。案外、製品化が見送られてたカードなんかが登場してさらに強化されたりもありそう。

●エラッタの影響予想
エラッタされたとはいえ、ループよりの構築でなければ、トラッシュに追加のアニムスがなくとも勝ちにいけるようにしていると思うのでデッキ構築にそこまで影響はないのかなと思ってます。今までより確実に決めれるよう《タルティニ》とかエンド能力の高いカードがさらに追加されそうというのはありそうです。

RPの《ガムビエル》や今日紹介された《8月のアウート》の様な相手の墓地を触れるカードもでてくることですし、取り巻く環境は結構変わりそうな感じがします。向かい風ばかりではなく、動き的に展開してから一斉に殴ることになるので《アングファング》は相性かなりいいのではなんて考えています。最近はカード枠デザイン変更などもあり、プレイ環境の調整に力が入っていますね。

追記 

「蒼海の大決闘」に「精神の魔人アニムス」が再録されるみたいですね!調整されてもイラストと効果ともに魅力的なカードなのは変わらないのでこれは嬉しいです。夜の海の幻想的な雰囲気がアニムスにとても似合いますね。新枠もすごくマッチしています。主役のSR達はまだ判明してないですが、再録分だけでも豪華なパックになりそうです。

zx02s