公式のデータベースの方にでていたので、《パイネグランデ》の記事で触れてたのですが、改めて新ケィツゥーについて今回は考察します。名前の方はしきょうを~と読むみたいです、最近の名前の漢字難しい。ガーディアンですがリングがあったりエンジェルぽいデザインですね。

《鴟梟を阻む意思ケィツゥー》
3/白/ガーディアン/4500
[自]このカードが登場した時、スクエアに相手のゼクスが3体以上あるならば、ノーマルスクエアにある
相手のスリープのゼクスを1枚選び、ターン終了時まで、パワーを-5000してよい。
 B13-042-01_m
SRのイグニッションアイコン持ちは《卑弥呼》以来です。ライフリカバリーやヴォイドブリンガーではない普通のアイコン持ちってだけでも貴重です。スリープのゼクスが対象外なのは結構痛いですが、IGで‐5000も低下を打てるのは強いですね。パワーも4500と一般的な効果持ちの数値なので腐っても他の効果持ちのIGを倒す最低限の動きはしてくれそうです。白を使っていくならぜひ欲しいカードだと思います。
 
【長所】
・パワー低下の数値が大きい
・種族サポートがそこそこあるガーディアン
・パワー査定が緩い
【短所】
・スリープで且つ、相手が3枚以上の条件がやや厳しい

【相性の良いカード】
移動系の能力のカード
条件は相手の行動に依存してしまうので、こちらから移動系の能力で相手のゼクスを置物にしてあげるとより発動させやすくなるのではないかと思います。なので組み合わせ的にはやや青色と相性が良さそうですね。置物にしたゼクスは戦闘参加できずにリブート状態になってしまう事が多いので、バニラなど残しても問題のないカードを選びたい。

《XIフラッグス ルートヴィヒ》など
c12_003

《命の回収者シュラハト》
相性が良いというよりも株が上がったカードです。優秀な3コスト以下というとライフリカバリーやヴォイドブリンガーなどが多いので、枠的にシュラハトを採用すると選択肢が狭まってしまうのが残念でしたが、《ケィツゥー》は関係ないのが良いですね。回収してなかなかに強いカードだと思います。
B06-061-00_m

書いている間に残りSRのデータベースに追加されていました!強いというかアイコン持ちということで枚数は欲しいカードなので一番高そうかなと思ってるカードです。このカードを含め
13弾は展開を牽制するカードが多いですね。環境的にどうなるのか非常に気になるところです。白のSRホロには新しく羽みたいな飾りが付いてるんですね。