スターターやフリーカード冊子に強力な移動能力持ちが収録されるということで、今回は移動能力について対戦風の場面を出しながら解説してみようかなと思います。これから始めてみようという人にはドローや除去と比べると馴染みがない効果かなと思うのですが、3×3スクエアを活かしたゼクスぽい効果なのでぜひ触って欲しい。

【相手に攻められている状況】
自軍プレイヤー周りに高パワーのゼクスに囲まれてしまいました。どちらかはプレイヤースクエアで殴ることで倒すことができますが、除去できるカードや一撃で倒せるカードがないので一体は残してしまうといった状況です。
状況その1-1

使い方1 挟み撃ちできるように配置する。
登場時に相手のゼクスを自由に配置できる《雅の演姫マリ》をプレイして、このような感じに配置してみます。次のターンに殴られるのを回避できる他、一体しか殴れない場所から挟み撃ち可能な場所に持ってくることができました。この様な盤面になればあとは空いた所に低コストのゼクスをプレイするだけで対処できそうです。
状況その1-2

使い方2 自軍の守りを固める&殴り返しを防ぐ
《見習い奏者ウェイベル》を開けたスクエアに追加して、無事に戦闘破壊が出来た後のエンドフェイズ。《ウェイベル》の効果が発動して自軍のゼクスを移動できるようになるので《雅の演姫マリ》を下の図ような位置に配置してみます。プレイヤー横に配置できたので守りが固めることができた他。相手のプレイヤーの攻撃から《マリ》が破壊されるのを防ぐことができました。
状況その1-3

【相手が守りを固めている状況】
 
今度は攻守が逆転して相手が両脇のスクエアの守りを固めています。中型以上でパワーが高いカードが並んでいるのでなかなか切り込んでいくのは難しそうな状況。
状況その2-1
 
使い方3 戦闘参加出来る位置に移動させる
相手の陣形を崩すためにゼクスを入れ替えることができる《夢奏曲ニカノーラ》をこんな感じにプレイしてみます。《マリ》《ノックス》を入れ替えることで《マリ》《シャリーノ》どちらも戦闘参加できるようになり、二体のゼクスを破壊できるようになりました。相手を自軍側に引き寄せる、自軍側のゼクスで切り込んでいく、同時に行いましたがバラバラでも強いです。
状況その2-2
 
使い方4 攻撃した後のスクエアを利用しての追撃
無事相手プレイヤースクエアのカードを破壊することができましたが、隣接のスクエアが全て埋まってしまいました。ここではさらに追撃するため自分のゼクスを入れ替えることができる《奏流フロート》《シャリーノ》で開けたスクエアにプレイしてみます。「使い方2」の用に守りを固めつつ、プレイヤーにダメージを与えることが可能な配置になりました。
状況その2-3

こんな感じに自分のゼクスが攻撃できる回数が多くなるように、相手が攻撃できる場所を少なくなるように配置していき有利に持っていけるのが移動能力です。その他にもスクエアを限定されるような効果や戦闘破壊がトリガーなものなど相性が良いカードもたくさんあるので組み合わせていろいろなコンボを考えてみるのも面白いです。ぜひ使ってみてくださいね。