ペンギンイェーガーで参加してきました。結果は予選落ちと残念な結果ですが、内容の濃い対戦ができたので満足です。まずは対戦してくれた方と開催してくれた方に感謝です。敗因としては常に相手より選択肢が少なかったことと必要のない破壊だったと思います。今日は対戦と観戦から思うところがあったので環境報告をしたいと思います。
 
【白デッキが多かった】
 一番感じたのが《マルキダエル》入りの白デッキが多かったこと。一枚岩というわけではなく《アザゼル》や《マリエル》あたりは採用率が高く、序盤終盤と活躍していました。《マルキダエル》というよりも白色が強かったです。バウンスや《サイクロトロン》を入れるために青、強力なESや蘇生を使うために黒の混色がほとんどでしたが、白単デッキもいくつか見かけました。個人的に意外なカードとしては回収のイベントの《シャイニングエンジェル》をよく見かけました。軽さと回収できる汎用性の高さが光ってました。

【プレイヤーカードが様々だった】
 安定こそジャスティスだ!の《サイクロトロン》こそ採用率がずば抜けてましたが、割と多様なプレイヤーカードを見ることができました。特に全色の竜の巫女デッキが活躍している様子を見ることができたのは何故か嬉しかったです。自分も所持しているからかユイちゃんもデッキがいくつか印象に残っていて、新弾《ヘリカルフォート》によるトップバウンスが割とえぐいなと実感。パートナーゼクスが核なデッキが多いせいか自分から《アクターレ》を採用しているデッキはあまり見かけなかったですね。

【百騎兵をあまり見なかった】
 2種目のバウンスIGである《キリア》に枠をとっているせいなのか、白デッキの増加による緑のデッキの絶対数が減ったせいなのか、百騎兵そんなに見なかったです。強力な効果持ち増えましたし4コスト枠に効果持ち多くしてもいいかなと考えてます。この辺はほんとに悩ましいですね。12弾バニラサポートでますし、IG枠どうなるんでしょうか?

 これからの環境としては特殊な動きはできない《サイクロトロン》は採用しやすい《ダームスタンチウム》の突破や《アルクス》から守るのが難しくなりそうで少し採用率が減りそう。全体的にプレイヤースクエアの防御力が高くなると思うのでこれまで以上にプレッシャーを与えるかが重要視される予感です。