ホロから始まるZ/Xブログ

「折角出たし、このホロでデッキを組んでみるぜ」 って思うそんな人のゼクスのブログです。

2016年03月

ゼクストリームの公開カードについて

「神域との邂逅」のカードがさらに公開されてましたね。プロモの《ズィーガー》から気配ありましたが、IG持ちをがっつり追加する雰囲気なのが個人的に衝撃でした。新カードといいつつ、見慣れた顔ぶればかりですね。いつも通り雑感やら感想やらのってけて行きますよー。

《無双当千の火輪アレキサンダー》
6/赤/ブレイバー/8000
[自]【有効】スクエア【誘発】このカードが攻撃する。【効果】あなたのプレイヤーが「黒崎神門」の場合、あなたのデッキの上から2枚のカードをゲームから除外してよい。2枚除外したならば、ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選び、ゲームから除外する
[常]【有効】スクエア【効果】ゲームから除外されてるあなたのカード2枚につき、このカードのパワーを+1000する。
b16_017
 最初は新アレキサンダー!一つ目の効果は攻撃とデッキから二枚除外することでコスト不問の除外。デッキは削られてしまいますが手札やリソースなど目先の資源はとられないのでテンポよく除外できそうです。あっさり除外と書かれてますがトラッシュやリソース経由の使い回しが視野に入ってるデッキにはかなり刺さる効果でしょう。二つ目の効果は除外枚数に応じてのパンプアップ。一回効果使えれば6コスト9000と標準的なサイズになるのでパワー不足は感じなさそう。6枚以上から高打点の11000になり、それ以降は並みのゼクスには突破されなく。ほー、強いね!これには軍師さんもにっこりなはず。

《イレギュラーX イレイス》
ディンギルLv1(あなたのデュナミスに表向きの「ディンギル」が1枚以上ある場合、以下の能力が有効になる)
[起]【有効】スクエア【効果】<白1 緑1>ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選びデッキに戻し、シャッフルする。スクエアにあるゼクスを1枚選び、ターン終了時まで、パワーを-3000する。スクエアにあるゼクスを1枚選び、ターン終了時までパワーを+2000する。この能力は1ターンに1回しかプレイできない。
b16_038
イレイスがリメイクされて最大級のキラーマシーンに。カッコイイ。効果は一体のデッキバウンスとパンプアップ、そしてプレイヤーもOKなパワー低下。効果込みのイレイスを戦闘で倒そうと思うと16000まで必要な上に一体持っていかれるので相当硬そう。というかPSに置いたらまず突破はされないでしょう。逆にイレイスがいれば自分のゼクスがかなり攻めやすくなります。大きさの割に器用な効果。ディンギルの条件はサイズ的にあまり気にしなくて良さそうですが、多色要求と重さがネックでしょうか。角付いてるのでイレイスの隊長機に違いない。
※テキストの数値が間違ってたので修正しました。コメントありがとうございます (3/15)

《アルバイト中のフィエリテ》
3/白/エンジェル/4000-IG
[自]【有効】スクエア 【効果】あなたのプレイヤーが「天王寺飛鳥」の場合、◎のスクエアにあるすべての相手のゼクスのパワーを-1000する。
[常]【有効】スクエア 【効果】あなたのトラッシュにカード名に「フィエリテ」を含むカードが2枚以上あるならば、このカードのパワーを+1000する。
  ◎◎◎
  □◎□
  ◎□◎
        ▲ 
 b16_043
フィエリテさんが飛鳥君と仲良くアルバイトしてます。とほのぼのとしたイラストですが複数並べやすいこのサイズで全体パワー低下はえぐい。居るだけ戦闘や他のパワー低下、ダメージ系カードのサポートになります。しかも相手ターンも効果ありと高性能。流石プレイヤー指定のイグニッション。トラッシュにフィエリテいるとさらに強くなるのはズィーガーと同じ効果ですね。こちらは特にパワーは4000ですが二番目の能力が発動せずともバニラと遜色ない動きできるがとても良いですね。イベントやソリトゥス目当てに飛鳥にした場合でも採用しやすそう。
※ステータスの数値が間違ってたので修正しました。指摘ありがとうございます (3/15)
私、間違い多すぎぃ

《夜天の銀騎士アルモタヘル》
3/黒/プレデター/4500-IG
[自]【有効】スクエア 【誘発】このカードが登場する。【効果】あなたのプレイヤーが「上柚木八千代」の場合、あなたの手札にあるカードを1枚選び、トラッシュに置いてよい。置いたならば、ノーマルスクエアにあるコスト4以下のゼクスを2枚まで選び、破壊する。
[常]【有効】スクエア 【効果】あなたのトラッシュにカード名に「アルモタヘル」を含むカードが2枚以上あるならば、このカードのパワーを+1000する。
 b16_066
手札を1枚を4コスト以下二体の破壊に変換ですかー、こいつで小型をまとめて面倒見れます。自軍も対象に取れるので詰やチャージを増やす手段として見てもありですかね。トラッシュ参照のパンプアップは共通効果なのかな。特にアルモタヘルは6コストや専用イベントの《まけられない!》方も数を参照しているので単純に新規が増えたってだけでも強化されてるはず。コスト軽減はもちろん、ズィーガーと比べると破壊枚数が多いので《ミルツブラント》なんかの破壊がトリガーのカードとも相性良さそうですね。見た目は毎度凶悪にみえるアルモタヘル君

《天上獣忍ウェアジャガー》
6/緑/ライカンスロープ/8000
[自]【有効】スクエア 【誘発】このカードが登場する。【効果】あなたのリソースに青の5コスト以上のカードがある場合、カードを3枚引いてよい。3枚引いたならば、あなたの手札にあるカードを2枚選びデッキに戻してシャッフルする。
[自]【有効】スクエア 【誘発】このカードが登場する。【効果】あなたのリソースに黒の5コスト以上のカードがある場合、ノーマルスクエアにあるゼクスを1枚選び、破壊してよい。
b16_095
ラストはジャガーさん。テキストはちょっと長いですが手札が1枚増える高性能な手札交換と確定破壊ができます。デッキは選びそうですが、効果はアドバンテージに特化した効果でタイミングは選ばずに活躍してくれるでしょう。出すだけでお仕事が終えられるのも評価高め。多色要求する色も青と黒ということでリソースリンク強いものが多いのでどちらの色もタッチで入れやすくいいですね。準備するカードとしてはちょうどいい感じ。相変わらず露出度高めですね!いいですよ!

IG持ちで強いのが出ると高くなちがちなのでこういうプレイヤーの特色付けとしての追加の仕方は嬉しいですね。設定的にもパートナー捲り出したいですし、いいと思いました。クレプスのデッキが予定に入ってるようで、個人的に嬉しい。こちらも新規はIGなのだろうか。

ニャインライブス メイクーンを使ってみた

新規メインクーンと今回のフリーカード使ってデッキを作ってみました。前回のモーエ&クリードデッキがベースになってます。プレイヤーはもちろんニーナ・シトリーです。現在使用できるエクストラは《スド》さんのみなのでエクストラレシピは割愛。

 メインクーン
IG枠に大量の猫(計18枚)を投入することで《ニャインライブス メイクーン》を軸に展開力をアップさせたデッキになりました。強力な《カリード》などのIGが抜けた代わりに、降臨や《クリードガネット》、《ダームスタチウム》のコストが確保しやすいのがウリです。フリカにも入ってる《ソマリ》さんは降臨と《メインクーン》のお陰でホントに強くなりましたね。ちょっと感動しました。《ムランジェ》も《メインクーン》と相性がよく単純に呼べるだけでなく、《ムランジェ》を《クリード》で破壊⇒チャージから《メインクーン》をプレイ⇒呼んだ小型猫で追加の殴り、の動きはなかなか強かった。普通のIG枠の方が入れたい効果持ち多かったのでライフリカバリーは《アビニシアン》になってます。もちろん《ラスダーシャン》もこのデッキの主力なのは変わらずで。既にいる小型をディンギルに変換することで《モーエ》の効果が再び使えるのが良かったです。

◆採用した新カードについて
 《ニャインライブス メイクーン》
5/白/ケット・シー/5500
[常]【有効】チャージ【効果】このカードのコストは2減る。ただし、0以下にならない。
[自]【有効】スクエア【誘発】このカードが登場する。【効果】あなたのプレイヤーが「ニーナ・シトリー」の場合、あなたのデッキの上から5枚見て、その中にあるコスト3以下の[ケット・シー]を1枚選び、リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させてよい。
F22-013-00_m
プレイヤー指定と種族指定があるので汎用性は下がりますが、デッキから直接持ってこれるので登場させた小型猫が純粋なアドバンテージになるのがいいです。不発になるとかなりしょぼいので猫の枚数はしっかりと入れたいところ。5000と一緒に殴れば10500になれるのでバニラのIG持ちは個人的に何枚か欲しい。ちゃんとプレイできれば素出しでも強いですが、チャージ限定のコスト軽減を持っているのでチャージから出せるカードは用意しておきたいですね。特に《ソマリ》はこの子が活躍できる構築ならば自然に使え、《メインクーン》を出せるのでぜひ採用したいカードになってます。白のディンギルのしだいでもっと評価上がりそうなカード。《メインクーン》は不幸なイメージに合ってるイメージが強いのですが元気そうでなにより。

《スカウトするオリエンタル》
3/白/ケット・シー/4500-IG
[自]【有効】スクエア【誘発】このカードが[ディンギル]の降臨条件のために破壊される。【効果】「スカウトするオリエンタル」以外のあなたのチャージにあるゼクスを一枚選び、手札に戻してよい。
 F22-008-00_m
降臨条件に使われるとチャージのカードを回収できるディンギルのサポートカードの一枚。《メインクーン》でデッキから持ってこれるので引けない出せないということも少なく揃えやすいので運用しやすかったです。今回のデッキでは《ラスダーシャン》や《ダームスタチウム》を使いまわす手段として活躍してくれてます。通常のIG枠ながら出来る子。オリエンタルは服的にカール一味への勧誘なのかな。

《吹き抜ける『高潔』スド》
6/白/ディンギル スド/9000
降臨条件:白のゼクス2枚
[自]【有効】スクエア【誘発】このカードがデュナミスから登場する。 【効果】あなたのチャージにあるカードを1枚選び、トラッシュに置いてよい。置いたならば、ターン終了時までノーマルスクエアにあるすべての相手のゼクスのパワーを4000する。 
b16_059
追加コストも重くなく絶界にも入る全体パワー低下は打てるのはもちろん強い。効果だけで破壊できない数値なのがややネックですが逆に《イザール》などの低コストの戦闘サポートとしても使えたりもしました。猫主体のデッキは単騎のパワーに乏しいところあるので9000のゼクスとして運用することも多かったです。白はチャージ利用する効果が多いので、自壊させれるゼクスってだけで便利。特に《ソマリ》がいるのでどうせ戻せるしディンギル出しとくかなんて動きもできたり。今は1種類しか使えませんがディンギル強いわっと感じさせられた1枚。

上のデッキで辛かったカードは最近人気の《ファオルペルツ》の除外ですね。《マンチカン》や《カール》でちょうど破壊できるサイズなのでノーマスクエアにある分は破壊自体は楽なのですが、チャージギミックストップするのが痛かった。特に《メインクーン》はエンジンなので降臨や《クリードガネット》絡めて除外されないようにしたい。思ったよりディンギルも《メインクーン》も好感触でした。

新システム「デュナミス」について

「デュナミス」についての詳細ルールでてましたね!新システムと公開カードについての感想など書いていきますよー。正式にルールブックに新しく書かれるルールとしてはかなり大規模ですね。ゼクスも進化したんだなぁとしみじみ。

pc_sl_b16

【デュナミスとゼクスエクストラについて】
《デッキ構成》

①「デュナミス」の枚数制限は10枚(同名カード四枚まで)
②ライフのように最初は裏向きで置かれる(表裏の概念がある)

5~15枚くらいかなと思ってたので10枚は丁度いい印象。ブースターの表紙と新しく公開されたゼクスのデザインが明らかに違うので少なくとも10種類以上は出る感じでしょうか。エクストラはTCGよっては公開情報だったりするのですがゼクスは裏向きなので非公開みたいですね。

 《プレイの仕方》
①カードに書かれた「降臨条件」を達成する。
(条件を満たしたリブートのゼクスを必要数とゼクス エクストラのコスト以上になるように破壊する)
②リソースの枚数がプレイしたいゼクス エクストラのコスト以上必要
③破壊やバウンス、リソース送りなどスクエアを離れたら表向きでエクストラに戻る
④表向きのカードは使用不可
⑤一ターンに一度しかプレイできない

 manual_dynamis

リソースの代わりにスクエアのゼクスで色とコストを払うみたいなシステムですね。リソースの以上のコストのゼクスはプレイできないので、序盤にIGめくれても大型だすぜ!ていうのはできないみたいですね。スクエア離れたら等しくエクストラに行くのでコストの軽い手札バウンスの評価アップですね、この点はほかのTCGと似てる感じです。一ターンに一度の制限はないと悪いことできそうなので妥当な感じ。表向きで戻り、表のカードは使えない様子なので一枚を何度も使いまわしたりはできなそうですかね

《「ディンギル ○○LvX」について》
F22-003-00_m
一言でいうとゼロオプティマのアイコン参照がエクストラ表になってる数になったバージョンです。単純に考えると序盤はディンギル使えないので中盤以降向きな気がしますね。ウズメが例ですがLv1でスクエアに4000もダメージ与えられるのは割と強めにデザインしてるぽいですね。ほうほうと言った所です。

 【公開されたデュナミスについて】 
公開されてたデュナミスは全てRでしたね!エクストラ=高レアリティの印象が強かったので一先ず安心だったり。種族は今のところディンギル+固有名詞で統一されていますね。既存種族はでなさそうでしょうか。気になった三枚をピックアップ。カード名とステータス間違えてたので修正しました。コメントありがとうございます。(3/5)

《輝ける『僥倖』イナンナ》
6/赤/ディンギル イナンナ/9000
降臨条件:赤のゼクス2枚
[自]【有効】スクエア【誘発】このカードがデュナミスから登場する。 【効果】あなたのチャージにあるカードを2枚選び、トラッシュに置いてよい。2枚置いたならば、ノーマルスクエアにあるゼクスを一枚選び、ゲームから除外する。         
b16_019
デュナミスはゼクス破壊しながら登場ならチャージ貯めやすくなるじゃん!と思っていたのですが、今の所チャージをコストに効果を使うものが多いよう。降臨時に貯めた二枚のチャージは無くなってしまいますが、イナンナのコスト不問の除外は使いやすい効果ですね。除外なので再利用されたくないゼクス相手に使いたい。赤色使うなら長くお世話になりそうなカードになる予感。フレーバーのネルガルはポスターの中の誰かなんでしょうかね。


《溢れ出る『源海』ナム》
6/青/ディンギル ナム/7500
降臨条件:青のゼクス2枚
[自]【有効】スクエア【誘発】このカードがデュナミスから登場する。【効果】あなたのチャージにあるカードを1枚選び、トラッシュに置いてよい。置いたならば、ノーマルスクエアにあるコスト5以上のゼクスを一枚選び、デッキの1番上から3番目に戻す。(デッキが1枚しかない場合、1番下に戻す。) 
b16_039
イナンナような除去枠のデュナミスかなというのが第一印象。除去として使うと相手の上から3番目に戻せるので次のターンの1番目のIGを防ぐことができますね。相手の手札に再び加わるのは2ターン後なので手札バウンスの上位みたいな感覚でしょうか。自分のゼクスも対象にできるので例えば、攻撃し終わった《カレント》に使って再利用できそう。高コスト限定になるのがネックですが1枚チャージ残りますし、仕込み用のカードとしてみるとまた面白い使い方できそうですね。《カレント》以外だと《スケルタルダンサー》で踏み倒した《双醒真輝サイクロトロン》とかでしょうか。

《蔓延する『悪疾』アッハーズ》
6/黒/ディンギル アッハーズ/8000
降臨条件:黒のゼクス2枚
[自]【有効】スクエア【誘発】このカードがデュナミスから登場する。【効果】あなたのチャージにあるカードを2枚選び、トラッシュに置いてよい。2枚置いたならば、ノーマルスクエアにある相手のコスト4以下のゼクスを一枚選び、破壊し、あなたのトラッシュにある5以下のゼクスを1枚選び、手札に戻す。
 b16_079
コスト自体は黒になっただけで、イナンナと同じ条件ですね。降臨時に貯めたチャージは残らないですが、コスト制限のある破壊とトラッシュ回収ができます。具体的な組み合わせ先としてぱっと思いついたのが《イェーガー》&《ペンギン》ですね。《ペンギン》が降臨の補助できますし、《フレイムコープス》とか低コストのパーツ多いので悪くなさそう。上で紹介したディンギルの枚数のカード回収するのも良さそうですね。コンボパーツ多めのデッキや息切れしやすいデッキに採用したいですかね。

 【デュナミス登場で個人的に注目してるカード】
《気弱な幽鬼フェインハート》
 B09-061-00_m
フェインハートの一番のネックは有効活用しようとすると何かしらのカードが+αでいること。次に中盤以降腐ること。エクストラから自壊できることでぐっと使いやすく。プレイヤースクエアにしか置けない点はどうしょうもないですが、降臨条件のゼクスの数を稼ぐカードと割り切れば悪くない気がします。ちょうど黒のゼクスには軽いコストで召喚できる《カレント》やトラッシュに居れさえすれば呼び出せる《チョコバンシー》などいるので《フェインハート》の相方には困らないはず。他に黒の6コストのディンギルが増えれば《アッハーズ》を軸に回収しつつ、活躍してくれそうなんて思ってます。フェインハート自体可愛いのと、ピーキーな性能がカードプレイヤーとしては心惹かれますよね。

既存のデッキにエクストラ足すだけでかなり動き変わりそう。デザインは既存の人型種族とあまり違和感ないですね。青色は未来な雰囲気からファンタジーよりになった気がします。次弾は盛りだくさんですね!

乙女の聖戦の開封結果&ホロピックアップ

発売日に買えなかったのでネット注文したら思ったよりも配送が遅く、今更開封結果の報告です。個人的にバンシーやルードヴィヒが狙い目。いつも通りとりあえず二箱の購入ですよー。エヴォルシード系の新規が多いのが印象的ですね。IG持ちが一人も居ないのが珍しい。

【開封結果】
img164
◆一箱目◆
SR
《ビターショコラ ガーンデーヴァ》
《はじめてのチョコ バンシー》
《想いを込めて 娑伽羅》
ホロ
《爆裂ハートのピクシー》
《スノーシューター ベラトリクス》
《聖獣オーラフォモール》

◆二箱目◆
SR
《心が弾む音ルートヴィヒ》
《秘められし意思ケィツゥー》
《はじめてのチョコ バンシー》
ホロ
《日の出を待つ太陽神アマテラス》
《願望を配るオプティー》
《麗色昆虫レディローズ》
 
SRホロ出なかった。ホロが映えそうなSRばかりなのでかなりショック。画像に困ったのでかぶったバンシーちゃんをチョイスしてみました。トラッシュからプレイできる珍しいゼクスですね、コストは妥当な感じの重さですがトラッシュにあれば手札のカード+バンシーの動きができるので安定感あるカード。なかなか強い子ではないでしょうか。ぐぬぬ、この子ホロ欲しかった。 

【ホロピックアップ】
《爆裂ハートのピクシー》
 img166
効果はIGアイコン持ちのゼクスの除外、査定はやや厳しめで素出しはきついステータスですが強力です。デッキの五分の二はIGアイコンですからそこまで不発にはならないんじゃないかと思ってたり。ミソスな点を活かしてコスト軽減で腐りにくくしたり、
低コストの故に回収しやすいのでエヴォルシードがトリガーになってるカードと組み合わせるとより活躍してくれるはず。今まで出てたピクシーとは別個体なのかな?

《スノーシューター ベラトリクス》
img165
ぱっと見《Type.VIII》と似ていますが、回数制限あるのとコストがチャージなので使用感は異なるはず。低コスト故の扱いやすさと手札を使わないのでコストが競合してなければ比較的入れやすそう。また全体バウンスなのでイェーガー等のコスト軽減の恩恵が大きいですね。起動効果なので相手ターンも打てるのがよろしい。
片目を瞑ったベラトリクスさんがセクシーです。
 
《麗色昆虫レディローズ》
img167
上記のピクシーとは逆に超大型のエヴォルシード。リソースを増やすエヴォルシードは何枚かありましたがデッキトップからリソース増やせるのは捲ることさえできれば安定して増やせるので評価高いです。エヴォルシード故の
タッチ入れやすいのもいいですね。コスト相応のパワーも兼ね備えるので今回の《
想いを込めて 娑伽羅》や《アップルカメレオン》などの踏み倒し要員にもなれます。リソースを増やす戦術とは噛み合ってる一枚。手札に複数枚来ると困るので調整手段は欲しいと思います。この点、今回のバンシーとか相性よさげですね。

SRホロなくてガッカリでしたが、通常ホロはエヴォルシード系がホロってくれたの個人的には嬉しかったり。対戦でも見かけるカード多くなりそうって思える弾でした。
最新コメント
メッセージ

ブログ管理者に非公開でメッセージを送れる機能です。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ