ホロから始まるZ/Xブログ

「折角出たし、このホロでデッキを組んでみるぜ」 って思うそんな人のゼクスのブログです。

2016年01月

15弾の開封結果&ホロピックアップ

恒例になってますが、とりあえず二箱開けてみました。各色に2コストバニラが入っていたのが個人的に気になりましたね、コモンサポートも種族サポートも増えたしケットシーとかノスフェラトゥとかZ/XR意識してるんだなぁって感じです。バニラ軸も組めなくもないのかな。全体的に欲しいですが、枚数欲しいのはカダブとモーエ&グリードガネットのセットですね。

◆一箱目◆
SRホロ
《双醒真輝サイクロトロン》
img151
SR
《雷炎の守護女神アテナ》
オリジナルXIII Type.VI“Mt13Ve”
《十二使徒 磨羯宮ハナエル》
《怠惰の使者ファオルペルツ》
《八宝美神 絶対王女マスティハ》
ホロ
《迷彩機械インビジブル》
《情熱舞踊ブラジェラ》
《ロウブリンガー ケルート》
《毛皮商人ノルウェージャン》
《骨狼ボーンウルフ》 

おおー!当たり枠は《サイクロトロン》でした!看板モンスターのホロは絵的に美味しい!前回プレイヤー指定あるから安い!とか言って恥ずかしい思いしましたけどどうなんでしょう?絶界がオンリーワンではなくなりましたが7コストの方も強いですよね。とりあえずセルフバウンスの戦術は好きなので非常に嬉しい。ちょっと通常ホロの面々が物足りない感ありますが、少なくともハズレじゃないです。いいですね!

◆二箱目◆
SRホロ
《オリジナルXIII Type.VI“Mt13Ve”》
img152
 SR
《暁十天カリード・カダブ》
《双醒真輝サイクロトロン》
《暗黒騎士マシャール》
《黒剣八魂 告死剣マルディシオン》
《八大龍王 和修吉》
ホロ
《犬獣姫スキュラ》
《スピニングブラッシュ》
《聖獣オーラタウエレト》
《イヴィルベイン ガンケル》
《鋭刃断虫アガベアイコン》

二箱目の当たり枠は《Type.VI》でした!可愛いホロ来た!よし!性能的なお話はここでは深くは触れないですが、二枚バウンス&ドローが弱い訳が無いと思うんですね。個人的には絵師さん繋がりでユイちゃんと組み合わせてみたいです。八重歯に、ミサイルの落書きにイタズラっ子ぽい印象の子ですね!大事に使ってあげよう

【ホロピックアップ】
《犬獣姫スキュラ》
img156
攻撃時に二枚除外することで6,000で殴れる子です!単に6,000で殴るだけなら色違いですが百騎兵がいるので、除外枚数を増やせるのが本命ぽい感じですよね。月並みですが《ほのめ》や《出雲》の専用カードは除外枚数を参照してるのでそれらのサポートに向いてると思います。除外ゾーンコントロールしてるぜ!っていうの実感できるのは楽しいはず。

《スピニングブラッシュ》
 img155
メラクさんの技イベントです。ノーコストになるシリーズですね!リソース全スリープからの効果は読みにくく相手の計算をかなり狂わせることができますね。この手のイベントは条件を満たしてしまえば即使えるのでいつドローしてもいいのも嬉しいですね。ドロー系のカードと相性よさそう。後攻初手でも唱えられますし結構使いやすそうです。

 自分の開封結果振り返ってみると青色で当たり枠のカード引いてますね!青の地域だからでしょうか。今回もSR一枚ずつの引き方でしたし、当たり枠も強いなって思ってたカード達なので満足です!

15弾「暁十天カリード・カダブ」

お久しぶりです。何だかんだで一月も後半になり、15弾の発売日が近づいていますね。今弾はLRやVBではない効果持ちのIGが各色に追加されるのでいろんなデッキに影響でそうですよね。今回はその中の赤のIGである《暁十天カリード・カダブ》に付いて触れていきます。ゼロオプティマ持ちのIGって意外だと思ったのは私だけでしょうか...?赤のドラゴンは正統派な感じでやっぱかっこいいです♪

《暁十天カリード・カダブ》
3/赤/ギガンティック/4500-IG
[常]ゼロオプティマ3(あなたのリソースにイグニッションアイコンを持つカードが3枚以上ある場合、
以下の能力が有効になる。)
"[自]このカードが攻撃した時、スクエアにあるすべての相手のゼクスに2000ダメージを与える。"
B15-004-01_m
やった!暁十天増えた!けどIG持ちなので高くなりそう...というのが初見の印象。《イースターエッグ》使ってる身としては新暁十天は踏み倒し用の大型希望だったのですが、IG持ちで全体ダメージ撒けるのは非常に強いでしょう。プレイヤーにも通り、全体ダメージなので絶界にも通ります。ゼロオプティマの制限はありますが便利そうですね。条件を満たせないとただ4500のゼクスに成り下がってしまうので、序盤のパワーラインは他のカード確保しておきたいですね。新しいセットカードの登場もあり、IGバニラの採用増えてる印象あります。

【長所】
・絶界やプレイヤーにもダメージを通せる
・単騎で6500まで与えられる
【短所】
・ゼロオプティマの制限がある
・IG持ち故に埋めたいので複数は並べにくい

【相性の良いカード】 
《武具研究所長ルスティン》
赤のカードのダメージを増やしてくれるカードの一枚。ダメージ系のカードとは戦闘破壊もダメージを底上げしてくれるので相性はもともと良いのですが、《カダブ》は特に全体バーン。計2000以上のダメージ増加を見込めます。3000のラインは効果持ちVBが焼けるようになるので体感としても違うはず。コスト的《サウファ》とは悩ましい、こちら条件がアルターフォース赤ってだけなので緩いのがいいですね。
C14-008-00_m

《獣人ウェアサーバル》

14弾のセットカードの一枚です。序盤にどうせ使えないだろうと埋めた《カダブ》を引っ張り出してくることができます。リブートで登場するので《カダブ》が殴ることができれば、全体バーンの恩恵で《サーバル》も11500まで倒せるのは心強い。ターン終了時に戻ってしまうのもゼロオプティマが主軸のデッキであれば悪くはないはず。今弾も沢山強そうな低コストが収録される予定なので単体でもオススメの一枚。可愛い。
 B14-092-00_m

●出雲さん&ほのめちゃんイベント
1/赤/イベント
[☆]あなたのプレイヤーが「蝶ヶ崎ほのめ」の場合、ノーマルスクエアにある相手のイグニッションアイコンを持つスリープのゼクスを1枚選び、ゲームから除外する。
[☆]あなたのプレイヤーが「都城出雲」の場合、あなたのトラッシュにあるカードを2枚まで選び、ゲームから除外する。2枚除外したならば、あなたの手札にあるカードを2枚選び、トラッシュに置き、カードを3枚引く。
B15-018-00_m
《ほのめ》ちゃんの方はイグニッションアイコンを除外できるイベント。除外なのでチャージも与えず手札も増やさないのは非常に高性能。後攻1ターン目に決まればかなりアドになりますね。新規サイクロンなどイグニッション付きゼクスも増える予定なので今後も期待できるイベントだと思います。

《出雲》さんの方は手札枚数を減らさずに除外枚数とトラッシュを増やすことができる効果。ぱっとみ手札交換カードに見えますが《トリシューラ》と同じテキストなので捨て札がなければドローだけ恩恵受けれるはず。なのでドローソースとも取れますね。除外コストの方も専用カードである《ガーンデーヴァ》《アロー・コンセントレート》のサポートにもなります。お仕事が多そうなカードって印象です。  

15弾RP「誘引の滑走レイバック」

Z/XR枠のカードがすべて公開されましたね!《マンティスバーグ》や《ヴェルテ》も気になりますが、今回は《レイバック》について触れていきたいと思います。このカードとは直接関係ないんですが《黒剣八魂》ってZ/X用語の解説見る限りトーチャーズとノスフェラトゥの複合ぽいですよね...?《マルディシオン》だけかと思ってたので驚き、真面目にノスフェラトゥデッキに《セールス》を採用する日は近いのか!?

《誘引の滑走レイバック》
20/黒/ノスフェラトゥ/10500
[常]あなたのトラッシュにある[ノスフェラトゥ]1枚につき、あなたの手札にあるこのカードのコストは1減る。ただし、6以下にならない。
[自]このカードがプレイされて登場した時、「誘引の滑走レイバック」以外のあなたのトラッシュにある
コスト6以下の[ノスフェラトゥ]を2枚まで選び、リブートでゼクスのいない◎のスクエアに登場させてよい。
  ◎□◎
  ◎◎◎
  ◎◎◎
        ▲ 
 p15_004
一番最初に目に行くのはやっぱりコスト20という驚異のサイズ!一番目のコスト軽減効果を読めば「ああ..なるほど」って思いますがZ/XRらしいインパクト。とりあえずノスフェラトゥらしいトラッシュを増やしたらいいよってカードです。得られる効果の方は6コスト以下のノスフェラトゥ2体の蘇生!大型をバーンと三体並べれるのはなかなか派手な感じです!プレイされてしか効果は使えないよって書いてあるので素直に回収して手札するのが良さそう。一応《虚無カースドソウル》だとトラッシュからプレイできますがとても20コストは払えません。制限はいろいろついていますが蘇生先の層は厚く、新名称もでてきたので今後も楽しめるカードなのではないでしょうか。

【長所】
・一枚で三枚以上展開できる
・自身のパワーがそれなりにある
【短所】
・条件を満たすために種族と色が偏る
・コストが大きく扱いにくい

 【相性の良いカード】 
《不気味な歯科医デンタルドクター》
破壊される必要はありますが、トラッシュのカードをコスト不問で回収できるのは魅力。こいつを一緒に出すことで破壊すると次も《レイバック》を出してやるぞとプレッシャーをかける動きができます。《カレント》など生贄を確保できるノスフェラトゥは多いので種族濃度は薄まりますが自壊させれるカードを入れておくと腐りにくくなりそうです。こいつか《アサルトコープス》はデッキ上欲しいですよね!しかし、ノスフェラトゥってコミカルなカードと怖いカードの絵の差が極端ですよねー。レイバックさんすごく...普通の女の子...です。
 B14-067-00_m

《実力派クローザー ウィンドミル》
登場時にスリープすることで確定除去できるゼクスですね。トラッシュの制限ついていますが《レイバック》のコスト上、踏み倒したあとに7枚のトラッシュもないっていうのは殆どないはず。このカードのいいところはパワーもそこそこで空いたスペースに置いても離れた場所のゼクスを破壊できることですね。トラッシュさえ確保できれば手打ちしても頼りになる子だと思います。絶界はどうしょうもないですがそちらは高パワーの《クリミナルチェイン》や全体パンプの《ダークネスシャドー》に任せてしまいましょう。ウィンドミルは可愛いのでおすすめです←
 C11-020-00_m

●トラッシュ増やす系カードたち!
レイバックだけでなく蘇生先もトラッシュを要求してくるカードが多いので、トラッシュ肥やしのカードは数枚採用したいです。
 B03-070-00_mB07-070-00_m
ノスフェラトゥデッキの核なるのが《デュラハン》と《スケルタルブシドー》の二枚。安定差を求めると単品のパワーと枚数が多いブシドーの方がいいですが、種族デッキで枚数求めるなら一気に増やせるデュラハンもいいですね。やっぱりこれらのカードはESと相性がいいのは周知の通り。展開するカードがやや多めになると思うので出張するとしたら破壊やバウンスのカードがおすすめです。地味にESイベントは回収&蘇生先仕込めて強いかもですね、私は青を足し《漆黒のローレンシウム》を入れて《レイバック》で囲んでボコすみたいなのを計画しております。最低でも青黒で計10コストはきついかな。

新年の挨拶&お正月公開カードについて

皆様、新年明けましておめでとうございます。
内容の濃い記事を書きたいなと思っておりますので、今年もよろしければお付き合いください。 さてお正月らしく新装!っていうのはやってみたかったのですが時間足りなかったので、代わりに元旦に公開されたカードについて触れていきましょう。両方15弾のゼクスレアぽいです

《極麗六鳥 迦陵頻伽》
5/赤/ミソス/7500
[自]このカードが手札から登場した時、あなたのプレイヤーが「蝶ヶ崎ほのめ」であり、ゲームから除外されているあなたのカードが10枚以上あるならば、ゲームから除外されているあなたのコスト7以下のゼクスを1枚選び、リブートでゼクスのない◎のスクエアに登場させてよい。ターン終了時まで、あなたはカード名が「極麗六鳥 迦陵頻伽」の能力をプレイできなくなる。
  ◎□◎
  ◎◎◎
  ◎◎◎
     ▲
 card_160101_1
ほのめ&頻伽のコンビが好きな人にとっては朗報なカードですね!ほのめは赤の除外ゾーンを扱うのが上手いプレイヤーになりそうかな。除外からの展開ってだけでワクワクします。効果使用後の制限についてはアムニスループとか考えると妥当なところ、プレイヤー指定なので《アクターレ》使っても逃げ道はなさそう。今までの7コストの《麗の妙声鳥 迦陵頻伽》とは除外のコストあり&お互い展開できるので相性はばっちり。15弾には除外できるスタートカードや手札から除外してイベントのように使えるカードなど各色に出る予定なのでいろんな色とも混ぜれそうです。私は《マトゥール・ジェルフ》と組み合わせようかなっと思ってます。自身は出せないですが《ハジェス》《ハトゥム》は展開先として悪くないはず....今回一種類増えますし面白い動きできないかなぁ。


《気まぐれ王ミケ》
6/白/ケット・シー/9000
[起](手札にある[ケット・シー]を1枚トラッシュに置く。)ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選び、ターン終了時まで、パワーを-4000する。この能力は1ターンに1回しかプレイできない。
[起](スクエアにある[ケット・シー]を1枚トラッシュに置く。)カードを1枚引く。(コストはあなたのゼクスでしか支払えない。)
[起](トラッシュにある[ケット・シー]を7枚ゲームから除外する。)ノーマルスクエアにあるゼクスを1枚選び、ゲームから除外する。
 card_160101_2
sampleの文字が邪魔でミケ王のお顔は拝見できないのが残念ですが、たぶん可愛い。ケット・シー待望の種族カード。こちらも面白そう。いあーしかしながらコスト払い方が(手札、スクエア、トラッシュ)っていうのは同時に狙いやすくていいですね。
 ①番目の効果はパワー低下。一ターンに一度しか使えないのは残念ですが、核のカードに自己防衛が付いてるのはそれだけで評価できます。何よりパワー低下自体腐りにくい。 新セットカードの《レシーブ》などドローソースはしっかり欲しいですね。相方の《キューダ》はケット・シーですし、悪くないんじゃないでしょうか?
 ②番目の効果はスクエアのケットシーをトラッシュに置いて、ドロー。こちらは回数制限ないんですね。リソースさえあれば、殴って撤退というコンボがし続けられるので地味ながら強力な効果だと思います。特別スリーブとかの指定もないですしね。ミケ王自身やプレイヤースクエアも対象に取れるよっていうのは覚えておきたい。びみょーに次の効果アシストしてますね。
 ③番目の効果はトラッシュから除外コストに相手のゼクスを除外できる。こちらも回数制限はないですが、コストは重そう。一番目の効果と合わせて自衛能力二つ目ってそうとう硬いんじゃ。コストさえあれば強引にミケ王残すことができそうです。

二枚並べて紹介しましたがミケ王と新《迦陵頻伽》は両方除外扱うので頑張れば組み合わせられそうですね。ケットシーデッキにもうひと押し欲しいって思ってたところなので、特にミケ王は使いたい!今年もよろしくお願いします~では
最新コメント
メッセージ

ブログ管理者に非公開でメッセージを送れる機能です。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ