ホロから始まるZ/Xブログ

「折角出たし、このホロでデッキを組んでみるぜ」 って思うそんな人のゼクスのブログです。

2015年12月

15弾「怠惰の使者ファオルペルツ」

クリスマスは平日でした!という事で次弾のSRの考察をしていきますよ。今回取り上げるのは使者シリーズの一枚《ファオルペルツ》。ぱっと見ぬいぐるみぽいのでトーチャーズと思いましたが、プレデターのようですね。ちなみにファオルペルツっていうのはドイツ語で怠け者って意味みたいです。イラスト見る限り、下着が舞ってます、スカート捲りをするズィーガーさんとは気が合いそうですね。ファオルペルツ!!そこ邪魔だよどいて!

《怠惰の使者ファオルペルツ》
2/黒/プレデター/2000
[起]<赤1 青1 スリープ>あなたのデッキの1番上のカードをチャージに置き、
ノーマルスクエアにある相手のコスト5以下のゼクスを1枚選び、ゲームから除外する。
その後、あなたのデッキの上から3枚見て、好きな順番でデッキの上に戻す。
B15-063-01_m
赤と青の二色が追加で要求されますが、単純に考えて計4コストで5コスト以下の除外は悪くない。ついでにデッキトップも操作できるので決まれば次のターンも安定して立ち回れそうです。赤青黒というとESが強いので特に有効に使えそうですね。またIGの成功はチャージの増やしやすさや生贄確保にも直結するので黒のカード主軸のデッキでも潤滑剤としていい思います。やっぱ2コストの故の扱いやすさが魅力でしょう、かなり便利そうですが低パワーを晒してしまうので、守りが薄くなりがちなのは注意ですね。なかなか器用なヤツだと思います。

【長所】
・低コストなので回収や展開手段が豊富
・計4コストで5コスト以下の除外ができる
・不発になりにくいデッキ操作
【短所】
・赤と青の二色縛りがある
・単騎では破壊対象が少ない低パワー

 【相性の良いカード】 
《冥術師スケルタルアルケミスト》
何かと便利なアルケミストさん。キャシーがリソースの要求にされますが、場持ちの良さから前のめりな《ファオルペルツ》の脆さをある程度補ってくれます。自軍側においても、ターンを跨いでも活躍できるので、蘇生先としてはなかなかいいと思います。15弾は効果持ちIGが多数でるのでさらに活躍してくれそうなカードです。
 B14-073-00_m

《滑翔する追撃者ゲシュヴィント》
同じプレデターなのはもちろん、コイツが居ると除外と戦闘破壊を広げられるので相性は悪くないはず。パワーを下げる効果は赤のダメージを、コストを下げる効果は青の《キリア》等の対象広げられるサポートにもなります。種族デッキ以外でも活躍できる子ですが、単品で使うと殴りが11000のゼクスで終わってしまうことが多いので、組み合わせできるように運用したいですね。コストを下げるという点では色的に青イェーガーとかも相性良さそうな感じ。
B12-074-00_m

●ソリトゥスにまた新規!
 《六花のソリトゥス》
2/黒/ディアボロス/3000
[常]ゼロオプティマ1(あなたのリソースにイグニッションアイコンを持つカードが1枚以上ある場合、以下の能力が有効になる。)
"[自]このカードが登場した時、このカードをスリープする。スリープしたならば、以下の効果を解決してよい。"あなたのプレイヤーが「天王寺飛鳥」の場合、「六花のソリトゥス」以外のあなたのトラッシュにあるコスト5以下のゼクスを1枚選び、手札に戻す。""
B15-064-00_m
 雪景色バックの綺麗なソリトゥスさん。飛鳥の色的に《天使の休日リアン》とはを回収しつつ、手札コストも確保できるのでなかなか強い動きできそう。今回はリソースのセットカードが増えるということなので、それらのパーツを集める要員にしてもいいですね。ディアボロスなので普通の種族よりも使ったあとコストにしやすいのもGOOD。ゼロオプティマのたったの1枚なのでプレイヤーが飛鳥であればかなーり条件緩いですよ。飛鳥はパートナー二人いてズルい。

●コラボのお話
0283_pr
そういえばWIXOSSとコラボするみたいですね。実はあきらっきー好きなのでピルルクのデッキはとりあえず持ってるんですよねー。
向こうは女キャラしか出さないコンセプトだったはずなので、女体化したズィーガーとかティラノとか見れるのかな。 それこそソリトゥスは出て欲しいかも。とりあえずZ/X側にピルルクが来るようで嬉しい。アニメの子だけど《あきらっきー♪》っていうイベントカードでないかな。TCG同士のコラボってどんな風になるんでしょうか?楽しみです。

15弾R以下の気になるカード5選

最近、忙しくて更新遅れてしまいました。私がサボってる間にいつもの先行公開や生放送で何枚か判明してますね。今日はR以下のカードを各色一枚ずつピックアップしていきますよー。カード枠のデザイン変わってからパワーカード増えた印象あります。

 
《緋色の海鳥グリードガネット》
5/赤/ギガンティック/6000
[起]<スリープ>あなたのリソースに「軽快笛モーエ」がある場合、スクエアにあるあなたのゼクスを1枚選び、破壊する。破壊したならば、ノーマルスクエアにあるコスト5以下のゼクスを1枚選び、6000ダメージを与える。この能力はこのカードがリソースにある場合にしかプレイできない。
 B15-012-00_m
リソースから起動効果が使える新しいセットの一枚ですね。自壊効果大好きな私としては見過ごせません。自壊効果自体カード消費が激しいのでリソースから使えるってだけで抑えられるのはありがたいです。何よりリブートで残すだけなので本当に好きなタイミングで使えるのはとてもいい。生贄確保用に前弾の《カグツチ》などのウィニーを撒けるカードやリソースリブートできるカードと合わせて使うと運用しやすくなりますね。特に《マスプロトロン》は手札補充、リブートと欲しい効果が揃ってます。ダメージ対象にコスト制限がついてるのがネックですが、このカード立たせておくだけでかなりプレッシャーある筈。

《軽快笛モーエ》
6/青/マーメイド/9000
[自]あなたのゼクスが登場した時、あなたのリソースに「緋色の海鳥クリードガネット」があるならば、
ノーマルスクエアにあるバトル中でない相手のゼクスを1枚選び、ゼクスのないノーマルスクエアに置いてよい。この能力はこのカードがリソースにある場合にしかプレイできない。
 B15-034-00_m
さっき紹介した鳥の相方です。このカードを一目みた感想としては「この子可愛い」「え!?起動効果じゃないんだけど...」でした。《ノンノ》とは違い自分のカードは動かせないですが、1ターン1度とか制限ないのは強くないですかね?加えて相手のターンも使えるので展開系カードを防御手段のようにも使えるかもですね。自分のゼクス出すたびに相手のカードを触れられるので非常に攻めやすくなるでしょう、相方と合わせて非常に攻撃的。ゼクスらしい強さが詰まったセットです。ただ他のセットと比較すると枚数を増やすような効果はないので何かしらドローソースは確保したいところ。いやー、めっちゃ使いたい!一行で否定しましたが効果はもちろん見た目もストライク!

 《イヴィルベイン ガンケル》
7/白/ガーディアン/9500
[常]ゼロオプティマ3(あなたのリソースにイグニッションアイコンを持つカードが3枚以上ある場合、
以下の能力が有効になる。)
"[自]相手のコスト5以下のゼクスが◎のスクエアに登場した時、そのゼクスをスリープしてよい。"
  ◎□◎
  □□□
  ◎□◎
     ▲
B15-056-00_m
登場時に相手をスリーブさせるのは他のTCGだとよく見ますがゼクスでは初だったと思う。ゼクスの防御手段としてあえて破壊しない方が強いいうのは少し触ってる人ならば分かるはず、中央制圧できればかなり硬いと思います。スリープ限定ダメージの《サウファ》のサポートにしたり、スリープをコストにするカードの妨害をしたり防御手段以外にも活躍してくれそうな感じがします。こいつ単体というよりも「登場時にスリープさせる」の効果に注目です。使用感どうなんでしょうか?気になるカードです。面白そうなコモン第一弾!

《壊滅の疾走バーンツーク》
 7/黒/プレデター/10500
[常]ゼロオプティマ3(あなたのリソースにイグニッションアイコンを持つカードが3枚以上ある場合、
以下の能力が有効になる。)
"[自]このカードかあなたの[プレデター]がバトルで相手のゼクスを破壊した時、「壊滅の疾走バーンツーク」以外のあなたのトラッシュにある[プレデター]を1枚選び、デッキの1番上から3番目に戻してよい。(デッキが1枚しかない場合、1番下に戻す。)"
card_151217
 やったぜ!プレデターに愉快なサポートがきた!ということでチョイス。3番目に仕込めるのでIGが狙えるのか、ふむふむ。ESが存在しないのが非常に残念ですが、プレデターのライフリカバリーもヴォイドブリンガーも本当に強い子ばかりなので選択肢には困らないと思います。特にイグニッション限定時の《シュラハト》と《ツァッケ》は運用しやすくなりますね。仕込み以外にもドローソースと絡めて《イェーガー》等のパーツ回収として使ったり、単純に戦闘破壊でデッキに戻せるのが除外回避だったりデッキ切れ防止だったり活躍してくれるかもしれません。面白そうなコモンその2。

《倉庫を漁るチャービル》
 4/緑/リーファー/6000
[常](チャージにあるカードを2枚トラッシュに置く。)あなたのトラッシュにあるカードを一枚選び、リソースにスリーブで置く。
card_151218
すごい悪いことしそうなカード...いや倉庫漁ってるドロボウなので設定も悪いですが....。チャージ二枚は軽いとは言えないですが、トラッシュからリソースにおけるのは《ノーブルグローヴ》の特権だと勝手に思ってたので衝撃的でした。リソリンや新しいリソースのセットカート達と組みわせるのもよし、ゼロオプティマの補助にもよしです。効果がシンプルなのが非常にいいですね。リソブというよりどちらかというとリソース調整用のカードみたいな印象ですかね。コントロールやゼクスレアデッキなどで幅広く活躍しそう。コモン三連星の最後を飾るにふさわしいカードでした。  

15弾「黒剣八魂 告死剣マルディシオン」

今回はひっそりと追加された新プレイヤー《イリューダ》のパートナーの《マルディシオン》紹介です。黒のゼクスの最大パワーで且つ二種族というステータスに目が行くカードですね。黒と金がベースの正統派な暗黒騎士ぽいお姿、私こういうの好きです。トーチャーズとノスフェラトゥは親和性高そうな種族ですが、これからもでるんでしょうかね。

《黒剣八魂 告死剣マルディシオン》

8/黒/トーチャーズ ノスフェラトゥ/11000
[常]ゼロオプティマ4(あなたのリソースにイグニッションアイコンを持つカードが4枚以上ある場合、
以下の能力が有効になる。)
"[起]<チャージにあるカードを2枚トラッシュに置く。>あなたのプレイヤーが「イリューダ・オロンド」の場合、ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選び、破壊し、相手は自分の手札にあるカードを1枚選び、トラッシュに置く。この能力は1ターンに1回しかプレイできない。"
B15-078-01_m
ゼロオプティマとプレイヤー指定がありますが、ハンデス&確定除去のはチャージ二枚分の価値は十分はあると思います。自ターンと相手ターンで二回起動できれば手札も場もずたずたにできるでことでしょう。用意に攻撃して発動権渡すとハンデスされてしまうので使われたら困りそうなカードかも。チャージコストのカードには珍しく1ターン1回の制限があるのは注意。冒頭で触れましたが複数種族なのもいいですね。特にトーチャーズは比較的サポートカードが多いので恩恵を受けられそうです。かっこいいので使おうかなと考えてるカードです.

 【長所】
・高パワー&二種族でステータスがいい
・手札と場の両方に干渉できる
【短所】
・踏み倒ししにくい8コスト 
・ゼロオプティマの制限
・プレイヤー指定がある

【相性の良いカード】 
《営業骸骨スケルタルセールス》
8コスト以上はどうしても回収する手段が限られてしまいますが、トーチャーズなのでこいつを使うことができます。選択肢を広げるために何種類かトーチャーズは採用したいところ、IGだけでもゼロオプティマのサポートができて良いのかも。6000の低パワーがやや怖いので《デススミス商会展示会》もありかも。もうちょっと種族サポ欲しいですが、《マルディシオン》のお陰でノスフェラトゥ単でも彼が使えるようになりましたね。
B05-067-00_m

《飛びかかるクロコダイルシェアー》
赤のカードを採用する必要があるものの、自壊でチャージを稼ぎつつハンデスできるのはマッチしていますね。バウンスや除外などされてしまうとどうしても思うように溜まらないことが多いので自分からチャージを増やす手段は欲しいところ。《アビッソ》でも採用するだけで運用がぐっとしやすくなると思います。15弾は多色推奨ぽいのでこういうカードがちょっと使いやすくなるかもですね。
B11-071-00_m

●リソースからハンデスできる!
 
《ブンブンするシャーロット》
5/黒/トーチャーズ/7500
[起]<黒1 スリープ>あなたのリソースに「金満甲虫ピエニードローン」がある場合、相手の手札にカードが2枚以上あるならば、相手は自分の手札にあるカードを1枚選び、トラッシュに置く。この能力はあなたのターンにしかプレイできず、このカードがリソースにある場合にしかプレイできない。
B15-074-00_m
リソースからハンデスできるのは非常に強力っていうか安定して決められると相手としては非常にきつい。こちらもフリーカードのセットカードと同じくリブートすれば再び使えると思います、特に相方が緑なのでこちらの方が色的に狙いやすいかな。今までのリソースリンクと違ってメインに発動できるのでバウンス⇒ハンデスのような動きがとりやすいのもいいですね。このセットシリーズ強そうですね
最新コメント
メッセージ

ブログ管理者に非公開でメッセージを送れる機能です。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ