ホロから始まるZ/Xブログ

「折角出たし、このホロでデッキを組んでみるぜ」 って思うそんな人のゼクスのブログです。

2015年11月

15弾「双醒真輝サイクロトロン」

まだ14弾のSR触れきってないのですが、新サイクロトロンがデータベースに追加されたということで考察していきましょう。固有能力かわからないですが新ワードの「Infinite Solitude」は直訳だと無限の孤独。なかなか超くんらしい名前じゃないでしょうか。ゼクスのロボって漢くさいのかっこいいですよね。

《双醒真輝サイクロトロン》
6/青/メタルフォートレス/9000
[常]ゼロオプティマ3(あなたのリソースにイグニッションアイコンを持つカードが3枚以上ある場合、以下の能力が有効になる。)
"[常]あなたのプレイヤーが「雷鳥超」の場合、あなたの手札にカードが4枚以上あるならば、このカードはイグニッションアイコンと以下の能力を得る。
"[自]Infinite Solitude(このカードが登場した時、このカード以外のスクエアにあるあなたのゼクスを好きな枚数選び、手札に戻してよい。)""
B15-035-01_m
 あれ?すごい強そうっていうのがパッと見の印象 。一つ目は《ヘルソーン》のような大型のIGになれる効果ですね。手札制限があるぶんやや不安定ですが、その分早く揃えられるのは魅力です。青はデッキトップ操作できるカードが何枚かあるので組み合わせると面白いかも。二つ目は「Infinite Solitude」っていうセルフぼっち効果ですね。この効果があるおかげで手札に握ってもバニラで終わらないのがいいですね。連続攻撃に使ってみたり、登場時効果を使いまわせたりできそうです。

【長所】
・IG持ちの大型ゼクス
・パワー査定が緩い
・コンボの自由度が高い自軍バウンス効果
【短所】
枚数アドが取りにくい味方バウンス 
・条件がやや不安定
・プレイヤー指定がある

【相性の良いカード】 
《ライトニングリボン ベスタ》
デッキトップ操作のカードの一枚です。リソースに必要な
相方がIGなのでゼロオプティマを気にするデッキなら自然に満たせるんじゃないかなと思います。手札枚数もある程度必要としてくるのでドロー効果のあるIGを採用して間接的にサポートしてあげる運用も良さそうですね。ゼクスなので《双サイクロトロン》で回収してあげるさらに活躍させられるかな
B14-032-00_m

 《古の夜陰 鵺》
個人的に組み合わせたいのがこのカード。ゼクスを手札に戻す効果を生かすならコスト軽減、やっぱり連続攻撃というのはしたい。もう一方の《絶界シンクロトロン》も恩恵受けれるので、相性が悪いということはないはず。追加コストでドローできる《ゴルシルバ》あたりを採用するとドローサポートになりつつも軽減効果が生きるのでいいかも?
B13-018-01_m

●新しい普通枠の青イグニッション!
 《マシンブレード イルーダ》
3/青/バトルドレス/4500- IG
[自]このカードがバトルで相手のゼクスを破壊した時、あなたのチャージにあるカードを1枚選び、トラッシュに置いてよい。置いたならば、カードを一枚引く
B15-024-00_m
チャージ1枚をコストにドローは決して安くはありませんが、チャージを扱うのにやや不得意な赤青あたりのデッキカラーだと便利な子だと思います。最近特に3コストを扱えるカードが増えているのでそのあたりのカードと組み合わせみるのもいいかもですね。非LR非VBなので採用しやすいのがいいですね、とりあえずキープしておきたい一枚。チェーンソーはやっぱりドリルと並ぶロマンの武器でしょう!ピックアップ理由正直これです!

聖女の願い&龍王の野望ピックアップ

お久しぶりです。フリーカード公開されましたね、前回と同じく期限付きの代わりにSRが惜しげもなく使われてるデッキになってました!フリーカードも遂に三色構築ですか...タッチ黒というのが個人的に驚きました。久々の更新なのでピックアップと付いてますが新カード一通り触れていきたいと思います。

《イヴェルベイン ムランジェ》
4/白/ガーディアン/6000
[自]このカードが破壊された時、あなたの手札にあるカードを一枚選び、トラッシュに置いてよい。置いたならば、あなたのチャージにあるコスト3以下のゼクスを一枚選び、スリーブでゼクスのいない◎のスクエアに登場させる。
  □□□
  ◎□◎
  □◎□
       ▲ 
 F21-005-00_m
 どこかで見たような効果だなと思ったら小型版《クィーンケィツゥー》ですね!展開できるコストは狭まった分、《ムランジェ》自身が軽いので扱いやすいのがいいと思います。序盤の守りや《ダームスタチウム》などのコスト確保などが主な利用方法になりそうかな。《アルキュミア》とはコスト確保要因としても展開先としても相性いい印象。手札コストが必要なのが注意ですね。
 
《プロプレイヤー キューダ》
4/白/ケット・シー/6000
[起]<白1 スリープ>あなたのリソースにカードが6枚以上あり、その中に「打ち返すレシーブ」があるならば、あなたのチャージにあるコスト3コスト以下のゼクスを1枚選び、リブートでゼクスのない◎のスクエアに登場させる。この能力はこのカードがリソースにある場合にしかプレイできない。
  □□□
  ◎□◎
  ◎◎◎
   ▲
F21-006-00_m
 リソースからコストを払うタイプのセットカードですね。自身スリープ+白1なので実質2コストでチャージから3コストをプレイできるってことで良いのかな?起動効果で且つ1ターンに一度とは書かれてないのでリブートやターンを挟めば何度も使えるのがよさそう。リブート効果を持ったゼクスがさらに活躍してくれそうです。 特に《花梨》は3コストなのでオススメしたい。

《打ち返すレシーブ》
5/黒/トーチャーズ/7500
[起]<無1 スリープ>あなたのリソースに「プロプレイヤー キューダ」がある場合、あなたのトラッシュにあるコスト3コスト以下のゼクスを1枚選び、手札に戻す。この能力はこのカードがリソースにある場合にしかプレイできない。
F21-009-00_m
 《キューバ》の相方の子ですね。地味ながら追加コストは色問わずなのが混ぜやすくてありがたいです。3コストの回収はウィニー主軸のデッキはもちろん、単純に手札コストがあるものと組合わせても良さそう。レシーブ+1コストで手札増えるのは便利な気がしますね。《マエロル》なんか運用しやすくなるかな?最近ウィニー関連のカード多いですね、非常にIG枠やスタートカード迷いそう。フレイバーテキスト可愛い。

《八大竜王 和修吉》
5/緑/ホウライ/7500
[起]<白1黒1 スリープ>ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選び、デッキの一番下に置き、「八大竜王 和修吉」以外のあなたのトラッシュにあるコスト7以下のゼクスを1枚選び、手札に戻す。その後、あなたのデッキの一番上のカードをリソースにスリープで置いてよい。
F21-012-00_m
ゼクスに触れる前からギリギリ名前を知ってた《和修吉》さん。勝手にマッチョなオヤジを想像してました。多色を追加要求するカードだけあってかなり効果が豪華。デッキボトムの確定除去に加え手札を増やせるのでアドバンテージに差をつけやすいカードだと思います。さりげなくリソースを置く効果が強制じゃないのも自分で調整できていい。黒はESやリソリンなどで比較的タッチしやすいので運用するなら緑白t黒が基本構築になりそうかな。コストが確保できるならかなり強力なカードと思います!

《和修吉》さん豪快だなっていうのが一目見た感想でしたね。新しいセットカードもでますし、今回は多色がキーワードになりそうな弾ですね。

15弾「起動!超神器」

まだ14弾のカード堪能しきってないのですが、15弾の告知がされましたね。パックタイトルがストレート過ぎです!

15_visual
《超》くんが決めポーズで写っています。絶界という安定した能力で人気のプレイヤーでもありますね。カラーリングも黒紫から黒黄にかわりましたがサイクロトロンかっこいいですねー。少しローレンシウムに似せたのかな?非常に楽しみです。それはよいのですが、新登場の《イリューダ》さんの扱いちょっとひどくないですかね。少しくらいパッケージや名前に影響してもいいと思うのですよ。パートナーは《黒剣八魂 告死剣マルディシオン》の様で、応募してもらった冠詞が付いているぽいですね。ノスフェラトゥ?トリッキーな能力が多い種族なので予想しにくいですね。


先行公開の中からまた一枚ピックアップ。

《望遠のテレスコラ》
4/白/エンジェル/6000
[起]<白1 このカードをゲームから除外する。>
ノーマルスクエアにあるゼクスを1枚選び、ターン終了時まで、パワーを-2000する。この能力はこのカードが手札にある場合しかプレイできない。
b15_051
手札からイベントのように使えるゼクスみたいです。シリーズ化がしそうな雰囲気がありますね。除外されてしまうので白色に限ってはイベントの方が再利用しやすいかも。とはいえ後攻一ターン目に使えたりやゼクスとしても仕事ができることを考えるとありな気がします。イベントと違って種族を持っているのでその辺も生かせるといいですね。

東海ヒロイックサーガ参加してきました。

先日行われたランブルに参加してきましたよ!普段身内なので数多くのデッキと触れ合えるのは本当にありがたい。毎回皆さん新カード満載のデッキ使ってて面白かったです。対戦してくださった方ありがとうございました。ちなみに、今回は以前紹介したイースターデッキに14弾のカードで改良したものを握っていきましたよ。思ったより好感触だったので調整していきたいですね。対戦中に気になったカード達を今回はピックアップしつつ感想を述べていきたいと思います

その1《ロウブリンガー アネート》 
B14-055-00_m
 絶界+パンプアップは想像以上に硬いですね。このカードに加え《シンクロトロン》《水着Type.X》並ぶという絶望的な盤面も見かけました。今後は安全に処理する....というより詰まないように《ピュアフロン》や対象に取らないカードは何かしら欲しい所。私のデッキでは《ハジェス》さんが全体バーンを打てるのでかなりお世話になりました。環境的に押したい子ですね。攻撃を挟む必要のある《トリシューラ》とは一長一短といった感じです。その他では《漆黒のローレンシウム》なんかも現実的になったよね~と現地の人と話しておりました。今回の注目レアの一枚ですね。

その2《高秋のロトンヌ》 
B14-050-00_m
 この子も白の採用率を上げてくれた一枚だと思います。チャージと入れ替わり殴ることで連続攻撃ができるのは頼もしい。シンプルに登場時効果や他の有用な5コストを使いまわせたり非常に苦しめられた気がします。5コストっていうのは中核担うカードが多いので今後も見かけるカードになりそうですね。今回の白のレア全体的に強力なカードが揃ってますね。白同士で《アネート》ミラーになった時とか打開策として活躍してくれるのかな?

その3《尽瘁する手突槍 山桃》
B14-087-00_m
《クーガー》さんのコストを確保するためだとか、デッキを回すための仲介役だとか、《サウファ》状況下でダメージを稼いだり。対峙すると思ったより活躍が目立った子でした。似たような動きが《マスプロトロン》できますが、この子も強かったですね。緑なので《マレイン》の恩恵が受けれるのがグッドです。折角ホロが当たったので自分も参考にして使ってみたいと思いました。イラストはかなり好き()

SRは個別ページでまた考察するので、R以下だけピックアップでした。《クーガー》とか《アスモデル》とかかなり強かったよ...。久保田Pさんも会場で言ってたのですが白の採用率とイベントの採用率がやや上がった印象ですね。3コスト以下の展開手段が非常に増えた弾だったので効果持ちが多くバニラIGも重要だなと感じました。一層IG枠に悩まされそうな環境ですね。
最新コメント
メッセージ

ブログ管理者に非公開でメッセージを送れる機能です。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ