ホロから始まるZ/Xブログ

「折角出たし、このホロでデッキを組んでみるぜ」 って思うそんな人のゼクスのブログです。

2015年07月

ジェネラルブラッドさんを決めたい

公開されてからだいぶ経ってますが、まさか、ジェネラルブラッドの専用カードが出るとは思いませんでしたね。イラスト自体はかなり好きなのでデッキ組めないかなとレシピを考えてみました。ホロが綺麗だったのでついつい買ってしまったのがあったり・・。プレイヤーは指定なしです。

 38ba5f9d2db249dd01fe8e3e1febcfb7

【デッキ解説】
序盤は腐って埋めた《サングインフィースト》を回収して後半使おうというコンセプトで組んでみました。高パワーゼクスの登場と破壊を僅か4コストで行えるのはシンプルながら流石専用カードの強さです。序盤から《スケルタルブシドー》《縷紅草》をつかって一早く、トラッシュが13枚以上になるように目指していきます。《縷紅草》は残れば毎ターン2枚のトラッシュを増やせるのと《ジェネラルブラッド》を探しに行くのに便利かなと思い採用。他の新カードの《ボーンホエール》《菖蒲》を回収する要員として、《セルヴィア》は多面処理と選択肢を増やすために入れてみました。

【百日紅採用について】 
さらにトラッシュを増やせるだけでなく、《スケルタルブシドー》効果で落ちればリソースブーストのように使うことができます。リソースを一回経由して落とせるので、《サングインフィースト》などのキーパーツはしっかりリソースにキープしておきたいですね。トラッシュを肥やすノスフェラトゥと噛み合ってると思う一枚。

【フーカ採用について】 
トラッシュが増えた後、イグニッションによるデッキリロードを避けたいのでチャージを消費する手段として入れてみました。ややパワー不足な感じがあったのでそこを補っていければいいかな。今のところノスフェラトゥ参照のカードは《エクダリオン》のみなので気にしなくてよさそうなら《百騎兵》とか積んでもいいかも。

ちょっぴり気が早いですが、もう少しとラッシュ肥やしに特化させてEXパックの《カレント》はぜひ入れたいですね。 攻撃力がぐんとあがりそう。こういう重戦士はドラゴンやロボと同じようにロマンを感じるモンスターだと思うのですよ。

13弾発売直前の振り返り

いよいよ、明日発売ですかー。フライングとかはしないので普通に明日入手することになります。前日ということで気になったことを上げつつさらっと振り返ってみます。

13_visual


●カードフレームやホロ仕様など変わった!
一番大きいのがこれですね!画像はたくさん出てきてますが実物混ぜ合わすと、感じとかどうなんだろうっていうの今弾の一番気になるところです。通常のホロ加工楽しみですねー。リスト振り返ってみてみると新規イラストレーターさん多いですね。ゼクスの転機の弾になりそうです。

●待望の新規龍膽さん!!
存在感あるカードばかりで忘れそうになりましたが今弾の看板ゼクスです。唯一プレイヤー指定あるのでお値段はそんなに高くならなさそうですが、性能は破格だと思うんですよね。研究進めば、もっと化けそうな感じがします。他の緑プレイヤーも強力なので選択結構悩みそうですね。

●その他のSRカードについて
やっぱり、IG持ちだと枚数いるので《ケィツゥー》はどうしても一番高くなっちゃいそうですよね。次点は《セルヴィア》とすごく迷いますが、類似カードがあんまりいないので《バーネット》の方がやや高そうかな?。SRの中で個人的に使いたいのが《鵺》です。紹介記事に書いた《ボーリング》と組み合わせたいのですが、上手く組めるかなー。

●ゼロオプティマ以外も結構強い!
ゼロオプティマの弾だと思っていたのですが、蓋を開けてみるとそれ以外のカードつよいじゃありませんか!自壊系の効果は大好物なので、《アルキュミア》がすごく欲しいです。この子のホロ出てくれると嬉しいんだけどなぁ。

最近はずっとカード考察の記事ばかりだったので新カード使ったデッキレシピを公開していきたいですね。次回は開封結果の報告とこのホロ使うぜっていうの決めたいと思います。そういえばZ/Xレアって掘り込み加工があったと思うのですがそのへんはどうなったんでしょうかねー。

13弾レア以下ピックアップ

いよいよ来週発売ですね。今まではSRの考察がメインだったので、今回はレア以下について個人的に気になるものをピックアップしていきます。各色一枚ずつ行きますよー。


《詩人騎士タンホイザー》
《アテナ》と同じく効果ダメージにも対応しているのが非常にいいですね。新戦力の《ザッハーク》や大型版卑弥呼の《ダルタニアン》あたりと組み合わせると楽々制圧できてしまいそう。自身は恩恵受けれないですが、2コストのゼクスなので何かと使い勝手が良さそうです。とりあえず非常に強力なブレイバーのサポートカードだと思います。
B13-001-00_m

《エクサハンマー ファイ》
青のパワー系カードは珍しいですね。手札三枚以上からアタッカーとして信頼できる数値になります。ドロー系のカードはもちろんのこと、一時的に手札を増やせる《ダームスタチウム》や消費を抑えられる《ソリトゥス》などの蘇生系を採用しているのであれば結構使いやすいんじゃないでしょうか。後攻であれば序盤に活躍できそうなのもいいですね。プレイングに影響される部分が強いですが、使いこなす価値はあるカードだと思います。
B13-030-00_m

《名誉のオヌール》
最近強めのカードが多すぎて少し麻痺してきましたが、プレイヤーにも入る全体低下はやっぱり強力。パワー参照のサポートや使い捨てのアタッカーとして使いやすそう。13弾にはパワー低下をばらまくことができるカードが多いのでそれらと組み合わせたいですね。12弾から11000意識しているなぁと感じる一枚でした。
B13-056-00_m

《焼き払う炎ニーダーブレン》
ゼクスオンリーの回収ですが、選んで置けるのはいいですね。戦闘破壊時なので相手に妨害されてしまうかもですが、少なくともスタートカード等は再利用されたくないと思うのでなかなかプレッシャーのある攻撃ができそうです。序盤のチャージ補給に終盤のコンボ用員として活躍が期待できるカードです。この性能でアンコモンいいですね。
B13-067-00_m

《巧緻な金槌 縷紅草》
手動の《百日紅》の様な効果はゼロオプティマや《ウェアアントラー》のようなリソースが条件になっているもののサポートに良さそうですね。リソリンとも相性がよく、リソースインして効果が発動したり、墓地に落として再セットなんていうのも狙えそうです。色調整やリソースの展開先がない場合など、意外と便利なカードだと思います。
B13-082-00_m

ゼロオプティマ以外にもなかなか使い勝手良さそうなカード多いですね。ホロの使用が全体像映るようになるので非常に楽しみ。《グローアップ!》《サングインフィースト》など専用カードも使いたい。来週が待ち遠しいです。

13弾「絢爛華麗な彩姫バーネット」

SRのラスト《バーネット》の考察です!バジルちゃんの回でお姫様やらは自称っていうのが判明しちゃいましたが、他のリーファーもフレーバー見る限り軽い感じでなれちゃうんですね。

《絢爛華麗な彩姫バーネット》
4/緑/リーファー/6000
[自]このカードが登場した時、緑2を支払ってよい。緑2を支払ったならば、あなたのデッキの上から7枚見て、その中にあるカードを1枚選び、リソースにスリープで置く。その後、残りのカードを元に戻し、シャッフルする。

B13-087-01_m
 7枚から1枚選べるというのはかなり信頼できますね。リソリンセットを採用しているのならば、まずどちらか片方は持ってこれそうです。低コストのリーファーということで《パドル》《ロベッジ》など専用のサポートに対応しているのも評価できますし、2コストでリソース1枚なので単純にリソースブーストとして使っても悪くはなさそうです。地味にゼクスではなくカードなのでイベントもサーチできますね。緑入りであれば幅広く活躍できそうなカードです。

【長所】
・7枚もの中から選択できる
・回収や展開なのがしやすいコスト&種族
・リソリンを探しに行けるリソースブースト
【短所】
・初動のリソースブーストには使いにくい
・追加リソースがいるので組み合わせがややしにくい

【相性のいいカード】 
《実直な野太刀 花蘇芳》《決闘機械デュエル》
再録も決まってることもあり、リソースリンク代表としてこのカードをピックアップ。確定バウンス&リソースブーストは非常に使いやすい。リソリンがヒットすれば《バーネット》をリソースブースト+αの動きができるようになるのでさらに活躍させることができます。複数セット積むのも面白そうですね。
 e05_029e05_009

《錬金の魔人アルキュミア》
トラッシュから何かしらを破壊することで、《バーネット》を蘇生させることができます。リーファーは何かと破壊された時がトリガーになってることが多いので破壊効果もうまく使えるとさらに美味しい。展開力に優れている種族なので結構噛み合ってるんじゃないかなと思う一枚です。
B13-077-00_m

その他では多色系のデッキを回すのにも非常に役立ちそうな感じです。多色のである意味も《ブラウンシケーダ》が登場して出てきましたし、4色、5色デッキの活躍にも期待したいです。緑のSRホロの新枠予想通りって感じですがいいですね。

13弾「物語の紡ぎ手シャハラザード」

少し更新遅くなりましたが、SRの続きを考察していきます。今回は赤色の貴重なサーチカードの《シャハラザード》です。千夜一夜物語の人だったかな?かなりセクシーなイラストですっ

《物語の紡ぎ手シャハラザード》
4/赤/ブレイバー/6000
[自]このカードが登場した時、あなたのトラッシュにあるカードを6枚選び、ゲームから除外してよい。6枚除外したならば、あなたのデッキの上から5枚公開し、その中にあるコスト5以上のゼクスを1枚選び、手札に加えてよい。その後、公開した残りのカードを元に戻し、シャッフルする。
B13-009-01_m
6枚の除外が序盤では満たしにくく少し使いにくいかなという印象を受けます。サーチカードなのでリソリンだとか揃えて強いカードを採用したいですね。13弾には何かと直接カード名を指定しているイベントが多く収録されているので《ジャンヌダルク》や《ズリエル》なんかをサポートするには便利だと思います。除外のカードを効果的に使えるのは《アタシの話、聞けですの!》くらいなので、利用できるカードが増えれば評価は上がりそうですね。今のところはトラッシュ利用しなければ使えるサーチカードという立ち位置だと思います。

【長所】
・回収しやすい4コスト
・リソースコストがないので、他のカードと組み合わせしやすい
・プレイヤー指定がない(フィーユと比べると)
【短所】
・序盤に使えない除外コスト
・サーチが少し不確定
・低コストはサーチ不可

【相性の良いカード】
《無垢な金剛レッドダイヤキーウィ》
手札を減らさずにトラッシュを増やすことができるカード。《シャハラザード》を採用するということは何かしら手札に手に入れたいカードがあると思うので、一緒に掘り進む手段として役立てるかなと思います。低コストなので序盤にばら撒ければ、最速とはいかなくともかなり早いうちから効果を発動できると思います。
B12-001-00_m

 《勇者巨神ダームスタチウム》
手札の加えて即使えるカードということで活躍中のこのお方。《シャハラザード》自体も軽いのでサーチできれば、追加で低コストを出すことで登場させることができます。余ったコストで相手を動かすことで《ホームラン狙いのフーカ》を狙ってみるのもいいかもですね。
B12-038-01_m

 相手のトラッシュをデッキに戻すのがコストの《アウート》なんてものも登場してるので、この手のカードが増えれば自分のトラッシュを除外をすることで妨害になる場合も今後考えられそうです。とりあえず安定性にやや何があるペンギン&イェーガーデッキのサポートとして採用してみようかなと思います。
《オリジナルXIII Type.VIII “Lw19Ve”》も新戦力として期待できそうですし 、13弾で結構強化されるかな?なんて思ってます。
最新コメント
メッセージ

ブログ管理者に非公開でメッセージを送れる機能です。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ