ホロから始まるZ/Xブログ

「折角出たし、このホロでデッキを組んでみるぜ」 って思うそんな人のゼクスのブログです。

2015年07月

蒼海の大決闘についての雑感

思いの他、蒼海の大決闘人気みたいで予約できないみたいですね。アムニス効果が大きかったのか、再録の豪華さが影響したのか。自分も発売日に手に入れられるかわからないですが、データベースに追加されたので触れていきます。遊び心のあるイラストが多いですね、その中でも気になったものをピックアップ。

《隠密鳥人ウェアクロウ》
E05-026-00_m
ウェアクロウってこんな人だったっけ?どちら様って?フレーバーをよく見てみると「弟が世話になったのはあなたね」と言っているので前のイラストのお姉さんの様です。思えばプレイヤー以外の兄弟設定があるのは面白いかも。フレイムコープスは前イラストの方が強そうで好みなのですが、クロウは可愛い方がいい・・・対峙してる向き反対なので繋げ絵としては混ぜにくいのが少し残念だったり。

《戦国の華 森蘭丸》
 E05-001-00_m
夏バージョンのイラストで一番インパクトがあったのがこのお方。めっちゃいい笑顔してます。フレーバーで「ふるこんぼ」とか言ってますし、赤の世界には太鼓の達人が存在するんでしょうか。付けてるお面は髪型似てるのと関係性的にも信長かな?再録やイラスト違い多かったりと何かと優遇されてますね。2コストっていうのが何かと使い勝手がいいです。

新規Rの中でカレント以外に注目株なのがこのカード

《清流の繰り手ウンディーネ》
5/赤/ミソス/7500
[自]このカードが登場した時、ノーマルスクエアにあるバトル中でないゼクスを1枚選び、
このカードがあるスクエアの隣のゼクスのないノーマルスクエアに置いてよい。
E05-004-00_m

 赤色だけで移動能力が使えるのはとても大きいと感じてます。あくまで引き寄せる効果だけなので遠ざけてやり過ごすといった使い方はできないですが、プレイヤー横のゼクスにどいてもらったり、挟める位置に引き込んだり、味方を引き寄せて守りを固めたりといろんな使い方ができるカードですね。具体的には赤黒で水着グラを採用したいなんて時に、残す動きができるので生贄確保のために便利そうかな?ステータスのバランスもいいので移動能力持ちとしてもなかなか強い。移動能力で水っぽさを出してるのがいいですね!

SRは次回からしていきますよー。 発売日買えなかったら結構剥かれてると思うのでゆっくり集めようかな。

メモリアと自軍破壊カードのお話

同種族のアビッソが優秀なので、採用は見送られがちですがイラストかなり好きなんですよね。このちょっぴり儚げな表情が可愛い。結構強化されたのかなと思うので、なんとか使えないかなと再考察です。

《記憶の魔人メモリア》
2/黒/ディアボロス/3000
[常]ヴォイドブリンガー(ライフから登場した際、自分のライフが相手のライフ以下ならば、スクエアにあるゼクス1枚を選び、トラッシュに置いてよい。)
[自]このカードがあなたの[ディアボロス]の能力で破壊された時、あなたのデッキの1番上のカードをチャージに置いてよい
B05-061-00_m


《評価ポイント1 汎用性が高い自軍を破壊できるカードが増えた!》 
ディアボロスで自軍を破壊できるカードって結構あるのですが、使いやすいが《アビッソ》のように枠が被っていたり、《アワリティア》のように気軽に複数積みしにくいカードばかりだったんですよね。13弾の《アルキュミア》はIG《ケィツゥー》なんかの登場時効果を使いまわすだけでかなり強いし、次のEXパックに収録予定の《海の家の覇者グラ》は黒入りの回収手段として常に候補になるようなカードになると思います。自軍破壊カードの使いやすさが上がっているというのが一番の評価ポイントです。

B13-077-00_m
 
《評価ポイント2 イグニッションのサポートカードの登場!》
《クレストコール》《ミラクルサルベイジョン》はメモリア等の破壊用のゼクスの確保に便利な上に、自軍破壊系のカードの消費を抑えられるの使い勝手としてはなかなか好感触でした。これからもアイコン持ちを対象した効果はまだまだ出てくると思うので期待したいですね。扱いやすさの面でほかのチャージを貯めるカードと差別化できそう。
B13-079-00_m

最近は自軍破壊に焦点が当たってる効果が多くて嬉しいですね。なんかしっくりくるんですよね。相手の数を参照するようなカードが増えてきているので、自分のゼクスの数をコントロールできるのはこれから重要になってくるかも?やっぱり《七大罪イラ》が相手ターンにも使える起動効果なので自軍破壊系のカードの中では頭一つ抜けてる感じ。

クローディアのデッキを組んでみました。

マーメイドのパーツ自体かなり汎用性が高いのでいろいろと組めそうなのですが、今回は青単で組んでみました。プレイヤーは指定なしです。

 クローディア

【デッキ解説】
《クローディア》の発動にはマーメイドの頭数が必要なので、《九十九苦無》で守っていき条件満たしていこうというプランです。《ノンノ》《ルードヴィヒ》など残せれば同時に、移動能力の確保できるので積極的に守っていきます。《クローディア》引けずとも、単品でも強力なカードばかりなのがマーメイドいいところ。手札はコストや小型を展開することで消費しやすかったので、追加のドローソースとして《踊り子ウェイベル》を入れてみました。《クローディア》自身は条件のみで、確定除去を何度も飛ばせるのでどんどん相手と枚数の差を広げられるのが強いと思いました。単色ですが出来ることが多くなかなか楽しいデッキです。

【掃討機兵ペネトレイト採用について】
《クローディア》以外で面を取れるカードということで入れてみました。このカード自身も残れば再び使えるのと、移動させたゼクスをデッキバウンスという方法で処理してくれるのがなかなか良いです。 1枚で三面取れるのはやっぱり心強い。キーパーツが軒並み対象内なので逆に使われると苦手だったり。

【見習い奏者ウェイベル採用について】
このブログで何度か紹介しているカードですが《クローディア》の登場でかなり強化されたように見えます。低コストなのでマーメイドの頭数稼ぎに、毎ターン使える破壊のトリガーにと相性抜群。単品でもマーメイド残すように配置することで間接的にサポートできるのも素晴らしい。《クローディア》デッキにはおすすめ度が高いカードです。

見返してみると《クローディア》デッキという名の《ウェイベル》デッキに見えなくもない・・・・・?

「戦陣の獅子」たぷたぷちゃん再録!!

昨日13弾発売されたばかりですが、次のスターター公開されてましたね。限定カードについては後述するとしてなんか豪華だなと思ったら3000円ですか!パーツ目当てでも方でもSR12枚&限定カード8枚ならお買い得かな。二つ買いする人がやっぱり多かったのでしょうか。ゼクス薦めるにあたってスリーブ&ケースが付いているのはいいですね。

《繚乱の芳魂フィーユ》
5/緑/ライカンスロープ/7500
★ゼロオプティマ2(あなたのリソースにイグニッションアイコンを持つカードが2枚以上ある場合、以下の能力が有効になる) 
[自]あなたのターンの終了時、あなたのプレイヤーが「剣淵相馬」であり、あなたのリソースにカードが6枚以上あるならば、「繚乱の芳魂フィーユ」以外のあなたのリソースにあるコスト7以下のゼクスを選びこのカードと入れ替えてそれぞれスリープで置いてよい。
c14_002
ターン終了時にリソースとバトンタッチできる能力みたいです。てっきりゼロオプティマの条件は初期リソース考えてコスト-2の値が基本かと思ってましたがそうではなさそうですね。入れ替えてなのでたぶんフィーユがいたスクエアにしか置けなさそう。《グラ》《掃討機械ペネトレイト》みたいにエンド時に効果を発揮するゼクスや《スペルビア》《ザッハーク》など相手ターンに活躍できるものを出したい所。

《神算鬼謀の指し手 黒田官兵衛》
7/赤/ブレイバー/10500
★ゼロオプティマ4(あなたのリソースにイグニッションアイコンを持つカードが4枚以上ある場合、以下の能力が有効になる) 
[起]<赤1>ノーマルスクエアにあるすべての相手のゼクスに3000ダメージを与える。
c14_003
こちらもやや満たしやすくなったゼロオプティマ。フィーユで最速で出しても1コスト余るので一応効果は使えそう。とはいえ相手ターンに単発でうっても影響力は少ないですから、《阿那婆達多》等で十分にリソースを貯めてから出したいところです。赤緑のフィニッシャーとしてはなかなかの性能だと思います。

《黄金色の幸せマレイン》
6/緑/リーファー/8500
[自]あなたが緑のカードを手札からプレイした時、あなたのリソースにカードが5枚以上あるならば、このカードをリブートする。このカードがリソースにある場合にしかプレイできず、この能力は1ターンに1回しかプレイできない。
c14_013
面白い効果を持っていますね。カード名で指定されているわけではないのでたぶん、複数枚いたら効果は複数使えるはず。リソースにいさえれば緑のカードを使う度に効果があるのでいち早く埋めたいカードです。追加コストがあるものや1コストイベント等採用して活躍させたい。このデッキでは《セージさんのお料理》が打ちやすくなりますね。《バーネット》《ハーツイーズ》なんかを追加で採用して積極的に狙いに行くのも面白そうです。

《怒りの透輝石ダイオメガテリウム》
4/赤/ギガンティック/6000
[自]このカードが登場した時、スクエアに相手のゼクスが2枚以上あるならば、ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選び、3000ダメージを与えてよい。
c14_006
最近、相手のスクエア参照するカード増えましたよね。1枚ならそもそもノーマルスクエアにダメージは与えたい場面は少ないと思うので条件はあまり気にしなくても良さそうです。シンプルな効果なのであんまり語ることはないですが、駒としては便利そう。低パワーのイグニッションが多くなってしまう時に入れたいですね。

●再録カードについて
c14_014

再録にはちょっと早いかなぁっと思うのですが、使いやすく人気のカードですしね。スターター絶版になりやすいので《阿那婆達多》は納得のチョイスです。他にも《セージさんのお料理》《アスピドケロン》《花梨》など活躍中のカードが再録されていますね。緑のパーツを程よく抑えているのでここからいろんなデッキに派生させることができそうです。人気スターターになる予感。とりあえず週末に向けてデッキを完成させねば

13弾の開封結果&ホロピックアップ

13弾の発売日ということで今回もとりあえず二箱開けてみました。各箱から一枚ずつ気になったホロをピックアップしていきます。そういえば3コスイグニッションのバニラ達がUCになってましたね、フリーカードから始めると真っ先に変えたいところなので集めやすいのはいいことだと思います。

◆一箱目◆
SRホロ
《オリジナルXIII Type.VIII“Lw19Ve”》
img104
SR
《古の夜陰 鵺》
《オリジナルXIII Type.VIII“Lw19Ve”》
《コツコツするセルヴィア》
《晦冥からの強襲アングファング》
《光炎の破軍 龍膽》
ホロ
《波刀職人フランベルジェ》
《聖獣オーラエレファント》
《剣尖甲冑リュストゥング》
《滅びの魔人ペリビ》
《登山好きのコウリン》 

《Type.VⅢ》のホロが出ました!普通に欲しいと思ってたカードなのでこれは嬉しい。大事に使っちゃいますよー。カードフレームかわりましたが今までと並べてみても思ったより違和感ないですね!《コウリン》は新しいリソブ枠として活躍してくれそうなので試してみたいです。

◆二箱目◆
Z/XR
《XIフラッグス クローディア》
img106
SR
《オリジナルXIII Type.VIII“Lw19Ve”》
《掃討機械ペネトレイト》
《コツコツするセルヴィア》
《精励するネコ騎士ターキッシュ》
《絢爛華麗な彩姫バーネット》
ホロ
《愛々しい翡翠ジェードオセロット》
《調弦ジョヴァンニーニ》
《三ツ星シェフ コーニッシュ》
《情熱の魔人パシオーニ》
《釵術使いの御庭番 姫一花》

《クローディア》はいいですね!Z/XRらしからぬ条件で、結構使いやすく強いと思うんですよ。上手くスキャンできなかったので伝わらないかもですが超綺麗です。今のところ《ノンノ》と組み合わせたら強いんじゃないくらいしか案はないですが、是非使っていきたいですね。

【ホロピックアップ】
《滅びの魔人ペリビ》
 img105
なかなか迫力のあるホロだったのでピックアップしてみました。《サエリム》のコスト違いです、コストが5になって蘇生とかと絡めやすくなってますね。後攻の序盤のターンとかに決めるとかなりえぐいのは相変わらずなので強力カードなはず。《ケィツゥー》の様な相手のゼクスの数を参照するカードが多かったので、自壊効果系は見直してみるのもよさそうですね。

《釵術使いの御庭番 姫一花》
 img108
こんなに重いスタートカードは珍しいですね。リソースから出してもリソースブーストになる《光炎の破軍 龍膽》とは好相性な感じ。7コストきっかりなのが少し汎用性下げますが、切り札級のカードが多いので展開先には困らなさそうです。スタートカードがホロになると嬉しいですよね!こっちの子もかなり際どい格好してますね。露出度で決めているわけではないですよ?

 今回は青いっぱいの結果でした。本命のイラでなかったですが、大当たり枠はこの結果なら満足です。《ケィツゥー》が一枚もないのがやや残念かな。ちなみにプレイヤーカードは1箱目が玲亜、2箱目が綾瀬でした。
最新コメント
メッセージ

ブログ管理者に非公開でメッセージを送れる機能です。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ