ホロから始まるZ/Xブログ

「折角出たし、このホロでデッキを組んでみるぜ」 って思うそんな人のゼクスのブログです。

12弾「原初の撫子櫛名田姫」

今日は12弾のSRのラスト《原初の撫子櫛名田姫》の考察をします。ナンバー的には最初ですが気にしない。10弾のシークレットのヤマタノオロチのイラストに出てきてた子ですね。


《原初の撫子櫛名田姫》
 5/赤/ブレイバー/7500
[起]<あなたの手札のカードを1枚トラッシュに置く。>
◎のスクエアにあるゼクスを1枚選び、5000ダメージを与える。
  □□□
  □◎□
  ◎□◎
   ▲
B12-010-01_m

手札一枚を1コスイベントの《しゅほうはっしゃー!》に変換できるカードです。エレファント指定が取れて丸くなった《ハンニバル・バルカ》とも見えますね。手札さえあれば序盤でも相手ターンにも自分のターンにも活躍できそうなのはいいですが、スクエア指定やライバルが多いのが気になります。なので種族が《ブレイバー》なのも生かしたい所。

 【長所】

・回数制限がない起動効果
・序盤からIG対策ができる
・扱いやすい5コスト
【短所】 
・スクエア指定がある
・中型以上を破壊するには二枚以上必要
・《百騎兵》から守りにくい(ハンニバルと比べ)

 【相性の良いカード】 

ブレイバーのサポートカード
《日出づる国の女王卑弥呼》
ブレイバーの核とも言えるカード。少し物足りない5000ダメージも組み合わせることで一段と使いやすくなります。《櫛名田姫》は5コストのブレイバーの中のでは汎用的で使い勝手が良さそう。ダメージ主体のデッキはイグニッションの試行回数を稼がれやすいので、防御手段としても頼りになりそうです。
 img014

手札補充するカード
《邪悪学園の優等生マオ》
攻撃時に手札が0枚であればドローできる赤のカード。《タルティニ》の時も紹介しましたが《櫛名田姫》は手札を0枚に特にしやすいので条件を満たすのは楽だと思います。《ジルコンホース》や《トリシューラ》あたりを使って常に手札を途切れさせないようにしたいですね。
 img052

手札が無くても動けるカード
《七大罪怠惰の魔人アセディア》
5コストのサポートとしてすっかりお馴染みになった《アセディア》さん。蘇生先を《櫛名田姫》にすることで手札と引換に比較的安全に守りきることができます。手札がなくなっても蘇生する動きはできるので次のターンも行動できます。単純に手札消費を抑えるカードとして見ても相性はよさげです。
アセディア


 《櫛名田姫》ということでやっぱりスサノオが気になります。プッシュしていた割に大人しい効果なので名称指定されるんじゃないかなと予想しています。これで12弾のSR考察終わった!今日のカード始まりましたが気になるものをじっくりと考察していこうかなと思います。

12弾「五頭領宿命武侠ウェアタイガー」

 今日はウェアタイガーの《五頭領》バージョンの考察。もともと首領って冠詞だったから違和感はあまりないけど最近リメイクカード多いね。今までありそうでなかった汎用全体パンプ。

《五頭領宿命武侠ウェアタイガー》
7/緑/ライカンスロープ/9000
[常]あなたのリソースにあるカード5枚につき、スクエアにあるすべてのあなたのゼクスのパワーを+1000する。

久々にテキスト短い!少なくともリソースは10枚はないと相手にとっては驚異じゃないね。運用法は《カメレオン》とかの種族サポートに少し似ている気がする。自身のサイズが大きいので複数並べたりはできないけれど、リソースを貯める構成なら終盤の切り札になりそう。
B12-097-01_pc


 【長所】
・自軍すべての全体パンプ
・色&種族は気にしなくてもいい
・効果持ちIGが採用しやすくなる
【短所】 
・リソースが10枚以上ないと効果薄
・枚数アドバンテージは取れない 

【相性の良いカード】 

展開系のカード
《草華竜アイヴィーウィング》
 二体以上いてこその全体パンプなので、展開系のカードは相性バッチリです。中でも《アイヴィーウィング》や《ノーブルグローブ》は特にリソースを貯めるという方向性も似ているので特に良さそうです。展開先のライバルは多いですが、直接的に防御力を上げれるのがいいです。緑らしいシンプルで強力な組み合わせ。
img029

早期に踏み倒せるカード
《獣人ウェアウルスス》&《兵器職人スパークランチャー》
《スパークランチャー》の方効果で早期に《ウェアタイガー》をプレイすることができれば、対処しにくいこと間違いなし。《ウェアウルスス》の効果で《スパークランチャー》を使いまわすことで何度も踏み倒しを狙うことができます。また、他のリソースリンクとも組み合わせやすいので《ウェアタイガー》がパワーを補ってくれることに期待して複数のセットを投入するのもいいと思います。
img053

パワーを増やすして強くなるカード
《獣人ウェアバッファロー》
 ダメージを受けた時に効果が発動するシリーズの一枚。+1000することでIGバニラの攻撃を二回耐えることができる厄介なゼクスに早変わり。小型ゼクスをある程度無視してプレイでき、パワーが上がるほど頼もしくなります。《グラ》や《エトナ》など大型を除去できるカードを他に用意しておきたい所。
img054

 五頭領は並べるとパンサー、ジャガー、タイガーと猫科の猛獣で揃えてきてるのかな・・?有名なライオンって1弾に出てきたけど○○獣王みたいな冠詞ついてリメイクしそう。

12弾「XIフラッグス タルティニ」

今日は新しいテーマのXIフラッグスのタルティニについて考察していきます。戦艦型メタルフォートレスの提督のという設定のシリーズの様。移動系の能力はゼクスらしい効果の一つだから押してくれるのはいいね。

《XIフラッグスタルティニ》
 7/青/マーメイド/10500
[起]<手札にあるカードを1枚トラッシュに置く。>スクエアにあるバトル中でないあなたのゼクスを2枚選び、それぞれのゼクスをもう一方のゼクスがあるスクエアに入れ替えて置く。 この能力はあなたのターンにしかプレイできず、1ターンに1回しかプレイできない
B12-036-01_m

 こちらも追撃用のゼクスを引っ張ってきたりしてパワー10500からダメージを取りやすそうなカード。今までの《フロート》《ジャムセッション》と違いプレイヤースクエアも対象にできるので《タルティニ》自身が安定して逃げ込めるというのがポイント。移動系にしてはステータスがよく、手札コストというのも色を選ばず入れやすそう。
 
【長所】
・移動系にしてはステータスがいい
・プレイヤースクエアと入れ替えが可能
【短所】 
・他の自軍のゼクスが必要
・枚数アドバンテージが取りにくいのに手札コストが必要

【相性の良いカード】 

移動系のサポートカード
《秀麗弦奏アーロン》
 実質マーメイドサポートの一枚。入れ替え能力なので効果が二重に発動します。追加で《フロート》なんか入れてバウンスしまくりたいですね。同じ発動条件&コストに《ヴェルテ》がいますが、《タルティニ》自体はパワーが十分に高く、自分のターンのみなので盤面を開けれる《アーロン》の方が相性がよいでしょう。
 card_150320

手札補充するカード
《邪悪学園の優等生マオ》
攻撃時に手札が0枚であればドローできる赤のカード。手札コストをリカバリしつつ、《マオ》で攻撃するため前線に連れて行くことができ、お互いをサポートできます。手札コストになった事で赤色と少し相性が良くなりました。青のバウンスと相性のいい《クーテル・マシャカ》あたりを入れて赤青で組んでみるのも強そうです。
 img052

《創星六華閃トリシューラ》
マオと同じく戦闘の必要があるカード。 二枚捨てる手札がなくてもドローできるらしいので手札補充としても使えます。全体6000バーンも除去としても打点の低めのマーメイドの戦闘補助としても使えるので欲しい効果。また、移動系ギミックを入れるとデッキスペースが足りなくなりがちなので様々な役割を持てるのも魅力。
e2762487-s
 
 XIスラッグスというくらいだし最終的に11人でるのかな。設定的に戦艦のタイプのメタルフォートレスの方もカード化されるのか気になります。
最新コメント
メッセージ

ブログ管理者に非公開でメッセージを送れる機能です。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ