ホロから始まるZ/Xブログ

「折角出たし、このホロでデッキを組んでみるぜ」 って思うそんな人のゼクスのブログです。

12弾「暗黒騎士ラスダーシャン」

Z/X NEWSにて公開されていた「暗黒騎士ラスダーシャン」について考察していきたいと思います。名前的にカースドソウルのお友達かと思ったら白のカードなんですね。しかも割と可愛い(重要

《暗黒騎士ラスダーシャン》 
 7/白/ガーディアン/10500
[自]相手のゼクスがカードの能力で登場した時、そのゼクスを破壊する。 
[自]相手のゼクスがカードの能力でスクエアからスクエアに置かれた時、そのゼクスを破壊する。  
B12-057-01_m

  二つの今までにない独自の効果を二つ持っています。一つ目は遂に来たか・・・と言わんばかりのコスト踏み倒しメタの効果。埋められにくくする効果とも言えるので移動能力の間接的なサポートになっています。二つ目は自分も悪用できそうな効果、デッキを組む場合はこちらを活かしたい。

【長所】
・バランスの良いステータス
・相手の行動を縛れる二つの自動効果
・自分の展開は阻害されない
・プレイヤー指定はない

【短所】
・バニラ同然になる場合も多い
・強制効果
・自分のゼクスは破壊できない
・早期のコスト踏み倒しには対応できない

【相性の良いカード】 
《ロウブリンガー ノシャック》
 ガーディアンに《絶界》の能力を与える効果。移動能力で身を固めつつ、より強固な布陣を組むことができます。《ラスダーシャン》はガーディアンの中でもバランスのとれた大型ゼクスなので効果なしでも相性はいいですね。《イヴィルペイン ローガン》なんかのパワーサポートと組み合わせればまさに鉄壁。
img032

移動能力を持ったカード
《星弦姫オリヴィエ》
 単品でもダメージを取るためPS周りを開けたり活躍してくれますが、《ラスダーシャン》が居ればノーコス確定除去に!白は自軍スクエアにいると強くなる効果を多数持っているので、引き寄せたり補助することもできます。プロモですが《正義の鉄槌》に収録されました。一緒に入っている新規の《雅の演姫マリ》も相性よさそうです。
img034

《雫音フィオレ》
 戦闘中以外のゼクスなので防御イベントの用には使えないですが、1コストで使えるのは組み合わせしやすく使い勝手がいいです。戦闘中以外であれば相手ターンに破壊できるので《劉備》なんかの支援タイプを破壊して計算を狂わせることもできます。一つ目の効果と合わせてプレッシャーをかけていきましょう。
img033

大型用のバウンス
《ドラゴニックキャノン》
 7コストと大型のゼクスなので序盤の《怜亜の決意》の様な早期のコスト踏み倒しには対応できないことも、プレイするまでの対応できない時間を埋めるカードとしてオススメ。再び踏み倒される前に《ラスダーシャン》を出しプレイしにくい状況を作りましょう。計算が狂いハンドで腐ってくれるのが理想です。《スローイング》など大型専用バウンスは種類はあるので何かしらデッキにあったものを採用したいところです。
img035


 フロン同じく存在そのものが影響及ぼすカードですが、割と意識しているパワーだと思うので、完全特化のデッキに刺さるくらいなんじゃないかなぁと思います。しかし、コントロールに長けた青白デッキの強力な武器になりそう。特に後半戦の緑デッキ相手でも展開を封殺すれば互角以上で戦えることでしょう。移動能力自体はどのデッキでも活躍できる効果なのでいろいろ組めそうです。本当にどういった影響を与えていくか楽しみなカードであります。マーメードと組み合わせるとかなり華やかなになりますねっ

優良コモン紹介「裟伽羅のお願い」

 今回は7弾収録の相馬君がなにやら羨ましい状況になっているこのカード。耳打ちのポーズってなんか可愛いよねっ イラスト的にもすごく好きな一枚。
img031
 
【ポイント1 デッキの回転率をよくする】
  5枚の中から1枚好きなゼクスをゲットできる効果。リソリンやプレイヤー指定のカードなどのキーカードをぐっと手に入れやすくできます。チャージ溜まり具合などに影響されやすい墓地利用と比べて相手に依存する要素が少ないので、安定して手札の質を上げれるのは評価ポイント高いです。

【ポイント2 低コストのイベント】
 イベントなのでもちろん相手ターンに使えます。例えば、後攻1ターン目に使えば事故を防いだり、コンボの用意をできたりして幸先のいいスタートを決めれます。1コストのイベントなので相手の動きに合わせてサーチができるのがこのカードの一番の強み。

【ポイント3 デッキトップのリセット】
 《Type.III》や《トライゴルド》などでデッキ操作を行った後、IGやESなどのお目当てのカードがないという状況も少なからずあると思います。1コストで手札消費もなく、確率を上げながらデッキトップをリセットできるカードとしてみてもなかなかいいですね。イベントサーチならではの芸当です。
   
 新弾では女王様がいないと動けなさそうな《ヴァスパローゼ》デッキやハンドに加えれれば活躍できる《ダームスタンチウム》など登場することですし、これからも活躍できるカードだと思います。

12弾「創星六華閃トリシューラ」

赤のカード全然紹介してないっ ということで12弾の情報から《トリシューラ》について考察。《トリシューラ》と聞いて遊戯王プレイヤーならあいつを思い浮かべるはず・・・。あいつとモチーフは同じなので効果が三つもあるのが特徴的。

《創星六華閃トリシューラ》

8/赤/マイスター/11000
[自]このカードがバトルして相手ゼクスを破壊したとき、あなたの手札にあるカードを一枚選び、トラッシュに置いてよい。置いたならば以下の効果からひとつ選び、破壊して良い。
効果1:「ノーマルスクエアにあるコスト5以下のゼクスを一枚選び、ゲームから除外する。」
効果2:「ノーマルスクエアにあるすべての相手ゼクスに6000ダメージを与える。」
効果3:「あなたの手札にあるカードを二枚トラッシュに置き、カードを3まい引く。」
e2762487-s

  ばらばらで考えるとサイズの割に少し地味な効果。全体バーンであれば《タフリル・ハジェス》、除外であれば《アザゼル》なんかの方が一回り小さく扱いやすいと思います。やはり、一番状況にあったカードを選べるというのが強力なポイント。

【長所】
・11000の高パワー
・優秀な効果を三つも持っているので腐りにくい
・特に6000の全体バーンは強力
・維持できればプレッシャーをかけれる

【短所】 
・戦闘破壊で且つ、手札コストも必要
・二枚以上の大型は対応不可
・高コスト故の扱いにくさ

【相性の良いカード】 

コストを踏み倒して出せるカード 

《草華竜アイヴィーウィング》
 緑の最終兵器で大型のコスト踏み倒しといえばこいつ。赤緑はリソース使うカードが特に多いので、過剰にリソースを貯めてから制圧するといった戦法が取りやすいデッキカラーです。その際に問題になるのがリソースを貯めるためのカードを入れるため、他の枠が取りにくいということ。《トリシューラ》はいろんな役割を持て、デッキスペースに優しいので頼もしいカードと言えるでしょう。
img029

《ミント&ベルカ》
 リソースリンクの一枚で3コスト以下のデッキバウンスと7コスト払うことでコストを問わず踏み倒すことができます。自身が手札整理の効果を持っているのでリソリン揃えたり、踏み倒したあとも息切れを防ぐことができます。上記の《アイヴィーウィング》も踏み倒せるのもいいですね。
img027


大型を除去できるカード

《八大龍王阿那婆達多》
 様々なデッキに大活躍中のたぷたぷちゃん。6コストから8コストにつなげられるのはもちろん。《トリシューラ》の対象外の大型ゼクスもリソース送りという万能除去を持っているので除去カードとしてもすごくマッチしています。ほんと便利なカードです。
たぷたぷ

《皇帝竜VS光輝竜》
 《トリシューラ》が対応できない範囲をぴったりとカバーしてくれる赤のイベント。新弾の《ダームスタンチウム》や《アルモタエル》などを見ると11000のパワーを基準値としていきそうな雰囲気が出ているので11000バーンという数値のも評価点。赤色の中では大型除去って貴重。
img028


  相性のいいカードを並べてみましたが他には一定のカードパワーを保ちつつ、大量のトラッシュの用意や手札整理ができるのでZ/Xレアのデッキにもお呼びが掛かるかもしれません。また、6000の全体バーンも今後活躍するカードによってさらに評価を上げそうな気もします。《創星六華閃》の名称はゲームや他のカードでお馴染みの名前が多いので呼びやすいのでいいですね。
最新コメント
メッセージ

ブログ管理者に非公開でメッセージを送れる機能です。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ