ホロから始まるZ/Xブログ

「折角出たし、このホロでデッキを組んでみるぜ」 って思うそんな人のゼクスのブログです。

オール☆ゼクスターズの開封結果

お久しぶりです、年末ということでかなりばたばたしてました。今回もとりあえず二箱注文したのですが届くの遅れるみたいなので、近くで一箱買ってきました。今回あまり事前情報見てないので開封が結構楽しみですね。HR枠にクレプスがいるのは把握してます(震え声)。とりあえず使う予定のフォスフラムやクレプスが枚数欲しい。リビルドや再録メインなので目新しい絵が少ないのは残念ですが、どう魔改造されてるか楽しみではあります。

◆開封結果◆
Z/XR
《アニムスと愉快な仲間たち》
img034
HR
《オーバー・ザ・クラウズ リゲル》
img035
SR
《必誅の焔弓ガーンデーヴァ》
《暗躍の魔姫ヴェスパローゼ》
ホロ
《クリムゾンロアー》
《刀の武人 龍膽》
《枝植の胎動》

今回の封入の仕方把握してないのですがZ/XRが引けました!アニムスは嬉しいです。今回も幻想的な色使いで素晴らしいイラスト。個人的に自然な女の子ぽい座り方がポイント高いです。ディアボロスはやはり正義!新規ではなくドラマCDのプロモカードの絵違い再録みたいです。Z/XR特有の細工はトロフィーの上に何か文字見えますが読ませんでした。

HR枠はリゲルさん、プレイしての効果と能力で登場させた時の効果が違うのでデッキの組み方で主に活用する効果が違いそう。IGアニムスがリゲルを参照してるので組み合わせることができそうですが、フィーユの方が7コスト以上多いですし、ピュアティも採用しやすいので組みやすいでしょうか。

【ホロピックアップ】  
《クリムゾンロアー》
img037
当たったのは仁王立ちが似合う世羅版イラストのクリムゾンロアー。なかなかの貫禄があります。もともと捲れた時の二体へのダメージは普通に強力でしたが、さらにリビルドされて手札からコスト1イベントのようになり引いても腐りにくくなりました。その上ウェイカーのレベル上げもできるので使い勝手がかなり向上しています。イベントIGの中でも採用しやすい部類だと思います。

《枝植の胎動》
img039
エラッタされ封神指定が解除になった《枝植の胎動》の絵違い再録です。エラッタされてリソース6枚以上の制限が付きました。エラッタ前だと白や黒の展開できる胎動シリーズと比べると、参照がリソースのため初期リソ2枚貰えるゼクスだと準備の必要が殆ど無く、LvUPの速度が突出してたので、調整としてはいい塩梅だと思います。制限ついても低コスト展開しつつデッキのカード掘り進めれるのは便利なはず。イラストの子っていたっけ?と気になってたのですが、まだ未登場の《揺らめく幻影いろは》って名前のゼクスぽいですね。いろはの由来はイラスト的にもイロハモミジかな...?イラスト好みなのでホロって嬉しい一枚。

現物手元に有るとやっぱりアニムス使いたくなりますね。とりあえず何軸かは残りの箱しだいでしょうか。参照先のゼクス達がお高いのでちゃんとレシピ考えてから集めないとサイフポイントが大変なことに。今回収録枚数の割に新規のディアボロス多いのがちょっと嬉しいですね、イラ使った種族デッキもいろいろ弄れそう。

「ハジマリノミコ」のリソリンについて

情報開示から反応今更ですが、やっと初代「竜の巫女」に「始まりの竜の巫女エア」と名前が付きましたね!他の巫女と言葉で区別しにくかったので、「エア」と表せるのがありがたいです。無色のポジションが難しいのか、名前の割に毎回強化最後ですよね。

cp05_visual

《天壌の星界ラストゼオレム》
7/無/トゥルードラゴン/10500
[自]【P】「エア」【有効】スクエアとリソース【誘発】このカードが登場するかリソースに置かれる。【効果】あなたのリソースに「天壌に栄えよ其が星界」がある場合、あなたのリソースにある種族に[ドラゴン]を含むゼクス1枚につき、あなたのデッキの上から1枚見る。その中にあるカードを1枚選び、手札に加える。残りのカードを元に戻し、シャッフルする。
《天壌に栄えよ其が星界》
1/黒/イベント
[☆]【効果】スクエアにある色を持たないゼクスを1枚選び、ターン終了時まで、パワーを+2000し、カードを1枚引く。
[自]【P】「エア」【有効】リソース【誘発】このカードがリソースに置かれる。【効果】あなたのリソースにカードが6枚以上ある場合、あなたのリソースにある「天壌の星界ラストゼオレム」をスリープしてよい。スリープしたならば、あなたの手札にある種族に[ドラゴン]を含むゼクスを1枚まで選び、リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させ、スクエアにあるゼクスを1枚選び、ターン終了時まで、コストを1減らし、パワーを-3000する。ただし、コストは0以下にならない。ターン終了時、この能力で登場したゼクスをリソースにスリープで置く。
cp05_001_002
すっかり恒例になった絆カードのエア版。普通のリソリンと違ってラストゼオレムの誘発条件が「登場するorリソースに置かれる」と場に出しても良いのがちょっと変わってます。効果自体は、リソースのドラゴンが多いとドローのサーチの精度を上げられる手札増強。最終的何でも手札に加えられるので何かしらアドになるのは良いのですね。ピン積みが多いデッキでも器用に回せそう。

イベントのパンプアップは対象制限ある割に2コストと重く感じますが、ドロー付きなのでコスパ自体は悪くないでしょうか。メインのリンク時効果はドラゴンの一時的な踏み倒しとPSにも圧が掛けられるコスト&パワー低下。相方だけあって「ラストゼオレム」はサイズも良いですし、登場時とリソースに戻る時と二回手札増強できるので踏み倒す先として適してます。他のドラゴンだと《草華竜アイヴィーウイング》が6リソ時にリンクのコスト払った後、起動コストも賄えるので動きとして強そう。

エアで組むと種族「ドラゴン」デッキになりますが、色の付いたドラゴンは各々担当の巫女がいるので、できるだけ沢山の種類のドラゴンを入れたい。色の縛りが無いので好きなカード入れやすいのが構築面で魅力的ですね。現状はアイヴィー軸に《海真竜リダクトナム》と《火真竜アストヴェリア》のイメージから青と赤を何となく使いたい。時期的に23弾にドラゴン少し入るのかな?ちょっと期待

23弾「天魔神狂乱」ピックアップ

まだまだ、22弾のカードしっかりと馴染んでないですが、1月25日に発売される情報出てましたね。毎度思うのですけど、開示ちょっと早い!方針はあまり変わってない様子ですが、タイトル的にストーリーの節目ぽい匂いはしますね。いつも通り、クレプスの話題が多め
23_visual

《不断の気骨クレプス》
4/黒/ディアボロス/6000
[自]【P】「大和」【有効】リソース【誘発】このカードがリソースに置かれる。【効果】あなたのリソースに「クレプスと大和 稜稜の絆」がある場合、ノーマルスクエアにある相手のコスト4以下のゼクスとコスト5以上のゼクスをそれぞれ1枚ずつ選び、破壊してよい。1枚以上破壊したならば、あなたのデッキの上から2枚のカードをトラッシュに置いてよい。
《クレプスと大和 稜稜の絆》
1/黒/イベント
[☆]【効果】スクエアにあるあなたの[ディアボロス]を1枚選び、ターン終了時まで、あなたのチャージにあるカード1枚につき、パワーを+1000する。
[自]【P】「大和」【有効】リソース【誘発】このカードがリソースに置かれる。【効果】あなたのリソースにカードが5枚以上あり、その中に「不断の気骨クレプス」がある場合、スクエアにあるあなたの「天王寺大和」を1枚選び、ターン終了時まで、以下の能力を与える。"[起]【有効】スクエア【コスト】スリープ【効果】あなたのデッキの上から2枚のカードをチャージに置く。
b23_067_080
遂に出ましたクレプスの絆カード!いつもとは違うタッチが新鮮です。黒単の《エレシュキガル》が増えても、《激憤の堕天使サタン》が13コストとヘビィなので緑とは親和性高いので、リソースリンクは欲しかったです。使い回ししやすいゼクスのクレプスの効果が、素直に枚数稼げる効果なのはよいですね。トラッシュが増えるのは《漆黒の堕界》を意識でしょうか?手札回収やリアニメイトするデッキなので腐りはしないでしょう。

イベントのリンク効果は大和にチャージ二枚追加を付与。あくまで大和にやらせる方針。さすがサタン様。背景意識強そうですが、任意のタイミング選べるのは自由度があってよい。イベントのハンプアップはリビルド《宵の魔人クレプス》と合わせて使えば結構硬い布陣になりますね。守るイベントとしてみるならサタン意識でディンギルを守りたい。ディンギル/ディアボロスの《冥魔神生クレプス》が同弾に出るので一緒に使ってねって事かな。なるほど。

《英雄合体ダームスタチウムM》
6/青/メタルフォートレス/9000
[自]【有効】スクエア【誘発】このカードが登場する。 【効果】あなたのリソースに[メタルフォートレス]が4枚以上ある場合、カードを1枚引き、ノーマルスクエアにある相手のコスト5以下のゼクスを1枚選び、手札に戻す。
[自]【有効】スクエア【誘発】このカードがプレイヤーに攻撃する【効果】あなたのリソースに[メタルフォートレス]が6枚以上ある場合、相手のライフを1枚選び、手札に戻してよい。戻したならば、ターン終了時まで、このカードはプレイヤーにダメージを与えない。
b23_033
公式に「過去に様々な実績を残した」と評価されてるダームスタチウム。戦隊物の合体ロボ感が安定でカッコイイ、二つ目の効果が新しいです。初見で強さわかりませんでしたが、プレイヤー直接攻撃した事実さえあれば、ライフを発動させずもぎ取れるって書いてある。チャージを増やさないので返しに捲り殺されるのも緩和できますね。ライフ奪取能力が恐ろしい。一つ目の効果でそこそこの汎用性はあるので腐りにくくはないでしょうか。6コストなので《覚悟合体キヨミズ》で踏み倒せるのも使い勝手悪くなさそう。やっぱりこいつ単品よりも「メタルフォートレス」6枚以上で混ぜにくいので、メタルフォートレスデッキとしての評価になりそう。

カプコンレアのシステムは続投するみたいですね、やっぱりカプコンといえばロックマン。ゼクスなのでロックマンゼクス!というわけではなく、ロックマン2みたい。知名度的にエアーマンでそう。モンハンやバイオもキャラらしさ重視してるカードデザインは嫌いではないので、組むかは置いといてどんなカードになるか楽しみ。青のカードだとして、白の世界は「逆転裁判」、緑の世界は「ストリートファイター」かな?
最新コメント
メッセージ

ブログ管理者に非公開でメッセージを送れる機能です。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ