ホロから始まるZ/Xブログ

「折角出たし、このホロでデッキを組んでみるぜ」 って思うそんな人のゼクスのブログです。

真神降臨編「覚醒する希望」

公式でもう次の情報がチラリと出てましたね、最近、開示早い。前の弾のタイトルが裏切りと付いてて暗い感じでしたが、明るい印象がします。

 18_visual
「ディンギル」とは違う神様(?)の「ウェーカー」というのが押されてる弾らしく、登場の仕方が違うとの説明が書いてありますね。ただ比較対象が「ディンギル」なのでエクストラなのは変わりなさそう。新しく「桜街紗那」のパートナーの「ユーディ」が出るみたいで、見た目と残りのポジション的にリーファーぽい。これでバランスよく各色5人のプレイヤーが揃いましたか、私的には巫女さんの強化をそろそろして欲しい。ズィーガーとリンドウの新イラストがプロモに写ってたのできっとパックに入りそうですね、期待してます。ただ、一番「ウェーカー」とやらがやっぱり気になりますね。

先行公開の中からピックアップ。 

《黒剣八魂 斬天闇剣マルディシオン》
3/黒/トーチャーズ ノスフェラトゥ/4500- IG
[Lv]ウェーカーLv2(あなたのデュナミスに表向きの[ウェーカー]が1枚以上あると有効。)
[自]【有効】スクエア【誘発】このカードがプレイされて登場する。【効果】あなたのプレイヤーが「イリューダ・オロンド」の場合、あなたのデッキの1番上のカードをチャージに置き、相手は自分の手札にあるカードを1枚選び、トラッシュに置く。
b18_063
《マルディシオン》のIGバージョンで、条件を満たすとチャージブースト&ハンデスができるみたいです。「ウェイカー」Lv2という新しい名前のレベル制限が付いてますね。ハンデス&チャージブーストはとりあえず出せばアド取れる効果。プレイして~というのがネックですが、低コストと「黒剣八魂」専用の《グラッジコール》から回収効果はしやすそうですね。一応《虚無の黒騎士カースドソウル》の蘇生はプレイ扱いなのでこいつのおかげで採用する意味でてきたかも。素で黒剣の特性により2種族持ちなのがバニラ劣化にならずいいですね。

《枝殖の胎動》

3/緑/イベント-IG
[☆]【効果】あなたのデュナミスにある「ウェイカー」を1枚選び、表向きにする。表向きにしたならば、あなたのリソースにあるコスト3以下のゼクスを1枚選び、リブートでゼクスのない◎に登場させてよい。登場させたならば、あなたのデッキの1番上のカードをリソースにスリープで置く。このカードをイグニッションフェイズにプレイした場合、リソースにあるカードを1枚選びリブートする。
     ◎□◎
     ◎◎◎
     ◎◎◎
      ▲  
b18_100
デュナミスの「ウェイカー」を捲れるイベント。「ディンギル」Lvに相当するカードが出るようなので、Lvブーストとして同様の運用が期待されます。本体の効果はリソースにコスト3のゼクスさえいれば引いても捲れてもIGゼクスと遜色ない動きができるイベントといった感じ。リブート効果により捲れたターンの使用リソースが減らないのはいいですね。デッキを掘り進めたり、リソースからなので選択肢があったり、そもそもイベントなので相手ターンも使用可能だったり、と腐りにくく使い手が良さそうですね。「ウェイカー」正体がわからないですが、コモンなのにすごく優秀そう。イラスト的にこの子が緑の「ウェイカー」なんでしょうかね?

福音フォスフラムを使ってみました。

新弾のフォスフラムを使ったデッキが何となく形になったのでご紹介したいと思います。レア度は気にせずに組んだつもりですが、気がついたらメインがR以下で構成されていて、思ったより安く仕上がったデッキとなってます。(SRより高いRなんていうのは多いですけど)

《福音の顕現者フォスフラム》

B17-049_m

【デッキレシピ】
◆プレイヤー
上柚木さくら
◆メインデッキ
《『悪疾』の助祭ディーコン》4枚



(IG)《神網の聖獣オーラスパイダー》4枚 
(IG)《聖獣オーラタウエレト》2枚(バニラ)
◆エクストラ
《厳粛なる『裁決』アヌ》3枚

【デッキ解説】
福音フォスフラムの課題は私的に主軸で使うとするとディンギルLv3が重い。なのでいち早く満たすため、このデッキにはエクストラを表にするカードとして《ディーコン》と《オーラグラーネ》の2種類、さらにイベントも投入。条件を整えた状態で《オーラサーペント》や《審判オーラアヌビス》で登場させ、さらなる展開とアドバンテージを狙っていこうといったデッキになってます。プレイヤーにも通る低下が多く、単騎でパワー出せる子は少ないですがプレイヤー割る能力はそこそこありますね。

新カードだと《オーラスパイダー》がとにかく使いやすいですね。Lv1で全体2000低下とか《オーラヘケト》が涙目です。とは言っても、《オーラアンテロープ》は色的に、《オーラセメゲル》を使うほどイベントは入ってないので採用してます。絵的に折角さくらが描かれてるものがあるし...という部分もあったりします。さくら専用イベントの《Adonai Melekh》はドロー補強として活躍してます。一応ニンカシで回収可能なのがいい。

 ●ES寄りの構築について
 B17-068_mB04-052_m
トラッシュ加速ができる《ディーコン》で蜂ES風味の動きをしたいなと考えてたのですが、《アッハーズ》指定ですがLvも稼げるし、メインパーツと相性の良い《オーラゲンブ》が居たのでこのデッキに組み込んでみました。《フォスフラム》を出す用というよりも踏み倒しの範囲が広いので《オーラアヌビス》や《オーラサーペント》など軸になるカードの展開がしたいです。ゲンブさんは出来る子。

また、ES系と相性がよい《マエロル》&《アビッソ》がセイグリットビーストのパーツとも噛み合いがいいんですよね。特に《アビッソ》は白入りなのでパワー低下が打てますから除去性能も中々で、《サーペント》状況下では自軍破壊からの連パン等、使い方は広いです。

【デッキ課題メモ】
《レディローズ》は序盤にうっかりめくれると強いので採用してますが、赤系のESにして《アヌ》を普通に出せるようにしてもいいかなと迷ってる枠です。また一応コンボデッキなので安定性を出すために《マスクドマミー》入れてるのですが、折角トラッシュ肥やしができるので《ワンダリングディスペア》あたりも面白いんじゃないかと検討してます。エクストラもメインもパンパンなので、枚数は悩みどころ。

素直にセイグリットビーストに寄せて白単や
ドロー補助がついているのでマルドゥグ関係のカードと組ませるのも違う動きができて面白そう。本当は新規《アルタイル》と組ませる予定だったのですが、どう考えても詰め込みすぎだろうと没に。《ディーコン》使うコンセプトは気にってるので改良していきたいですね

【裏切りの連鎖】新規プレデターについて

自分用のまとめを兼ねて、新弾のプレデターについて気になってるものを触れていこうかと思います。17弾はディンギルLv関連のカード達でほぼ構成されているせいか、レアリティに関係なしに全体的にカードパワー高い子が多いですね。

《忌門の番狼プフェルトナー》
4/黒/プレデター/6000
[Lv]ディンギルLv2(あなたのデュナミスに表向きの[ディンギル]が2枚以上あると有効。)
[自]【有効】スクエア【誘発】相手のコスト4以下のゼクスがノーマルスクエアに登場する。【効果】そのゼクスを破壊してよい。   
B17-069_m (1)
ディンギルLv2を満たすことで、存在する限り相手のノーマルスクエアの4コスト以下のゼクスをシャットアウトできます。プレデターの中で、というより新弾の中で個人的に一番強烈な子でした。UCの制圧力じゃない。他のTCGでも似たようなカードはあるのですが、Z/Xだと大抵の除去が飛んでこないプレイヤースクエアがあるので序盤にポンと置かれるとかなりキツイ。

ES系の速攻デッキには案外、《カレント》であっさり突破されてしまいますが、採用率高めの《リャナンシー》など登場時に小型を展開するカードを抑えられるのは良いですね。 大型の攻撃を誘いやすいカードでもあるので、イベント等も構えやすい。ていうか4コストなのに5コスト以上要求できるだけでもう。

《『誓約』の魔骨クノッヘン》
2/黒/プレデター/3000
[Lv]ザババLv2(あなたのデュナミスに表向きの[ザババ]が2枚以上あると有効。)
[自]【有効】スクエア【誘発】このカードが登場する。【効果】ノーマルスクエアにあるすべての相手のコスト5以下のゼクスを破壊してよい。      
 B17-062_m
ザババLv2を達成することで、ノーマルスクエアの5コスト以下のゼクスを全て吹き飛ばすことができます。すべてするorしないなので絶界にも通るはず。低コストなので、《リャナンシー》やら《アレスト》など釣り出せるカードが豊富なのがいいですね。名前指定があるので《プフェルトナー》と比べるとエクストラデッキは縛られますが、お手軽全体除去として活躍が見込める子ですね。サイズの割にすっごい厳つい。

《侵食する腐敗コラプト》
3/黒/プレデター/2500
[常]スタートカード
[Lv]ディンギルLv1(あなたのデュナミスに表向きの[ディンギル]が1枚以上あると有効。)[自]【有効】チャージ【誘発】あなたの[プレデター]がバトルで相手のゼクスを破壊する。【効果】ノーマルスクエアにあるコスト5以下のゼクスを1枚選び、破壊してよい。
B17-066_m
 追加コストでも消費性でもなく。本当にただチャージに存在するだけで、メリットのみを与えるカードは珍しいですね。ただ制限付きの上にパワーが低いので無理にスタートに選択せず、《シュメーザ》あたりで後から仕込んで使ってもいいかな。除去以外にも自軍のゼクスを巻き込めるので、殴り終わったゼクスを破壊するなど連パン性能を上げるために使っても良いと思います。《四足ズィーガー》を絡めれば思った以上に攻撃回数稼げそうですね。

紹介した中で《プフェルトナー》はこれからよく見かけそうなカード筆頭なので、デッキを組む時に詰まないか意識したいです。降臨システムが低コスト優遇な感じなので、サイズが大きいゼクスもちゃんと採用してってことなんでしょうか。そろそろディアボロスも種族サポート増やしてほしいなと思うこの頃。
最新コメント
メッセージ

ブログ管理者に非公開でメッセージを送れる機能です。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ