ホロから始まるZ/Xブログ

「折角出たし、このホロでデッキを組んでみるぜ」 って思うそんな人のゼクスのブログです。

フォスフラムについてあれこれ

今回は自分で組む為の纏めを兼ねてフォスフラム特集!!今弾で新しく二種類のフォスフラムが貰え、さくらデッキがぐっと組みやすくなりました。ディンギルの息が掛かってる、チャージを利用するデッキである。このあたり境遇がクレプスと似てますかね。個人的にフォスフラムの煌びやかなイラストが結構好きですね。

《奉神贄霊フォスフラム》
7/白/ディンギル セイクリッドビースト/10500
降臨条件:白のゼクス2枚
[自]【P】さくら【有効】スクエア【誘発】このカードがデュナミスから登場する。【効果】あなたのチャージにあるカードを1枚選び、トラッシュに置いてよい。置いたならば、カードを1枚引き、あなたの手札にあるカードを1枚選び、チャージに置き、ターン終了時まで、現在スクエアにあるすべての相手のゼクスのパワーを-3000する。
B22-103_m
ディンギルになったフォスフラムさん。杖から中々のオーラが。チャージ調整と全体パワー低下を兼ねた効果で、低下はプレイヤースクエアにも通るのもよく使いやすそう。ディンギルの生贄に《オーラスパイダー》等パワー低下のゼクスを経由して、単体では枚数稼ぎにくい-3000の数値の補強するのもよいでしょう。効果を使いつつチャージを二枚作れるのがセイグリットビーストデッキには便利に使えそう。総評はテキスト以上に潤滑油の動きできるカードって評価です。

■さくらのリソースリンクについて
《露宿の霊鳥フォスフラム》
8/白/セイクリッドビースト/11000
[常]【P】「さくら」【有効】リソース【効果】あなたのリソースにカードが6枚以上あり、その中に「フォスフラムとさくら草行の絆」がある場合、すべてのあなたのカード名に「フォスフラム」を含むゼクスは以下の能力を得る。"[常]【有効】チャージ【効果】あなたのチャージの上限は1枚増える。"
B22-059_m
対になってる《草行の絆》があれば、フォスフラムの数だけチャージの上限が増えるので、フォスフラムをチャージに送りたい放題になります。チャージ上限開放できるのは《五煌聖獣サラマー》で5回以上の大量イグニッション狙えるようになったり、《福音の顕現者フォスフラム》絡めて大量の連続展開実現できるようになったり、いろいろな可能性やロマンを感じる効果。戦術上《ガムビエル》でチャージ封殺されるととても辛いので、メタカードのメタみたいなポジとしても頼れますね。

《フォスフラムとさくら草行の絆》
1/白
[☆]【効果】ターン終了時まで現在スクエアにあるすべての相手のゼクスのパワーを-1000する。
[自]【P】「さくら」【有効】リソース【誘発】このカードがリソースに置かれる。【効果】あなたのリソースにカードが6枚以上あり、その中に「露宿の霊鳥フォスフラム」がある場合、白2を支払ってよい。白2を支払ったならば、デッキをシャッフルし、1点回復し、あなたのライフを見て、その中にあるカードを1枚選び、手札に加え、あなたの手札にあるカードを1枚選び、チャージに置き、あなたのチャージにあるカード名に「フォスフラム」を含むゼクスを1枚選び、リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させる。
B22-060_m
低下イベントはコンバットトリックとして優秀なので、リソリンメインでありつつ悪くない効果ですね。《奉神贄霊フォスフラム》と範囲被ってるので数値を上乗せするように使っても良さそう。白イベは《終末の四大天使 神鎌のアザゼル》等拾いやすいのも評価できますね。リソリン効果は白2でチャージのフォスフラムの踏み倒し、展開の前にライフ⇒手札⇒チャージの流れでカード動かせるので、ライフや手札のカードも実質出すことができます。展開候補は対になってる超大型の《露宿の霊鳥フォスフラム》や大型で展開もできる《御使いの後見者フォスフラム》あたりがよいでしょうか。

《聖翼の白鳳フォスフラム》
5/白/セイクリッドビースト/7500
[Lv]ディンギルLv2(あなたのデュナミスに表向きの[ディンギル]が2枚以上あると有効。)"
[起]【P】「さくら」【有効】スクエア【コスト】無0【効果】ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選び、デッキの1番下に置く。あなたのデッキの1番上を公開する。公開したカードが白のカードの場合、チャージに置く。そうでないならば、そのカードをデッキの1番下に置く。この能力は1ターンに1回しかプレイできない。"
B21-052_m
新弾のカードではないですが、このブログで触れられてないのピックアップ。ノーマルスクエアの相手ゼクスをデッキボトムに送り込む効果と、自分のデッキトップが白ならチャージできる効果を持ってますね。両方決まれば、かなりの性能。セイグリットビーストの中では、ストレートに枚数取れる除去飛ばせるカードって実は少なく、除去の効果がとても頼もしい。個人的に優先度高め。ややディンギルLv2は重いですが、新しくディンギル捲れる《怒涛聖獣オーラマンモス》の登場したので運用は少ししやすくなったかな?

振り返るとさくらはチャージ調整に特色がかなり出ましたね。セイグリットビーストデッキでの運用意以外にも、チャージ調整求められるなら出番ありそうです。

因果からの脱出の開封結果

いつものカードショップではなく、フルプライスの購入になったのでとりあえず一箱開封です。今回はSRだとサタン、フレデリカHRだとベガ、エレシュキガルが個人的に狙い目。さくらデッキも今回で大分作りやすくなったので組んでみたい。リストざっと見た感じいつも以上に、種族単向けのカードが多い印象ですね。

◆開封結果◆
HR
《『冥滅』する神獄エレシュキガル》
img022
SRホロ
《五煌聖獣サラマー》
img021
SR
《五煌聖獣サラマー》
《崩界の王サタン》
《冥土三姫 笞刑人形センテンシア》
《怜悧なる蛇眼 徳叉迦》
ホロ
《照準器技師スコープ》
《月光の姫神ツクヨミ》
《アンダーボス ボンベイ》
《扇動の魔人アセンデ》
《黒剣八魂 葬送剣モーンブランド 》 

HR枠はエレシュキガルでした!吟さんのイラストとても好きなんですよ!引けてとても嬉しい。テキストは素直なので黒デッキ握るならいろいろ活躍しやすそう。黒色のみで《耽溺の神海エレシュキガル》と合わせて二種類使える様になったので、クレプス入りのディアボロススデッキがまた組みやすくなりました。チャージはトータルで減るので、クレプスと相性良いというよりも溜まったチャージを有効活用する為の手段として採用することになりそうかな。

SRホロはサラマー!この神々しいワンちゃんはチャージを溜め、チャージを使わずともイグニッションできるようになるのでとてもチャージに優しい。セイグリットビーストの基本戦術であるチャージからの展開を支える強力なサポートですね。特に《オーラゲンブ》の様なESにとっては、発動する為にイグニッションという行動をするとチャージが減るという悲しみ背負ってたのでとても助かる。コスト4なので《ウロボロス》で拾えるのも良いですね。聖獣デッキ用なので値段は期待できないですが、動かして面白いデッキは組めそう。

【ホロピックアップ】  
《照準器技師スコープ》
img024
自身に置くことでレンジの様な動きができるカード。敵側両サイドであれば単騎で9000倒せますし、倒しそこねたプレイヤースクエアの止めにも使えそう。サイズは小さいですが生き残ってるとなかなかのプレッシャーではないでしょうか。こういう陣形活かしたカードはZ/Xらしくて運用が楽しいですよね。

《扇動の魔神アセンデ》
img023
ノーマルカードですが背景がカラフルなお陰でホロの仕上がりが綺麗。はっきり見えるようになった骸骨もいい味だしてます。効果の評価すると全体パンプでありつつも、生贄が必要なのは少し噛み合ってない印象ですが、黒は展開特化には組みやすいので、悪くはないんじゃないでしょうか。サタンといい自壊戦術取れるカード増えるのは嬉しいです。それにしても
今回収録されてるディアボロスはこいつと《虚偽の魔人フェルシターテ》、《崩壊の王サタン》なのですが...なんと女の子が未収録という絶望!!

【因果からの脱出】崩壊の王サタン

SR枠で三種類目のサタンが公開されてましたね。最近クレプスデッキの強化が多くて嬉しい限り、憤怒の頃と比べると元の大和のクールさが戻ったイラストに見えます。

《崩壊の王サタン》
5/黒/ディアボロス/7500
[起]【P】「大和」【有効】スクエア【コスト】このカード以外のスクエアにあるあなたのゼクスを1枚破壊する。【効果】以下の効果からひとつを選び、解決する。
"あなたのトラッシュにあるカード名に「クレプス」を含むゼクスを1枚選び、手札に戻す。 相手は自分の手札にあるカードを1枚選び、トラッシュに置く。"
"ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選び、破壊する。"この能力は1ターンに1回しかプレイできない。
card
自軍のゼクスを生贄に、場の破壊かクレプス補充&ハンデスを選べるカード。アド取る先を選択できるので、自軍破壊系の中ではかなり腐りにくそう。《七大罪の魔人イラ》と違いコストでの破壊なので《記憶の魔人メモリア》のトリガーには使えませんが、《もふもふパージ マルキダエル》など破壊されるのがトリガーのカードは増えつつあるので、生贄先の選択肢には悩むことになるでしょう。この辺でデッキカラーでますよね。拾うクレプスはディンギル色ついてますが、このサタンはカードパワーも高くプレイヤー指定のみなのでいろいろ使えそうですね。

※《記憶の魔人メモリア》のトリガーは「効果」の破壊ではなく、「能力」の破壊なのでサタンの起動能力で発動できるみたいです。能力とはカードテキスト自体の事みたいですね。コメント指摘ありがとうございます。

●特に相性の良さそうなクレプス
《剣謀術枢の指揮者クレプス》
C17-003-01_m
有力な蘇生先として運用しつつ、蘇生効果使用済みの自身コストにしても良さそうですし、サタンからチャージも増やしつつ回収できるので、どちらから繋げても噛み合ってると思います。デッキの回転率に期待できそう。いやー、このサタンの維持楽なのは強いでしょう。大和陣営の剣のデザイン厨二力高くてとてもいい感じですよね。

《黄泉還りし宵闇クレプス》
B21-072_m
wikiで衣装がエレシュキガルとの関係があると示唆されてた一枚。なるほどと思いつつ、面影がある墓地制限の嫌らしい常在効果が、新規サタンのハンデスでコントロール色強くなったので追い打ちには良さそうかなとチョイス。登場時効果で普通に場面取れるので、ハンデスが選びやすく、さらにサタンで回収できるので据え置きが安定度UP。個人的に早く実践してみたい組み合わせです。

これ初代のクレプスの効果そのままで、イラがあのサイズでループパーツになってたこと考えると出せなかった効果だろうなぁと思わずにはいられないですね。《七大罪の魔人イラ》の上位的な効果は、これぞ、憤怒の真祖の力ということなのでしょうか。ディアボロスの粋みたいないいカードですね。
最新コメント
メッセージ

ブログ管理者に非公開でメッセージを送れる機能です。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ