ホロから始まるZ/Xブログ

「折角出たし、このホロでデッキを組んでみるぜ」 って思うそんな人のゼクスのブログです。

IGOBのルール処理と破滅誓装"天王寺大和"

大和とあづみのIGOBがフリーカードとして先行ダウンロードできるようになりましたね!今回はイグニッション放送部で開示された情報と一緒に大和関連に触れていきます。

【プレイに影響しそうなIGOBのルール処理】
●IGOBが存在する時にプレイヤーがダメージは受けない。(デッキ切れのライフをチャージに置く処理はダメージではない)
武装してるゼクスに守られているようなイメージでしょうか。IGOBには基本的に絶界が付くらしいので、破壊しない限りダメージを与えられないとなると今まで以上に、絶界への対処能力が求められ、戦闘補助のパンプアップや選ばない能力が重視されそう。それ以前に《列神天使ガムビエル》とかチャージ利用を阻害するようなカードが好まれるのでしょうか。

●イベントのプレイによる登場なので、エクストラのプレイにならず同ターンに「ウェイカー」や「ディンギル」をプレイできる。(条件を満たせばIGOBは何度もできる、同時に存在できるのは一体)
ゼクスエクストラのプレイになるものだとばかりだと思ってましたがならないんですね。ディンギルの降臨素材にすることでチャージ送り、誓いイベントの条件を満たす動きを生放送で紹介してましたが、同一ターンにOKならよくする動きになりそうです。ディンギル系のカードは再評価されそう。

【エンジョイセット:大和のカード】
《破滅誓装"天王寺大和"》
7/黒/オーバーブースト/ディアボロス/10500
[常]絶界
[自]【有効】スクエア【コスト】あなたのチャージにあるカード名に「クレプス」を含むカードを3枚トラッシュに置く。【効果】ノーマルスクエアにあるゼクスを3枚まで選び、破壊する。この能力で破壊したゼクスのコストの合計が13以上の場合、あなたのトラッシュにあるカード名に「クレプス」を含むゼクスを1枚選び、スリープでゼクスのないノーマルスクエアに登場させる。この能力はあなたのターンにしかプレイできず、1ターンに1回しかプレイできない。
0d79d476cf05174e272b94d0edc8a2ab
パートナーのクレプスとIGOBした大和さん。クレプスの武器は剣のイメージですが、銃型なのは傭兵としての使い慣れた武器だからでしょうか。キャノン砲のクレプスの顔の意匠が禍々しいですね。効果はチャージのクレプスを3枚を使うことで敵味方問わずの3体の破壊と、その破壊の合計が13コスト以上ならトラッシュからクレプスを登場させれる蘇生能力。相手のゼクスを破壊しつくしたほうが枚数差は付けれますが、合計が足りなければ自軍のゼクスを巻き込んで調整するのもいいですね。大和ならサタンがいるので《叱咤のスマイル イラ》とか被破壊時がトリガーものを採用しやすいですし、蘇生後のクレプスのチャージ参照を意識したり、自軍への破壊も使いこなしたいですね。

《大和とクレプス 破滅への誓い》
3/黒/イベント
[☆]【P】「大和」【効果】あなたのチャージにカード名に[クレプス]を含むカードが2枚以上ある場合、あなたのプレイヤーはIGOBして、カード名に「大和」を含むゼクスになる。このカードはあなたのターンにしかプレイできず、あなたのリソースにカードが6枚以上ある場合にしかプレイできない。
dda42ad8691dadd5521da1a955c12b51
破滅への誓いのネーミングと悪魔との契約のようなイラストが黒の世界らしい感じで中々好み、台詞が想像しにくくすごい背景ストーリー気になります。テキストはあづみの完全に大和版ですね。ただクレプスということもあり、《剣謀術枢の指揮者クレプス》で3から5コスト帯のクレプスを蘇生し、ディンギルでチャージ送りにできるのでかなりプレイヤーの中でも条件を満たしやすいのかなと思います。このカードにクレプスを含んでいるので《堕界の背信者クレプス》で拾ってこれますしね。

《寡黙なクラスメイト クレプス》
5/黒/ディアボロス/7500
[自]【有効】チャージ【誘発】あなたの「大和」がIGOBする。【効果】カードを1枚引く。
[起]【P】大和【有効】トラッシュ【コスト】あなたのチャージにあるゼクスを1枚トラッシュに置く。【効果】このカードをチャージに置く。この能力はあなたのターンにしかプレイできない。ターン終了時まで、あなたはカード名が[寡黙なクラスメイト クレプス]の[起]能力をプレイできなくなる。
3334112afe93122d4505e8adde425a61
どちら様...?と言いたくなる感じの学生のコスプレをしたクレプスさん。リゲルと同じで先生役だと思ってました、この学園シリーズはその世界の色に応じた領域からチャージに行ける能力を持ってるようですね。同時期に公開された青のリゲルや赤のアレキサンダーと違い、クレプスはデッキカラー的にもチャージコントロールに長けてるので、IGOB狙うにしてもやや優先度は落ちるでしょうか。5コスト帯に他の強力な専用カード《崩壊の王サタン》や《堕界の背信者クレプス》などいるんですよね。ただ、《破滅誓装"天王寺大和"》の起動コストがクレプス3枚と重めなので、IGOBの頻度によっては採用したくなりそう。

生放送での封入率の話は使用枚数から、上部分が多めで下部分をが少なめらしいですね。プレイヤーの数多いですし、人気の下部分が高騰しそうですが、結局一箱でどれくらいはふわっとしてましたね。R枠にもパートナーの代わりに色参照のIGOBが入るそうなので、システム自体はすぐ楽しめそう。構築面でもIGOBを使う=パートナーメインデッキを強要されるというのがなくてよかった。

「IGOB」など上半期発表会について

まだ天魔神狂乱のカードがデッキに馴染んでないのですが、今年の上半期発表会でいろいろと情報がでてましたね!毎度の事ながら、ちょっと商品ペース早い気がしますが、現在のプレイヤー強化のシステムは一山迎えた気がするので新要素の追加の時期なのでしょう。今回もやや黒のカードメインで触れていきます。

【新システム「IGOB(イグニッションオーバーブースト」】
5b34724d13ebb4e2815fa7668d65d0c5
次弾から新しく「IGOB(イグニッションオーバーブースト)」というパートナーゼクスと合体が登場する様です。天魔神狂乱に収録されていた、転身シリーズはどうやら不完全な合体だったらしく、こちらが正規合体みたいですね。「パートナーゼクス」っていうくらいですから、合体は新システムながら正統派でしっくりきます。カード同士の合体自体はデュエマのゴッドリンクとか他TCGでは結構あるので遂にゼクスも来たかといった感じです。

合体手順としては、専用イベントカードでデュナミスデッキからカード上部分を登場させ、プレイヤーカード裏のカード下部分と合わせて使うようです。メインデッキにはイベントカードしか入れなくていいので、今までのパートナーゼクスを主軸にしたデッキではすんなり採用しやすそうです。共通でチャージにパートナーゼクスを要求するらしいです、チャージの扱いに長けた白や黒の方がIGOBはしやすそう。23弾収録の《闇を照らす鬼火ジャックランタン》は「ズィーガー」指定でチャージに置けるので、少し意識されたデザインにみえますね。

説明会内で登場していたリゲルとの合体モード《蒼天誓装"各務原あづみ"》の効果は、画質的に全部読み取れなかったですが、見える部分だと常在で絶界効果と起動効果でレンジ2が付く効果をお持ちぽい。絶界でレンジが引き込もれるのはなかなか凶悪な感じ。後衛から狙撃楽しいですよね。なんとなく絶界がIGOB共通効果ぽい香りがするので、全体ダメージや除去など通る効果が一層重宝されそう。
1341ab5e52d1b92f39fe8e5397639c7b
IGOBのカードはヒロイックレアやゼクスレアを廃止してオーバーブーストレアとして高レアの枠に収録されるみたいですね。それに伴い、ポイントシステム廃止になるらしいので溜まってるポイント使っちゃわないとですね。二枚合体するカードということで、レア度高いと二枚揃うのだろうかというのが若干不安要素。夏までに一通りフォローする様子なので24弾には十組くらい収録されるのかな。発表会の画像では、神門、怜亜、さくら、綾瀬、相馬が確認できますね。フリー冊子とは別枠で先行ダウンロードできるようにしますと仰ってたので楽しみにして待ってます。合体してからの綾瀬が楽しそう、アサシンぽい狂気に満ちてますが。

【ビギナーズパック】
ac8df1fd15dd40fab75e388fa05a174d

ee9b604f7e727848f9bf42d11876d7e9
今までのキャラクターパックの代わりに、ビギナーズパックという名の種族デッキ推奨パックが出るようですね。対象種族は「赤:ミソス」「青:バトルドレス」「白:エンジェル」「黒:ディアボロス」「緑:ライカンスロープ」のようです。パック内の色が統一されている&封入内容が決まってるということよりも、全てチアガールコスで統一されてるらしいというのがすごいインパクトがあります。エンジェル担当の上の人誰?って思ったけど、上段パートナー枠ぽいのでフィエリテさんですが...大きなリボンとハートが気合入りすぎて分からなかった。

《叱咤のスマイル イラ》
3/黒/ディアボロス/4500-IG
[自]【有効】スクエア【誘発】このカードが破壊される【効果】あなたのリソースに「ディアボロス」が3枚以上ある場合、以下の効果から一つ選び、解決して良い。"あなたのチャージにあるカードを1枚トラッシュに置く。あなたのデッキの上から2枚みて、その中にある「ディアボロス」を1枚まで選び、チャージに置く。残りのカードをトラッシュに置く。","あなたのトラッシュに「ディアボロス」が七枚以上ある場合、あなたのトラッシュにある「ディアボロス」を1枚選び、手札に戻す。"
c1372bf88d3a9b14cf8e17c65ba3988b
なんとかテキスト読めたイラだけピックアップ。この弾からSRの箔の色が金に変わるようです。種族推奨カードということで、リソースにディアボロスを要求してきますね。被破壊時の効果二つあり、一つ目はチャージのカードとデッキのカードを1枚ずつ落としつつ、チャージにディアボロスを仕込める効果。ちょっと地味ですが、黒の起点になるトラッシュ2枚増やせるのは大きく、チャージ調整も黒のウェイカーの降臨条件を満たすのにも貢献してくれます。ほぼディアボロス単であれば序盤に行え、なかなかいいスタートが切れそう。二つ目がリソースのディアボロスが7枚以上ならトラッシュからディアボロスを回収できる効果。ディアボロスデッキあれば回収長けてるはずですが、アレルイアやサタンでの自壊などカードを消耗しがちなコンボが多いので手札補充はいくらあってもよいでしょう。総評はかなり便利そうなディアボロスデッキの縁の下ですね。しかし、イラさん体はりすぎぃ......部下のアルクスに任せてもいいんですよ...?

新しく封神指定も指定されちゃいましたね、中でも《まだ見ぬ明日へ》はイラストもカード名もかなり好きな1枚なのですが、トラッシュ肥やしができ、レベルアッパーの速度も早く、手札補充もできると、序盤できる動きとして飛び抜けてたので、しょうがないでしょうか。このカードのために八千代を選択って人多かったですしね。他にも新情報多々ありましたが、気になったものだけ触れてみました。また次回に

天魔神狂乱の開封結果&ホロピックアップ

今回は《宿業の対決 vs ガムビエル》を使いたかったので、いつも通りの二箱ですけど、初回盤二箱購入しました!23弾RP仕様のムリエルとかアニムスとかもの凄くギラギラしてます。今回はクレプス、ズィーガー関連の黒のカードが特に欲しい。バニラ系のカードも気になります。

◆一箱目:開封結果◆
HR
《冥魔神生クレプス》
img041
SRホロ
《真実の愛ケィツゥー》
img042
SR
《極麗六鳥セマルグル》
《暁十天ファザータン・ヘイメナ》
《Key of the Memory Type.I “A-Z”》
《輪廻開闢の絶刀 龍膽》
ホロ
《精錬研磨こだち》
《無欠の純硬ダイヤウルフ》
《ホーリーシールド アルゲウス》
《騒ぎ立てるノイジー》
《ハッピー火縄銃 深山霧島》 

HRのクレプスが出てくれました!!とりあえず嬉しさと一安心です。クレプスデッキなら《剣謀術枢の指揮者クレプス》で降臨させやすいですし、効果もチャージと手札を調整しつつ、5コストのサタンやメディタボラなどに繋げられお強い。チャージを使う種族のディンギルということで《奉神贄霊フォスフラム》と似た感じの重要なポジになりそう。

SRホロとして《真実の愛ケィツゥー》が出ました。段々と見るたびに病んでるのですが、大丈夫なんですかね。同段収録のマシャールも自暴自棄になってましたけども...(震え声)。一つ目の効果はチャージを増やすことができるので、チャージ展開が多いガーディアンデッキにはありがたそうです。前弾収録のZ/XR《天冥の守護者ケィツゥー》が自壊絡む効果で好みなのでサイフポイントに余裕があれば作ってみたい。サマドラでもケィツゥーでてるんですよね。

◆二箱目:開封結果◆
HR
《超無限神器ローレンシウム》
img046
SRホロ
《Key of the Memory Type.I “A-Z”》
img050
SR
《極麗六鳥セマルグル》
《暁十天ファザータン・ヘイメナ》
《冥土三姫 笞刑人形センテンシア》
《輪廻開闢の絶刀 龍膽》
ホロ
《螺旋変形ドラムゲート》
《盗跖の賢猫メインクーン》
《救済される魂スペクター》
《勲の猟獣オルデン》
《黄金戦駒グラディアトール》 

HR枠がローレンシウムでした!!ローレンシウムデッキは組む予定はちょっとないですが、怜亜といえばシェスパティエが使えるプレイヤー。その準備のカードとしてみると、エクストラのカードなのでチャージになってくれないのがネックですが、丁度5コスト⇒6コストと繋げられ、シェスパティエや踏み倒し先をひっぱってこれるのでいいサポートな気がします。またトラッシュを4枚も増やせるので、同段のスカルエンペラー、スカルシャーマンも悪くはないかも。

SRホロとして《Key of the Memory Type.I “A-Z”》が出ました!typeシリーズのバトルドレスのビジュアルはやはり良いものです。一つ目のパンプアップ&レンジを得る効果は、相手か自分に7コスト以上がいる必要がありますが、ディンギルもウェイカーもどちらも存在するコスト帯なのでお互いにプレイしやすく見た目より満たしやすい条件だと思います。ただ、実際使うならストーリー的にも意識されてる《静かなる蒼焔ベガ》のように7コスト以上の踏み倒し能力を持ったカードの展開先として採用したいですね。二つ目の起動効果のデッキバウンスのお陰で相手ターンも自衛でき、攻守のバランスがとてもよいカードに仕上がってます。開封前知らない情報だったので、実物のテキストをすごいテンションで読みました。なかなかの当たりカードでしょう!
※テキスト読み間違えて、相手の7コスト以上の反応すると思ってました。自軍の7コスト以上のみです!指摘ありがとうございます。


【ホロピックアップ】  
《黄金戦駒グラディアトール》 
img045
なかなか面白い効果をもっているグラディアトールさん。前身は青緑デッキでは攻めの手段としてお世話になってました。登場時効果でリソースのバニラを増やすことができるので、自身の万能色になる効果や同弾の《濁流機械シュトルム》など、他のバニラサポートを使いやすくしてくれますね。万能色になる効果も二枚ブーストできる効果も信長デッキ向きでしょうか?《胡蝶の賢妻 濃姫》とか増えましたし、組んでみるとまた面白そう。

振り返ってみるとZ/XRやURなど大物は引けませんでしたが、思ったより使えそうなカード引けたので満足です。ハジマリノミコも一応購入しまして、23弾と相談しつつデッキ練ってるので次回以降紹介出来たらいいなと思います。
最新コメント
メッセージ

ブログ管理者に非公開でメッセージを送れる機能です。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ