ホロから始まるZ/Xブログ

「折角出たし、このホロでデッキを組んでみるぜ」 って思うそんな人のゼクスのブログです。

覚醒する希望の開封結果&ホロピックアップ

いつも通り2箱開封しました!今回はSRウェイカーが素直に強いと思ってるので、そのあたりがホロってくれると嬉しい。特に《ズィーガー》と《type.XI》が欲しいです。Rだと《インウィディア》 が一番の狙い目かな。ウェイカー捲るIGはこれからウェイカー軸なら必要そうなので集めておきたいですね。リメイクカードが多い弾な感じ

 ◆一箱目◆
Z/XRホロ
《憤激の堕天使サタン》
 img194
SR
《浪漫の歌曲姫シュバルト》
《Mode<Awaken>Type.XI 》
《正義の瑞獣カイチ》
《穿神銀爪ズィーガー》
《翠竜の桜翼 娑伽羅》
ホロ
《団結の紫石ロードライトハイエナ》
《平天大聖 牛魔王》
《大地の天使エレ》
《ラスダーシャンの従者カラコルム》
《芳香浴するレモンバーム》 

当たり枠はサタン!!お値段は知らないけど最注目&使うつもりだったのでガッツポーズ。めっちゃ激怒してます、Z/XRのイラストはラスボス臭が半端ないですね。ウェイカー中心の弾ですが、ディアボロスのサポートやディンギルLv付きなども増えていたので 色々と触れそうです。早速使いたい。ホロのレモンバームのイラストがギリギリアウトなんじゃかないかなと思いつつ次の箱に。

  ◆二箱目◆
Z/XRホロ
《正義の瑞獣カイチ》
 img197
SR
《極麗六鳥 籠絡の胡喜媚》
《滅神騎王アーサー 》
《Mode<Awaken>Type.XI 》
《黒剣八魂ヴォーパルスティング》
《翠竜の桜翼 娑伽羅》
ホロ
《神兵指揮者スキピオ》
《 シークレットシステム》
《神域の霊賢フォスフラム》
《イヴィルベイン キラット》
《石睨蜥眼バジリスク》

すごく目力を感じるカイチさん。SRでホロでさらにありがたい感じに。小型メタカードぽい性能で運用は《プフェルトナー》が一番近そう。通常ホロ見てもらうとわかると思うんですが《フォスフラム》や《バジリスク》もホロっていて結構なセイクリッドビーストな箱になっております。フリーカードで大活躍してた《娑伽羅》やイラストが好みな《Type.XI》の二枚目が個人的に嬉しい。

 【ホロピックアップ】  
《神域の霊賢フォスフラム》
 img195
個人的に一番嬉しかったホロですね。ディンギルLv3の前弾のフォスフラムと比べるとLv1になっており神への侵食度が下がっております。能力が起動効果での3コスト以下のデッキボトム送りと強めの除去で、しかも相手ターンも使える。パートナーのIGの中でも結構使いやすい方なのではないでしょうか。ストーリがヤバげな感じでしたが死んでなかったんですね。よかったよかった。

《石睨蜥眼バジリスク》
img196
エヴォルシードは何だかんだでちょこちょこ追加されてますよね。《ゲンブ》や《フォモール》と違ってリソースに聖獣が要求されるものの、リブートに置けるのが強みだと思います。サイズが大きいので白色のウェイカーで《ゲンブ》と一緒に拾えるのもグッド。《娑伽羅》がやっぱり驚異ですが、ES軸の聖獣デッキをまた組み直したくなりました。(というか前回紹介したフォスフラムESだと詰む)。

今回も強力な種族サポートがいろいろでてますよね。ウェイカーの《インウィディア》のお陰で《大罪の円卓》が使いやすそうですよね。破壊+墓地回収が制限付きでも1コストで打てるならいいと思います。七大罪揃ってるイラストがなんかほっこり。

18弾RP「審判の織天使ウリエル」

前回のサタンと対になってるウリエルを触れていきます。Z/XR枠のエクストラカードということでこちらも派手な能力を持っています。

《審判の織天使ウリエル》
10/白/ウェイカー エンジェル/11000
覚醒条件:あなたのトラッシュにある「フィエリテ」を含むカードを4枚デッキに戻し、シャッフルする。
[常]【有効】スクエア【効果】デッキとライフとリソースにあるすべてのあなたのカードはイグニッションアイコンを得る。
[自]【有効】スクエア【誘発】このカードがデュナミスから登場する。【効果】あなたのプレイヤーが「天王寺飛鳥」の場合、ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選び、デッキの1番下に置き、3回イグニッションする。
p18_003
凛々しく覚醒したウリエルさん。 核となる効果の「デッキ、ライフ、リソースへのイグニッションの付与」が面白いことできそうな感半端ないです。登場時効果と合わせると上から無差別に3回踏み倒しすることができ、ランダム性は高いですが、展開力は自身含めてかなりのものでしょう。除去効果が付いてるので一つは展開先確保できるのもいいですね。下では紹介しないですが、《サンダルフォン》の高ゼロオプィマも満たせますね。(ちょっとずつ強化されてる気がします)

降臨条件はフィエリテ4枚デッキに戻すこと。トラッシュのカードなのでサタンと比べると妨害を受けにくく、出すこと自体はそこまで苦ではないのかなといった印象。デッキを組むにあたってはフィエリテと他のカードの比率が課題でしょうか。
 
【長所】
・イグニッション付与からの展開力
・好きなゼクスやイベントを踏み倒せる。
・比較的阻害されにくい条件。
【短所】
・プレイヤー指定がある
・フィエリテが必要なのでデッキ構築が縛られる
・リソースとトラッシュをある程度増やす必要がある

【相性のいいカード】
(追加でイグニッションできるカード)

《十二使徒 白羊宮マルキダエル》、《聖獣オーラレモラ》
 P11-017-00_mC16-008_m
《ウリエル》が出た状態で《マルキダエル》をプレイできれば、白のリソースの分だけ何でも踏み倒せるフィーバーモードに。単体でも捲れなかったカードはトラッシュに行く効果なので、《フィエリテ》を貯める準備としても活躍してくれるはず。この子軸に組むと自然に《ウリエル》向きのデッキになるんじゃないかな。《オーラレモラ》は複数回は発動できないですが、コストの低さと二枚の中から選べるので比べるとやや安定力はあると思います。どちらも個人的に単体で好きなカード。

(黒緑ESの定番カード)
《『悪疾』の助祭ディーコン》、《麗色昆虫レディローズ》

 B17-068_mE06-020_m
トラッシュに《フィエリテ》を貯めないといけないので墓地肥やしの《ディーコン》。積むと《アッハーズ》にエクストラスペースを取らないといけないが最大のネックですが、ESを使うのならやっぱり欲しいかなと思うカード。狙うESはリソースを伸ばすための《レディローズ》です。《レディローズ》は効果も強力ですが11000と大きいサイズなので《ウリエル》の効果で踏み倒して登場させても悪くない。エンジェルサポートが充実してきたら次点でパワーの高い《マルトー》も候補になるかも。ES軸だと《マルキダエル》と相性が良くなるのが個人的にいいかなと思っております。

個人的には白黒タッチ緑をイメージしてるのですが、緑寄りにして《幸福の儀式剣 折鶴蘭》あたりでピンポイントで《フィエリテ》を増やしていくというのも良さそう。こちらも結構組みがいがありそうなZ/Xレアですね。

18弾RP「激憤の堕天使サタン」

18弾のポイントRPが公開されてましたね。久々にロマンカードぽいZ/Xレアでテンション少しあがりました。私が好きな種族「ディアボロス」向きのカードという事でサタンさんについてあれこれ。

《激憤の堕天使サタン》
13/黒/ディアボロス/13000
降臨条件:「ディアボロス」1枚と「ディンギル」1枚
[常]【有効】スクエア【効果】デッキとライフとリソースにあるすべての相手のカードは「イグニッションアイコン」を失い、得ることはできない。(※捲ることになってました。指摘ありがとうございます)
[自]【有効】スクエア【誘発】このカードがデュナミスから登場する。【効果】あなたのプレイヤーが「天王寺大和」の場合、ノーマルスクエアにあるすべての相手のゼクスをトラッシュに置き、相手は自分の手札にあるすべてのカードをトラッシュに置く。
 p18_004
エクストラのカードなのに「ディンギル」でも「ウェイカー」でもない珍しい感じ。名前が堕天使なのでエンジェルくらい付きそうかなと思ってました。やっぱり目に付くのは降臨条件に「ディンギル」を要求されてる点ですね。エクストラのカードは1ターンに一度しかプレイできませんから、何かしらのディンギルを守りぬく必要があります。コストも13とかなり高めなのでディンギルのコストが6か7な事を考えると、高コストのディアボロスを用意しないといけないですね。デッキ構築に幅はありつつも中々の難易度と言えるのではないでしょうか。

自動効果は元のサタンさんと似てる豪快な相手に対してのリセットボタン。常在効果の「イグニッションを失わせる」と合わせるとヴォイドブリンガーやIGの展開に期待できなくなりますから、相当相手は立て直しにくくなりますね。この状況下でのパワー13000はまさに悪魔といったところでしょうか。(仮にディンギル付いてたら連打できそうでしたね、だから無いんだと思いますが)

これ単純にプレイヤーで大和さん見えたら、ディンギル残せなくなりましたね。「入ってるか分からないけど警戒しないといけない」という点がすごい強いと思います。

【長所】
・イグニッション封殺により、安定感のある制圧
・13000の圧倒的パワー
・プレイしなくても圧力がある
【短所】
・ディンギルを1ターン守り抜かなければいけない
・プレイヤー指定がある
・ディアボロス側も高コストが要求される
・リソース13からしかプレイできない

【相性のよいディンギル】
《屍塵迫孤の『冥滅』エレシュキガル》
c17_002
大和さんの構築済みに入ってた《エレシュキガル》です。リソースが13枚以上ないとサタンの降臨はできないので、素直に緑入りが良いと思います。このカードはリソースから守るイベント等を引っ張ることができたり、《サタン》降臨時に必要なディアボロスも用意できたりと中々便利。個人的に《沈着な自在鞭 飯桐》は運用する上でおすすめで、《指揮者クレプス》⇒《飯桐》⇒《エレシュキガル》という流れでリソース増やしつつ降臨ができるのが使い勝手がいい。この時に《ディバインプリーズ》や《執行の時間》など白黒のIG持ちのイベントをリソース経由で回収すれば、安定してイベントを構えられたりします。
 
【相性のよいディアボロス】 
《憤怒の使者アルクス》、《宵闇の神翼クレプス》

B12-077-01_mb17_077
どちらも5以下を蘇生できる効果をもった高コストのディアボロス。《リャナンシー》等を蘇生してディンギルに繋げれば、高コストのディアボロス&ディンギルが揃います。相手からするとサタン警戒で《ディンギル》も残したくないけれど、上の二枚のカードも相手からすると残したくはないはず。こんな感じの動きができると中々に強い。個人的には《サタン》というリセットボタンが手に入ったので、やや展開よりの構築にしても問題ないかなと思ってます。

現状黒緑のクレプスデッキでリソース伸ばす意味が薄かったのでサタンの登場はありがたいですね。単純に大和さんが終盤に使える切り札を手に入れたと思って良いと思います。エクストラのロマンカードという事で1~2枚集めれば楽しめそう。ゼクストで公開されてたサタンは荒々しい感じでしたが、こちらは落ち着いた紳士ぽい雰囲気ですね。(ていうかまんま大和さん) 
最新コメント
メッセージ

ブログ管理者に非公開でメッセージを送れる機能です。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ